スポーツで指導者と選手が信頼関係を築くコミュニケーション術

2015年10月6日コーチング

スポーツをする選手とコーチ

指導者の方にとっては耳が痛いお話しですが、選手がコーチのことを「指導能力に欠けているコーチ」 「このコーチだから勝てない」など、選手と指導者との間に信頼関係が築けていないケースは少なくないようです。

しかし、選手である子供達よりもチーム全体をバランスよく客観的に観察し、競技に対する知識も経験も多いコーチが言っていることは間違えでない場合も多いはず。

暴力や暴言でしか指導ができないコーチであれば、子供達からも保護者達からも不信感を持たれ、無能だと思われても仕方のないことですが、そうではないのに選手との信頼関係が築けないのはどこに原因があるのでしょうか。

今回は 「スポーツで指導者と選手が信頼関係を築くコミュニケーション術」について考えていきたいと思います。




指導者への信頼感が崩れるとき

スポーツ指導

色々なクラブチームや部活動の指導を見てきて、これは致命的な言葉かけだなと思った例を2つ挙げましょう。

1つ目は「だからお前はダメなんだ」「お前がいると邪魔なんだよ!」といった人格を否定する言葉かけで、2つ目は「お前にできるわけがない!」「お前は○○をしてはいけない」「お前はこれだけをしとけばいいんだ!」といったプレーの制限と強制の言葉かけです。

ただ、多くの指導者は選手の人格を否定しているつもりもなければ自覚もない、選手に自分のイメージを押し付けているつもりもないのです。

悪までも、自分の思い通りに試合が運べるためではなく、選手のため、チームのためと指導をしているつもりなのです。

もちろん、すべての場合において、否定や強制がダメだというわけではありません。

選手である子供達が、自分で失敗や間違いに気づいていないのであれば「それではダメだと」言ってあげないといけない時もあるでしょう。

しかし、失敗や間違えをしてしまった選手が「次からはこうしよう。もう同じ失敗はしない!」と、自らで学び、成長しようとしている時にコーチから「だからお前はダメなんだ。こうしろと言っているだろう!」と怒鳴られたら選手である子供達はどうなるでしょうか?

多くの観客や保護者、仲間の前で嫌味を言われ、選手である子供は傷つき、モチベーションは低下します。

そうすれば、挑戦することをやめて、言われたとおりに動けばいいんだろと言われたとおりに動こうとする。

指導者の言われたとおりに動いたつもりの選手は「コーチの指示通りの動いているのに結果がでないじゃないか。無能なコーチだ。」となってしまうわけです。



コーチングの基本とは

スポーツ指導

大人になれば、他人がしてくれるアドバイスに対し、自分にとって価値のあるアドバイスなのか、そうでないアドバイスなのかを理解して判断する能力があります。

しかし子供達は、コーチがしてくれる指導をどのように生かしていくかを考える能力がまだ未熟なのです。

それを「否定」「制限」「強制」だけで指導をしてしまえば、言われた通りに動こうとする選手が育つだけで、自分で考えて自分で学ぼうとする「自主性」のある選手に育てることは難しいでしょう。

そんな選手はいずれ、誰のために何のためにきつい練習をやっているのかが分からなくなるかもしれません。

つまり、自分が好きでやっていたはずの競技が「やらされているから、仕方なしにやっている」に変わってしまう恐れがあるということです。

指導者は選手が自らの経験で学び、成長できるように「自分たちで考える」ということの重要性を伝え、選手の自主性が育つ工夫をする必要があるのではないかと考えます。

能力の否定=人格否定

スポーツ指導

選手である子供達は、自分の役目を見事に果たすことで達成感を得たいと思っているし、周囲からは自分の能力を評価されたいと願っています。

そして同時に、自分のした失敗を責められたり、怒鳴られたりされたくないとも思っています。

子供達にとって「自分の能力・技術」を否定されるということは、自分自身を否定されることと同じことなのです。

練習中や試合中にコーチから「否定」の言葉を使われ続ければ、子供達は自分の成果よりもコーチからの評価を気にするようになってしまいます。

その結果、試合ではコーチからの指示や言葉が気になり、ボールよりもコーチの顔色をチラチラ見て、試合に集中できなくなってしまうでしょう。

このように、指導者が絶対的存在になり過ぎると決して子供達にいい影響を与えません。

子供達が意欲を持って行動するには、自主性や創造力を持つことが大切です。

しかし、自分の成果ではなく、コーチからの評価ばかりを気にしてしまう選手からは、「自主性」や「創造力」が欠落していってしまうでしょう。



選手の大切なものを奪う瞬間

スポーツをする少年

失敗は、誰もがしたくてするわけではありません。

ましてや選手が失敗した時、一番責任を感じているのは本人なのです。

どんなに素晴らしい選手でも失敗はするし、その失敗こそが選手が自分自身で学んで成長するチャンスでもあるのです。

しかし、成長する過程で指導者が「否定」「制限」「強制」の言葉ばかりを使えば、選手の自主性や創造力はどんどん削り取られていきます。

それと同時に、選手の「自分自身で成長するチャンス」も奪ってしまうのです。

そのため、選手が自分のしてしまった失敗に対して、どのように感じてどう考えているのかを、指導者はよく見極めて、声をかける必要があります。

ただ、誤解しないでいただきたいのは、すべてを肯定するべきだと言っているのではありません。

否定と指導を同じ部類で考えてはいけないという事です。

まとめ

今回は 「スポーツで指導者と選手が信頼関係を築くコミュニケーション術」についてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

信頼関係とはどちらか一方通行の思いでは成り立ちません。

信頼関係を築くためには相手に興味を持って、相手の気持ちを理解しようとする気持ちが必要不可欠です。

そこに自分本位の考えやここでお伝えした「否定」「制限」「強制」の言葉は信頼関係を築く妨げとしかならないのです。

相手へ思いを伝えることはとても容易なことではありませんが、相手の気持ちだけでなく、自分の気持ちと向き合うこともコーチングのひとつだと思います。

2015年10月6日コーチング

Posted by kids-athlete