親子で行うメンタルトレーニング|夢を叶える子供の共通点とは

2017年1月13日ペアレーチング

野原にの転がる子供

皆さんは夢を叶える子供の共通点って何だと思いますか?

「自分を奮い立たせる闘争心」

「負けない強い心」

「夢を諦めない心」

「努力を惜しまない負けん気」

など、夢を持っている子供達にとってはどれも必要なものだと思います。

夢に向かって前へ進む子供達はとても輝いて見えますが、時に夢を途中で諦めてしまう子供達も少なくありません。

その原因は本人の「弱さ」にあると思われがちですが、一概にそうとは言えません。

メディアでも毎年のように、今年活躍している甲子園球児を取り上げては、お母さんやお父さんの支えを放送していますが、逆に親が子供の夢を摘んでしまっているケースもあるのです。

そこで今回は 「親子で行うメンタルトレーニング|夢を叶える子供の共通点」についてお伝えしたいと思います。




苦手の克服よりも「得意」を伸ばす

子供達は新しいことを自分の脳や体に吸収していくことがとても得意です。そのため、海外へ住むことになっても、子供達はすぐに異国の言葉を話せるようになります。

このように「子供が大人の何倍も新しいことを吸収する能力が高い」ということは、皆さんもよくご存知だと思います。

しかし 「苦手なものを克服する能力は大人より断然低い」ということは意外と認識されていないようです。

大人達が苦手なものを克服するとき、自分達が生きていくために必要となれば、モチベーションも保てるし、知識を身につける方法も知っているし、お金も持っています。

ところが、子供には大人が持っている 「経験」「知識」「お金」がありません。

しかし、お父さんやお母さん達は「苦手なものは子供のうちに直してあげなければ」と考え、必要以上に叱り、その子の持つ個性や自己肯定感を摘んでしまっていることがあるのです。



子供の個性を長所にする

男の子3人

マイペースな子には「人に流されない強い意志」があります。

ところがお母さんは、周りの子と同じペースで進んでくれないことにイライラして「早くしなさい!」「どうして他の子と同じことができないの!?」が口癖だったりします。

しかし、子供達には「それぞれ生まれ持った特質」があるのです。

「今のままでは、この先あなたが困るのよ!」とお母さんに何度も言われ続ければ、子供は気がつかないうちにストレスを溜め込んでしまいます。

口うるさく言ってしまうお父さんやお母さんは、「親だから言っていい」「親だから言ってあげなければいけない」という考えを一旦捨てるべきかもしれません。

「親子で行うメンタルトレーニング」と言えば難しく感じるかもしれませんが、特別なことをする必要はありません。

ただお子さんの個性を短所と考えず長所と考え、どんどん伸ばしてあげることが大切なのです。

親の理解が子どもの夢を叶える

活発で体を動かすことは大好きだけど、授業時間になれば落ち着きがなく、勉強が苦手な男子生徒がいました。

そこでお母さんは、このままではいけないと考え、塾や習字、そろばん教室に通わせようと考えました。

ところが、友達と外で思いっきり野球やサッカーをして体を動かしたいのに、静かに座らされて、したくもない勉強をしなければならない、その男子生徒にとってはかなりのストレスです。

落ち着きがない子というのは、言いかえればエネルギーがあり余ってどうしようもないのです。

それだったら思いっきり好きなスポーツを習わせて、あり余っているエネルギーを発散させた方が男子生徒の持つ個性は伸びると思いませんか?

子供達は自分の持つ個性が伸び、自分に自信がつけば、自己肯定感の核ができ、何事にも意欲的に挑戦することができるようになるものです。

もちろん好きなことだけをやらせてあげるということが、個性を伸ばすということではありません。 「学校の宿題など、やるべきことはきちんとする」「先生の話はきちんと聞く」など、きちんと約束を交わすことが大切です。

夢を叶えた小さなバスケットマンのお話し

バスケットをする少年の影

これは、小学生の頃からバスケットボールは大の得意だけど、勉強は大の苦手という男子生徒のお話です。

その男子生徒が中学2年生になる頃、バスケ部顧問の先生に「お前の目指している○○高校は、内申点が36以上なければスポーツ推薦で行くのは難しいぞ。たとえ、○○高校がお前をほしいと言ってきても、内申点が足りなければ、学校はそれをお前に伝える事もできないし、学校から断らなければならない。」と告げられました。

○○高校とは、男子生徒が小学生の頃から通うのが夢だった全国的にも有名なバスケットボールの名門校です。

勉強は苦手だけど、バスケをさせればエース中のエースと地元でも有名な選手。だから自分はバスケさえ真面目に続けていれば、その高校に行ってバスケができるものだと思っていたのが、顧問の一言で覆されたのです。

それから男子生徒は、夢だった高校へ進学するべく、大好きなバスケも、苦手な勉強も人一倍頑張り、見事その高校へ進学することができました。

夢を叶える子と途中で諦めてしまう子の大きな違い

子供達を見ていると、この男子生徒ように「やる気スイッチ」がONになる瞬間がありますが、途中で挫折してしまう子供も少なくありません。

ところがこの男子生徒は、難しいであろうと思われていた目標(夢)を見事に達成することができました。

では、なぜ彼は挫折することなく、苦手だった勉強をここまで頑張ることができたのでしょうか?

それは、彼の持っている「自己肯定感」にありました。

自己肯定感がない子は少し辛くなってきたら「やってみたけど、やっぱり自分には無理なのかもしれない。」とすぐに諦めモードに入ってしまいます。

しかし、自分に自信がある子供は、意欲的に道を切り開く力があるのです。

やってみて全てがとんとん拍子に上手くいったから成功したのではなく、少し辛くなっても、壁にぶつかっても「大丈夫!俺ならできる!」と前向きに考えることができ進み続けることができるのです。



夢を叶えた子の親が持つ共通点

夢を叶えた子供のお母さんに「なぜ息子さんはここまで頑張ることができたと思いますか?何か特別な言葉かけをしたんですか?」と尋ねたところ「特に私は何にもしてないのよ。ただ応援していただけ」との答えでした。

でも意外と何もしないのって難しいんですよね。

親は先回りして考えてしまうため、子供が野望を抱けば「現実を見なさい」と言うし、子供が怠けているなと感じれば「もっと頑張りない!」「することをしなさい!」と叱るものです。

それが親というものです。

しかし、親であれば同時に子供達が今向かい合っていることや、努力していることを見逃してはいけません。

大人はつい結果ばかりを評価しがちですが、子供のプロセスに注意を向けて、努力や取り組みを認めて伸ばしてあげることが最も大切なことなのです。

まとめ

今回は「親子で行うメンタルトレーニング|夢を叶える子供の共通点」についてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

自己肯定感は、運動能力や学力と違って、 子供だけの力で高められるのもではありません。

自己肯定感を育てるのに大きく影響するのが、親と周りにいる大人たちの言動です。

これを読んだあなたが、もしも「あら、私ったら・・・」と思い当たる点があれば、今日からお子さんにかける言葉に少し注意してみてください。

自己肯定感は子供の時期だけでなく、社会に出てからも必要とするものです。

自己肯定感さえ育てることができれば、これから立ちはだかる壁や挫折も、自分自身で乗り越えられることができるでしょう。

2017年1月13日ペアレーチング

Posted by kids-athlete