コーチング

バスケットボールをする少年

バスケットボールの大会となれば、選手である子ども達は「オフィシャル」「ウォーミングアップ」「試合」などで時間に追われます。

その中で試合が3試合も続けば、疲労が蓄積されて、スタミナや判断力は低下し、動きが悪くなってしまうことは当然のこと。

しかし、それは相手チームも同じ ...

スポーツ能力UP

試合をするバスケットボール選手たち

子ども達の試合を応援している最中に「今日は今までにないくらい絶好調」「いつもより顔つきが真剣」「極度の集中力を発揮している」などといった、「いつもと違う子ども達」を見たことはないでしょうか。

バスケットボール選手だったマイケルジョーダンは、試合中に周りの音が聞こえなくなり、周りの動 ...

ペアレーチング

「スポーツを頑張る子供の挫折」それは選手である子供自身にとっても、それを近くで見ているお父さんやお母さんにとっても辛い時期かと思います。

子供達が生まれてから大人になって行く過程の中で、親は「山もあれば谷もある」ということを頭では理解をしていても、実際に子供が悩んでる姿や苦しんでい ...

メンタル強化

スポーツをしていれば良い時と悪い時があるのは当たり前。それはどんなに優秀な選手でも、優秀な選手が揃っているチームでも経験するものです。

時には、負けばかりが続く嫌な時期が訪れることもあるでしょう。新チームになった当初は、勝てる試合も多かったはずのに、市内大会、県大会レベルのチームと ...

メンタル強化

「トラウマ」とは皆さんもご存知の通り、大きな精神的ショックや恐怖が原因で起きる心の傷です。その心の傷が原因でパフォーマンスの低下、運動障害を起こすことが「イップス」と呼ばれています。

過去に「自分の失敗でチームを敗北へと導いてしまった」などのように大きな失敗を経験し、同じような状況 ...

メンタル強化

 

スポーツをする子供達は、親から「自信を持って頑張って!」と言われ、コーチからも「自信を持て!」と指導され、「自信だ、自信。俺はやれる!俺は強い!自信を持て」と自分に言い聞かせる。

この一連の流れは決して悪いことではありませんが、時にこの「自信」という言葉が ...

コーチング

選手へ指導するコーチ

子供達がスポーツ指導を受けるうえで「水を飲んではならない」「ミスをすれば殴られる」そんな状態をよしとする時代はもう終わりました。

今では、心と体を鍛える事に対する認識の変化から、子供達のメンタルを重要視したトレーニングがスポーツ少年団でも学校の部活動でも活用されるようになっています ...

コーチング

平成26年10月1日から1カ月の間に全国のミニバス指導者へ意識調査が行われ、4217名分の回答が集まり集計されました。

その調査内容とは…
・回答者のプロフィール
・JBAライセンスに関して
・指導観に関して
・倫理規定・研修会等に関して ...

スポーツ障害

ふくらはぎを痛がるサッカー選手

子ども達がスポーツで体を動かす時、まずは脳で指令を出して、意図的に筋肉を収縮させてから体を動かしています。

これに対し、足がつるというのは、意図しない突発的な筋肉の収縮です。バスケットボールなどのように、ひっきりなしに方向転換を行うスポーツは、筋肉を休ませることなく収縮を繰り返すた ...

スポーツ障害

サッカーをするスポーツ少年の姿

「タナ障害」とは、膝蓋骨の内側に痛みを引き起こす疾患で、膝の屈伸やジャンプ動作の多い競技に多く見られます。

タナという部位は、正確には滑膜ヒダという組織で、お母さんのお腹の中にいる胎児の時期に一時的に作られるものです。そのため、タナが無い人も半数近くいて、タナ自体は特に何の役割も持 ...

スポーツ障害

ラグビーをする少年たち

離断性骨軟骨炎とは、関節の中に軟骨が剥がれ落ちてしまうスポーツ障害です。

成長期のスポーツ選手にまれに起こることがあり、繰り返されるストレスや外傷により、軟骨下の骨に負荷がかかることで発症すると考えられています。

離断性骨軟骨炎の原因

成長期に起こりやすい原因として、その ...

スポーツ障害

オスグッド病とは、小学校高学年くらいから高校生くらいまでに多く発症する「膝の関節痛」です。

成長期によく発症するため、成長痛と言われることもありますが、現在整形外科的には直接の因果関係はないと考えられています。

オスグッド病の主な症状

・膝のお皿の下の骨が徐々に突出してく ...

スポーツ障害

ソフトボールをする少女たち

疲労骨折とは、一度の大きな負荷によって起こる骨折とは違い、骨の同じ箇所に何度も加わる小さな力によって、骨にひびが入ったり、ひびが進んで完全な骨折に至った状態のことを言います。

膝から足首までにある脛(すね)の内側の細長い骨や腓骨、足の甲の骨や舟状骨に起きるケースが多いと言われていま ...

スポーツ障害

ウォーミングアップは「練習や試合でよいパフォーマンスを発揮する」「怪我を予防する」といった目的で行われ、クールダウンは「運動後に適した状態にする」「筋肉の疲労を回復する」といった目的で行われます。

子供達がスポーツをするうえで、怪我を100%防ぐことはできませんが、怪我の原因を最大 ...