スポ少での上手な付き合い方|ママ友からのアドバイスは要注意!

子供達がスポーツをしていると、ママ友同士で色々な方との関りが増えると思います。中には本当に信頼できる人と出会えることもあるかもしれません。

しかし、それは本当にごくまれなことで、 多くの場合は嫉妬や妬み、引きずり合いなど黒い部分がスポ少にはたくさん見え隠れしています。

今回はスポ少でコーチやママ友の意見に悩まされている、保護者の方から相談の連絡をいただきましたので、その時の対応策について考えていきたいと思います。

子供の進学する中学について  

小学校6年生になる息子さんがいる葵さんから、子供の進路についてご相談をいただきましたので答えていきたいと思います。

息子は1ヶ月後に小学校を卒業しますが、進学する中学校のことで悩んでいます。

その理由は1年生から始めたバスケに関係しています。

息子が所属するチームの子供達は、ほとんどが市内の中学校へ進学しますが、息子はさらに将来を考えて、他県の中学へ進学したいと希望しています。

その中学校は主人の恩師が外部コーチをしていて、息子を下宿させて基礎からしっかりバスケを教えてあげたいと言ってくれているのです。

主人は残念ながらプロにはなれませんでしたが、息子は本気でプロを目指しているようです。

そのことを息子が所属するコーチへ相談しましたが、「みんなと一緒の中学に進学して、そこでみんなで全中を目指せばいいじゃないか」と反対されたそうです。

それから息子が他県への進学を考えていることはすぐにチーム内に広がり、私はママ友達から色々と言われました。

「みんなで同じ中学に進みましょうよ。今までずっと一緒にやってきたのに寂しいじゃない」

「中学生は親が必要な時期よ、親元から離して心配じゃないの?」

「他県へ行かせるのは高校からでもいいんじゃない?」

「何かあった時、誰が責任取るの?」

「病気で寝込んだら誰が看病してあげるの?」

「今から目の届かないとこへあげると何するか分からないわよ」

など、心配する声がたくさんで、なんだか私が息子を放棄するかのような言われ方をして、胸がモヤっとしました。

私はただ、息子の願いを尊重してあげたいのです。

息子が希望する中学で結果を残すことができれば、バスケの名門校と言われる高校へのパイプもできます。

それでも、母親としての判断は正しいのかとても悩むところであります。

中学で親元から離れることは、教育上よくないことなのでしょうか。それと同時にママ友へ何も言い返せない自分が情けないです。

夢を語るのは本当に信用できる人のみに

人は希望に満ち溢れる光が見えた時、特に女性は誰かに話したいという思いが大きくなります。

これはあくまでも私個人としての考え方ですが、そうすることによって、その光を遮ろうとしてくる人がいることを忘れてはいけません。

正直言うと、私は葵さんのママ友が心から息子さんを心配して案じてこのような言葉を掛けてるとはあまり思えません。

もちろん、中学生で親元を離れるという事は、辛い時に甘える場所もないし、自分の未熟さを見せられる人も近くにいないわけですから、本人にとっては楽しいことばかりではないでしょう。

それでも葵さんと息子さんがそう決意したのであれば、私は前へ進むべきだと思います。

だからと言って、否定的な意見を言う人に対して、さらに否定的な意見で言い返せと言うわけではありません。

その時は「心配してくれてありがとう」「私も息子もみんなと離れるのは寂しいわ」と心からお礼を言いましょう。

そして「でもね、息子が本気で挑戦したいと言っている以上、私はそれを尊重させてあげたいし、支えてあげたいの。」と気持ちは変わらないことを伝えましょう。

そうすれば、ママ友はもう何も言えないでしょうし、ママ友の意見もきちんと受け入れているので、この方法だと相手を不愉快にさせずにすみます。

それに、その他のママたちにしてみたら、これから自分の息子が進む中学を否定されていると感じるママもいるでしょう。

そのため「あそこの中学では・・・」と周りに敵を作るような発言は注意です。

ママ友との付き合いを円滑にするのは笑顔

話をするママ友

今まで一緒のラインに立って前へ進んでいたと思っていた子の中に、突然一人だけ先を行こうとする子、上を目指そうとする子を見れば、応援してあげたいという思いの中に、羨ましいという気持ちや引け目を感じてしまうママ達もいるでしょう。

自分の息子にはそうさせてあげる勇気もなければ、息子自身もそれを望まない。

夢に向かって一歩を切り出せない人は、人の夢も諦めさせようとするものです。

そうすることで、自分を正しいと思わせることもできるし、人は「みんな一緒」が好きだからです。

それでも葵さんの息子さんは自分の進みたい道を決めているのですから、大変立派だと思いますし、その夢を尊重して支えてあげたいと行動する葵さんも立派だと私は思います。

とにかく、このような場合は笑顔で対応するのが一番です。相手の意見に賛同し、自分の信念を伝えることで、葵さんや息子さんの夢や目標を諦めさせようとする人はいなくなると思います。

シェアする