ミニバス指導者13人に聞きました!保護者や選手への本音と建前

2016年2月4日スポ少・部活

たくさんのバスケットボール

スポーツ少年団に登録されているスポーツには、バスケットボールやサッカー、野球、バレーボールなどいくつもの競技があります。

スポーツ少年団は指導者の方のボランティアで成り立っているため、保護者の手助けなしには運営していくことが困難です。

そのため「選手と指導者」「指導者と保護者」「保護者と保護者」との関りが増え、いいこともあればそうでないトラブルが起きることもあります。

今回は、実際に13人のミニバスコーチへ聞いた「保護者や選手に対する本音と建前」についてお伝えしたいと思います。

練習中は静かにしてほしい(46歳 ヘッドコーチ)

お母さん達が仲良くしてくれるのはとても良いことですが、子供達が練習している最中、体育館のステージで飲食をしながら女子会を始めるのはやめてほしいです。

子供達は真剣に練習をしているのに、大きな声で話したり、大きな声で笑ったり、練習の妨げとしかなりません。保護者会で何度か伝えてはみても、少し時間が過ぎればまた元通り。

いつも車出しなどご協力いただいているので、強く言えない自分が情けないですが…。子供達のために配慮してほしいです。




采配に関する苦情の電話(25歳 アシスタントコーチ)

僕が若くて経験も浅いから言いやすいのかもしれませんが、監督のダメ出しを僕に電話してくるお母さんがいるんです。

先日の試合後にも「今日の采配を決めた理由を教えてください。うちの子は、なぜ外されたのでしょうか?監督から聞いていますよね?」との電話がきました。

その子が試合で外された理由は、今回の戦略に彼は向いていないという監督の判断だったのですが、そのままお伝えすると話が長くなりそうだったので「すみません、聞いておりません。」と答えました。

するとそのまま監督のダメ出しが始まりました。挙句の果てには、監督には辞めてもらって僕に監督になってほしいと。そのお母さんは、僕だったら思いのままに操れるくらい思っているのでしょうね。

僕は一通りそのお母さんの話を聞き、その場では「これからも息子さんには期待していますので、お母さんも応援よろしくお願いします!」と気持ちを沈めてもらいましたが、選手よりも親の方が采配に敏感になっていて正直やりづらいです。

保護者の方が子供のポジションや試合に出れているかなどを気にしすぎると、子供にもいい影響を与えませんのでやめてほしいです。

ミニバスのいじめ問題は親が原因(36歳 ヘッドコーチ)

とても残念なお話ですが、先日うちのチーム内で選手同士でのいじめ問題が起きました。

いじめの対象となった選手はうちのチームに新しく入部してきたK君でした。K君はミニバスを2年生の時からしていて、転校を機にうちのチームへ入部してきた5年生の選手です。

彼のポジションはポイントガードで、判断力やセンス、スピードはどれをとってもうちのチーム内で断トツのエースでした。

初めの頃は他の選手とも仲良くやっていたのですが、試合で何かが違うと気づいた時には、すでにいじめが始まっていました。

K君のお母さんも思い悩んでいたようで、僕に相談をしてきてくれました。実は親同士でもいじめは起きていたようで、K君のお母さんは数名のお母さんから無視をされていたそうです。

その原因は単なる妬みや嫉妬、K君が入部してきたことで自分のポジションが脅かされるという恐怖心からいじめが起きたのだと思います。

僕自身も配慮足らずの部分があったかもしれませんが、親がしていることは必ず子供も真似します。お母さん達にはお子さんのお手本となるような行動をとってほしいなと思います。




過保護が一人で何もできない子に(44歳 ヘッドコーチ)

今の子は「恵まれている」と言っていいのか、自分が飲むドリンクさえ親が入れてあげる時代です。

先日入部してきた5年生の男子なんかは、バッシュの靴ヒモも結べなくて、3年生の女子に結んでもらっていました。その子に「いつもはどうしているのか」と聞いたら、「お母さんが結んでくれている」って言うんです。

僕がお母さんに「靴ヒモ結びの練習をさせてください」と伝えると「ほどけて怪我をしないよう私が結んであげているんです。それに問題あります?」との答えが。

「もし試合中に靴ヒモがほどけたら、その時は自分で結ばないといけません。結べるようになるまでは、練習に参加させられません」とキッパリ言うと承諾してくれましたが、本当に驚きました。

ミニバスで伸びる子の家庭環境とは(33歳 ヘッドコーチ)

子供が試合中にミスをすれば、その子が一番責任を感じているだろうし、僕に叱られて落ち込んでいるはずです。だからこそ、お家ではそのフォローをお願いしたいのに、僕の何倍も叱ったとそのお母さんから後で聞かされます。

お母さんには「あまり叱らないでください」とお伝えしたのですが、「だってイライラするんですよ。あの子は言わないと分からないんです。かなり厳しく叱ったので、次は大丈夫だと思います!」と言われました。

僕は、試合でミスがあった時、選手自身が「何がダメで失敗したのか」を考えてもらえるような言葉かけを心がけています。そこでお母さんから大きな雷を落とされてしまえば、台無しなんですよね・・・。

選手を見ていて「この子は伸びるな」と感じる多くの場合が、お母さんがお子さんをしっかり見守っているという共通点があります。

バスケットボール選手として必要な「自主性」「自己肯定感」「モチベーション」は叱ったり罰を与えたりすることで育つことはありませんし、それどころが削り取られてしまいます。

保護者の方がお子さんを熱心に応援してくれることはとてもいいことだと思いますが、スポーツをしているのは子供自身だということを忘れないでいただきたいと思います。

他の保護者に圧力をかけないで(51歳 ヘッドコーチ)

私たち指導者は、協力をできる親ができる時にしてくれればいいと言う考えなんですが、前年度の保護者代表をされていた方は、車はワゴン車が当たり前で、週末は家族そろって応援に来るのが当たり前、それができなければ入部するな的な圧力をかけていたそうなんです。

しかも、コーチとは直接話すな、何か言いたいことがあれば私に!と言っていたらしく・・・。皆さん、仲良くしてくれとは言いませんが、それぞれ思いやりを持ってご協力していただけたらと思います。

僕たちは正直選手の指導だけで精一杯なんですよね。なぜスポ少で保護者同士のトラブルがなくならないのか・・・。理解に苦しみます。

2016年2月4日スポ少・部活

Posted by kids-athlete