この指導方法は正しいの?部活で「帰れ!」という顧問が多い理由

学校の部活動

子供達も中学生になれば、幼いころとは違い、大人の言動に疑問を抱いたり、最悪な場合だと馬鹿にしだすといったことが起こります。

大人たちが考えている以上に子供たちは大人の言動を冷静に見極めているのです。

特に感情的に怒鳴って子供を服従・コントロールできるのは、小学生まで。

私がトレーナとしてして行っている中学校でも、テニス部の顧問の先生が生徒に「ダラダラするなら、全員帰れ~!」と怒鳴っている場面がありました。

残された生徒たちは「マジうざくない!?」「めんどいね~、どうする10分後位にみんなで謝りに行く?」なんて言葉を交わしていました。

こうのような風景って日常茶飯事で、私の目には生徒のほうが慣れっこになっているように映ります。

そこで今回は 「この指導方法は正しいの?部活で「帰れ!」という顧問が多い理由」について考えていこうと思います。

「帰れ!」で顧問が選手に求めるものって何?

これは実際にあったツイートですが、こんなことはどの部活動でも起こっていることです。

親も子供の忠誠心を高めたくて、同じようなことを言うことってありますよね。

このような方法って、普段絶対にしないような大人がすると、それがスパイスとなって効果が出ることもありますが、それでもこの効果って一時的に過ぎません。

根本的なことが解決できていないわけですから、見せかけに過ぎないってことです。

ここで一番懸念するのが、顧問の先生が「きちんと指導した気になる」という点です。

実際はどうなのかってことですが、このような方法が頻繁に行われていれば、子供達の間では間違えなく「またか・・・」「でたでた・・・」と言うよう反応になるでしょう。

そして、このような方法が繰り返される度に、生徒が顧問へ対する信頼感が薄れていき、最後の大切な試合には選手と顧問の間に溝ができていたなんてことも決して珍しいことではないのです。



帰れと言われた生徒の模範解答は?

これは間違えなく「先生への謝罪」です。

その理由は顧問が望んでいるから。早く普段の部活に戻りたいのならとにかく「謝罪」です。

自分たちの何がいけなかったのかを選手同士で話し合い、これからどのような姿勢でやっていこうと考えているのか伝えましょう。

私は「帰れ!」と言ってやる気を出したり、子供の感情をコントロールしようとする指導には反対ですが、このことを親や子供が先生へ直接言っても先生は受け入れてくれないでしょう。

それよりも自分達が言われないようにすることの方が子供達にとってもプラスになるし、無駄なエネルギーを消費しなくてすみます。

本来は先生である顧問が、子供たちはどうしてこのような行動をとっているのか、どうしたらもっと意欲的に取り組むことができるだろうかと考えるべきであると思いますが、そこまで先生に求めるのは少し荷が重いかもしれません。

何か問題が起きた時、相手を変えようとするよりも自分の考え方や行動を改めて考えてみる、今自分にできることをするという思考を持つことで、さらに子供たちは成長できるでしょう。

先生への感謝の気持ちも忘れずに

私は「帰れ!」と言ってやる気を出したり、子供の感情をコントロールしようとする指導には反対だと話しましたが、それでも放課後は遅い時間まで指導をしてくれ、週末は試合へ連れて行ってくれるのですから、生徒も親も先生への感謝の気持ちを忘れてはいけません。

親が顧問の先生の悪口を言ってしまえば、子供に悪い影響を与えることは説明するまでもありません。

顧問への信頼を失くしてしまうことで辛い思いをするのは子供自身なのです。

辛い練習が辛いものでしかなくなったり、顧問へ不満を抱くことで部活動が楽しいと思えなくなってしまいます。

そうなれば、最悪退部を選択してしまうケースもありますので、親御さんはお子さんの話を親身に聞いてあげることが大切です。



ブラック部活の実態

数年前より「ブラック部活」なんて言葉が聞かれるようになりました。

生徒の人格を否定するような暴言や、体調を崩すほどの練習量を与えることをブラック部活と呼んでいます。

さすがに指導もそこまでくると、そんな悠長なことは言ってられません。

最近では部活動での悩みが原因で生徒が自ら命を絶つというあってはならないことが現実に起きています。

親御さんはお子さんの心と体の変化をよく観察することが大切です。

シェアする