勝敗を左右する!試合前にするべき準備と心を整える7つのポイント

2015年12月20日メンタル強化

バスケットボールの試合を始める選手達

こんにちは、メンタルトレーナーの葉月です。

「勝負は戦う前に決まっている」という格言もある通り、試合の前にどんな準備をしておくか、どのように心を整えているかは、勝敗を左右すると言っても過言ではありません。

今回は、スポーツを頑張る子供のための 「試合前にするべき準備と心を整える7つのポイント」についてご紹介したいと思います。

試合前の過ごし方

大事な試合であればあるほど、普段と同じ生活リズムで心を整えておくことが大切です。

試合前日の睡眠

睡眠

試合前日は、しっかりと睡眠をとらなければ疲れがきちんと取れないし、試合で十分な力が発揮できないのではないかと考え、「早めに寝よう」と考えてしまいがちですが、実は逆効果になることがあります。

いつもより早く寝るということは、いつもと違った生活リズムへするということです。しかも、試合前日は独特な緊張感もあり、早く寝ようとしても、興奮状態から寝つきが悪くなってしまう可能性があります。

いつも通りに過ごすことは、興奮気味の精神状態を抑える効果も期待できるため、試合前日も「いつもと同じ生活リズム」で過ごすことが大切です。



睡眠時間になっても寝付けない時の対処法

試合前日は、独特な緊張感や不安などから、なかなか寝付けないこともあると思います。

私も学生時代はそうだったのでよく分かるのですが、寝付けない時に「何も考えずにとにかく寝なさい」というのは難しいものがあります。

不安や緊張は考えてはいけないと思えば思うほど考えてしまうものです。

例えば、失恋した時に相手のことを忘れたいと思えば思うほど頭から離れないというような経験は誰にでもあると思います。

それと同じで脳は「~をしてはいけない」という否定形を理解してくれないのです。

そんな時は、リラックスできる環境を作って眠りを誘うようにしましょう。

リラックスできるヒーリング音楽をかけて寝るのもいいし、アイマスクを使用するのもいいでしょう。

また、牛乳にはトリプトファンという物質が含まれていて、神経を落ち着かせる効果があります。 緊張や興奮から寝付けないという時があれば、ホットミルクを飲むといいでしょう。

逆に、テレビやスマホのブルーライトが睡眠の質を落とすとされていますので、寝る1時間前には部屋を暗めにして寝る準備をしましょう。

試合当日の朝食

白米とみそ汁と焼き魚

試合で十分な力を発揮するためには、朝食でしっかりと栄養を摂らなくてはと考えてしまいがちですが、こちらも睡眠と同じで、逆効果になる可能性があります。

もちろん朝食を摂ることで、体にエネルギーが満たされ、試合で十分な力が発揮できるようになりますが、「これ以上は無理、もう満腹」となるまで食べるのは避けたほうがいいでしょう。

満腹になれば、動きにくくなりますし、激しく動こうとすれば、胃の中のものが逆流してしまい、その結果、腹痛を起こしたり気分が悪くなったりして試合時の集中力を妨げてしまう可能性がでてきてしまいます。

試合前の食事ポイント

  • 試合前は筋肉のエネルギー源となる栄養素を蓄える
  • 試合前日、試合当日の朝は消化の良いもので腸内環境を整える
  • 試合当日の朝食で体温を上昇させる

また夜遅くに食事をとると、食べ物の消化が終わらず、睡眠の質が落ちてしまいます。試合前日の夕食はなるべく早めにすませましょう。

試合前日の練習

サッカーの練習

体の調子を整えることは、試合前で最も大切なことだと言えます。

試合前だからとクールダウンを行う時間や睡眠時間を削ってまで練習しても、試合当日に疲労が蓄積されていては決していい結果につながりません。

精神的にも自分を追い込まず、クールダウンと体のケアに時間をかけるほうがより良い結果を出してくれるでしょう。

 

2015年12月20日メンタル強化

Posted by kids-athlete