内発的動機づけで「子供のやる気を引き出す」6つの法則

2016年2月13日メンタル強化

スポーツをする子供

こんにちは、メンタルトレーナーの葉月です。

先日、ミニバスケットボールに所属する少年のお母さんからこのような相談を受けました。

息子にはもっとストイックにバスケットと向き合ってほしくて、つい口うるさく言ってしまいます。そのことが原因なのでしょう。「もう試合を見に来ないで!練習中も送り迎えだけでいいから」と言われてしまいました。私はただ、どうせ頑張っているのなら、もっとやる気を出してほしいだけなんですよね。それに対して「試合に来るな」なんて、ひどいと思いませんか!?反抗期ですかね?葉月さん、息子はどうしたら私の気持ちが分かってくれるんでしょうか。

 

私は以前、逆の立場である息子さんからこのような愚痴を聞いたことがあります。

「うちのお母さん、色々うるさくって!俺の試合を見てイライラするなら来なきゃいいのに!」といった内容でした。

親の思いが伝わらない原因とは

バスケットボールの試合

小学校高学年になれば、子供は未熟なりにも、自分の意思で動きたいという思いが芽生えてきます。

その心の成長に対して親も対応を変えていく必要があるのですが、このように親子で違う思いがぶつかり合ってしまうケースは多くあります。

幼少期の子供にとっては親の存在が絶対的なものでしたが、それは成長と共に形を変えていくもので、それが思春期といわれる時期になります。

ではこれから、思春期といわれる時期の子供達が、自らでやる気を高めてくれる方法についてお伝えしていきたいと思います。




やる気を高める=動機づけ

スポーツをする少年

心理学でやる気を高めることを 「動機づけ」(モチベーション)と呼び、モチベーションを保つことはスポーツをするうえでも、勉強をするうえでも、子供達が出す結果に大きな影響を与えます。

お母さん達もそのことを分かっているので、なんとか子供にやる気を起こさせようと、様々な言葉かけをするのですが、今回のケースのようにマイナスに作用してしまうことがあります。

動機づけには「外発的動機づけ」「内発的動機づけ」の2つの方法があります。

多くの親御さんが子供のやる気を引き出すのに使用しているのが、褒美や罰でやる気を起こさせる「外発的動機づけ」で、冒頭でお話ししたお母さんが行っていた方法も外発的動機づけに当てはまります。

実はこの外発的動機づけにはいくつかの注意点があります。それは使い方を間違えば、やる気の低下へつながる危険があるという点です。

外発的動機づけの注意点

外発的動機づけとは「強制」や「報酬」などを利用して行動させる最も自発性が低い動機づけです。

報酬を与える代わりに嫌々ながらも行動してもらう、いわゆる「アメとムチ」を使ったモチベーションコントロールに使われますが、外発的動機づけには、重大な注意点があります。

それは子供に多用していると、言われなければ、あるいはご褒美や罰がなければ行動しなくなるということです。

スポーツで指導者が試合中に、怒鳴ってハードプレイを要求したり、「失敗をしたらコートから出て行け!」と罰を与えることで必死にさせるのも、外発的動機づけの一種です。

勝つことだけを考えれば、この方法が効率的で簡単なため、指導する側はこの方法に頼りがちになります。

しかし、この方法ばかりで指導をしていると「好きでやっている」「罰を受けたくないからやっている」に変わってしまい、その子の選手としての将来にも大きな影響を与えますし、思考が短絡的になる危険性がありますので、外発的動機づけには十分に注意が必要なのです。

叱咤が裏目にでる現代の子

これは私がメンタルトレーナーとして携わっている、中学男子バスケットボール部のお話しです。

ポイントガードの主力選手が試合中に左足を怪我し、練習に参加できない日が続きました。彼がようやく練習へ復帰できたのは怪我から3週間後のことでした。

彼は「やっと練習に復帰できる〜!」と喜んでいたものの、どうしても左足を庇うような動きになりがちで、思いきったプレーができない日が続きました。そんな苛立ちが彼から伝わってくることも多々あり、それは試合の中でチーム全体に連鎖するほどでした。

そんなある日、それを見かねた顧問が「そんなお前はチームに必要ない!そんな態度で練習するのなら帰れ!辞めてしまえ!」と彼を怒鳴りつけました。

顧問は「これで気合いを入れ直してくれたら・・・」との思惑があったようですが、その思いは全く伝わらず、その選手はさらにやる気をなくし、練習をさぼるようになってしまいました。

後日その選手と話をしてみると、「先生に、お前はチームに必要ないと言われたんで。もう辞めようかなって考えています。どうせ今度の試合にも出してくれないんだろうし。試合に出られないのなら、俺は続ける意味がないので。」と口を開きました。

それから彼は、何度かカンセリングを行って、なんとか部活に戻り、今ではしっかり自分を取り戻すことができましたが、「帰れ!辞めてしまえ!」と言われて、「なにくそ!」と奮起するのはひと昔前のお話で、今回の選手のように、メンタルを消耗してしまうケースも少なくありません。

子供がやる気を高める動機づけ

サッカーの練習

これまで外発動機づけのメリットとデメリットについてお話ししましたが、次はもうひとつの動機づけについてお話ししたいと思います。

子供が自ら進んでやる気を起こすには、「内発的動機づけを発動させること」が大切です。

内発的動機づけとは、外発的動機づけと違って、自分自身の心の満足感を得ることを目的とし、外的報酬にもとづかない動機づけのことをいいます。

つまり、罰や褒美のために動くのではなく、自分自身がそうしたいからそうするという行動のことを指します。

そのため内発的動機づけのメリットは 「モチベーションが長く保てる」ということです。つまり、子供達はいかに内発的動機づけを発動させることができるかが、勝負に勝てるカギとなります。

悪口をやめさせた老人の話

外発的動機づけと内発的動機づけに関する面白い話を聞きましたので、ここでお話したいと思います。

ある日、「バカ」「汚い」などと、学校帰りの子ども達に悪態をつかれた老人が、ある計略を思いつきました。

次の月曜にその老人は、庭に出てきて子ども達に「明日もまた悪態をついた子には、1ドルずつあげるよ。」と言いました。子ども達はビックリし、また喜んで、火曜にはいつもより早く来て悪態のかぎりを尽くしました。

老人は悠々と出てきて、約束どおり子ども達にお金を与えて「明日も同じように来てくれれば、25セントずつあげるよ。」と言いました。子ども達は「25セントでも大したものだ」と思って、水曜にまたやって来ました。

声が聞こえると、すぐに老人は、25セントを持ってきて、子ども達に支払いました。そして「これからは1セントずつしかあげられないよ。」と老人は子ども達に言いました。
子ども達は、信じられない!といった様子で「1セントだって?」と、バカにしたように口々に言いました。

そして子ども達は、「もういいよ!」と言って、二度と来なくなりました。

元々、子供達は老人に対して悪態をつくことを楽しんでいました。

「褒美をもらわなくても、楽しいから悪態をつく」つまり、子供達の内発的動機がそのような行動をとらせていたのです。

しかし、老人が子供達に褒美を与えたことにより「楽しんでやっている」から「褒美のためにやっている」という認知に変わったのです。

そして、外発的報酬を得られなくなった子供達は、老人のところに二度と来なくなったということです。

つまりこの老人は、外発的報酬が内発的動機を阻害するという仕組みをうまく利用したということになりますね。

2016年2月13日メンタル強化

Posted by kids-athlete