【必見】子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング

2015年12月1日メンタル強化

勉強をしていくうえでも、スポーツや習い事をしていくうえでも、子供達に「自信」をつけさせることはとても大切です。

自信をつけることができれば、常にポジティブな考え方ができるようになり、色々なことに挑戦したいという気持ちから 「やる気」や「向上心」を上げることができます。

スポーツをする子供達は、親から「自信を持って!あなたなら大丈夫よ!」と言われ、コーチからは「自信を持て!お前ならやれる!」と指導され、子供達は「自信だ、自信。俺はやれる!俺は強い!」と自分に言い聞かせる。

この一連の流れは決して悪いことではありませんが、時にこの「自信」という言葉が子供に重くのしかかり、プレッシャーや極度の緊張へと変えてしまうことがあります。

つまり、子供達が上手く自信をつけることができるかどうかは、周りの大人たちの言動が大きく影響するということです。

そこで今回は、スポーツや勉強を頑張る子供達をコーチングする立場にある親御さんに読んでもらいたい 「子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング」についてお伝えしたいと思います。




ポジティブ思考が必要な理由

子供達がスポーツや習い事、勉強などに取り組む中で、本来持っている実力を十分に発揮するためには、ポジティブ思考の方が断然有利です。

では、「なぜポジティブ思考が有利なのか」「なぜネガティブ思考がダメなのか」ということについて根本から説明したいと思います。

何事に対してもネガティブに考えてしまう人の脳内はとても不安定で「不安を感じる→心配になってくる→考え込む→さらに不安や心配が強くなる→悩んで呼吸が乱れる→集中力がなくなる→ミスや失敗をする→落ち込む→引きずる→さらに不安になる→考え込む」こんな状態なのです。

このような状態で意欲的にスポーツや勉強へ取り組むんで良い結果が出るとは考えがたいですよね。

ネガティブ思考は不安を大きくするだけでなく、やる気の低下、不平不満などを誘発し、失敗やトラブルの元となってしまいます。

そのため、普段からポジティブな考え方を癖つけることが大切なのです。




ポジティブ思考と自信について

ポジティブ思考であることが大切な理由をお話ししましたが、いくら「自信を持て」「俺は強い」「私ならやれる」と自分に言い聞かせても、心の奥底には「本当に大丈夫だろうか」「もしもミスをしてしまったら」「この勝負に負けてしまったら・・・」という自分が存在しているものです。

それでも無理やり「自信」という言葉で蓋を閉めてしまえば、何かのミスがきっかけに、心の奥底にあった不安が溢れ出て、一気にメンタルを乱すことになります。

そもそも自信とは「強い自分を確信する」といことではなく、「自己を信頼する」という事で、不安・恐怖に屈することなく前に向かっていく気力があることを十分に感じるという事なのです。

不安や恐怖に勝つために

無意識のうちに心の奥底に抱いてしまった不安や恐怖に屈することなく前へ向かっていくためには、一度「不安」や「恐怖」を受け入れる必要があります。

逆に一番してはいけないことは、見て見ないふり、気づいて気づかないふり、不安や恐怖に無理やり蓋を閉めてしまうことです。

そしてその不安や恐怖に対しても前向きな姿勢でいられることが必要です。

例えば、チームのエースが怪我で試合に出場できない場合は、その現実を受け止めたうえで「不安要素はあるが、今の自分達にできることをしよう!それは絶対に最後までねばることだ!絶対に諦めるな!」と弱みを受け止めたうえで強い意志を持たせることが大切です。



嘘っぱちの自信が子供を苦しめる

子供の中には感情をあまり表に出さない子がいます。これは女の子よりも男の子の方が多く、指導者や親は必ず注意しておきたい点です。

それは「男は男らしく」「スポーツマンはスポーツマンらしく」というイメージが周りにも自分にもあって、弱音を吐いてはならない、辛いことにも耐えなければならない、涙を見せてはならないなど、「自分はこうあるべきだ!」との思いが強い男の子は特に注意が必要です。

指導者や親からの期待や「ポジティブであれ」「自信を持て」との言葉が、ポジティブ思考であるべき本当の目的を失い、自分を誤魔化して前へ進んでいけば当然メンタルは消耗し、やる気も低下して最悪な場合だと燃え尽き症候群にまでなるケースがあります。

そのようなケースを防ぐためには、指導者や親が子供の心の状態を無視して「ポジティブであれ!」「自信を持て」と容易く声をかけないことが大切です。

2015年12月1日メンタル強化

Posted by kids-athlete