親子で行うメンタルトレーニング|夢を叶える子供の共通点とは

2017年1月13日ペアレーチング

野原にの転がる子供

皆さんは夢を叶える子供の共通点って何だと思いますか?

「自分を奮い立たせる闘争心」

「負けない強い心」

「夢を諦めない心」

「努力を惜しまない負けん気」

など、夢を持っている子供達にとってはどれも必要なものだと思います。

 

夢に向かって前へ進む子供達はとても輝いて見えますが、時に夢を途中で諦めてしまう子供達も少なくありません。

その原因は本人の「弱さ」にあると思われがちですが、一概にそうとは言えません。

メディアでも毎年のように、今年活躍している甲子園球児を取り上げては、お母さんやお父さんの支えを放送していますが、逆に親が子供の夢を摘んでしまっているケースもあるのです。

そこで今回は「親子で行うメンタルトレーニング|夢を叶える子供の共通点」についてお伝えしたいと思います。

苦手の克服よりも「得意」を伸ばす

子供達は新しいことを自分の脳や体に吸収していくことがとても得意です。そのため、海外へ住むことになっても、子供達はすぐに異国の言葉を話せるようになります。

このように「子供が大人の何倍も新しいことを吸収する能力が高い」ということは、皆さんもよくご存知だと思います。

しかし 「苦手なものを克服する能力は大人より断然低い」ということは意外と認識されていないようです。

大人達が苦手なものを克服するとき、自分達が生きていくために必要となれば、モチベーションも保てるし、知識を身につける方法も知っているし、お金も持っています。

ところが、子供には大人が持っている 「経験」「知識」「お金」がありません。

しかし、お父さんやお母さん達は「苦手なものは子供のうちに直してあげなければ」と考え、必要以上に叱り、その子の持つ個性や自己肯定感を摘んでしまっていることがあるのです。



子供の個性を長所にする

男の子3人

マイペースな子には「人に流されない強い意志」があります。

ところがお母さんは、周りの子と同じペースで進んでくれないことにイライラして「早くしなさい!」「どうして他の子と同じことができないの!?」が口癖だったりします。

しかし、子供達には 「それぞれ生まれ持った特質」があるのです。

「今のままでは、この先あなたが困るのよ!」とお母さんに何度も言われ続ければ、子供は気がつかないうちにストレスを溜め込んでしまいます。

口うるさく言ってしまうお父さんやお母さんは、「親だから言っていい」「親だから言ってあげなければいけない」という考えを一旦捨てるべきかもしれません。

「親子で行うメンタルトレーニング」と言えば難しく感じるかもしれませんが、特別なことをする必要はありません。

ただお子さんの個性を短所と考えず長所と考え、どんどん伸ばしてあげることが大切なのです。

親の理解が子どもの夢を叶える

活発で体を動かすことは大好きだけど、授業時間になれば落ち着きがなく、勉強が苦手な男子生徒がいました。

そこでお母さんは、このままではいけないと考え、塾や習字、そろばん教室に通わせようと考えました。

ところが、友達と外で思いっきり野球やサッカーをして体を動かしたいのに、静かに座らされて、したくもない勉強をしなければならない、その男子生徒にとってはかなりのストレスです。

落ち着きがない子というのは、言いかえればエネルギーがあり余ってどうしようもないのです。

それだったら思いっきり好きなスポーツを習わせて、あり余っているエネルギーを発散させた方が男子生徒の持つ個性は伸びると思いませんか?

 

子供達は自分の持つ個性が伸び、自分に自信がつけば、自己肯定感の核ができ、何事にも意欲的に挑戦することができるようになるものです。

もちろん好きなことだけをやらせてあげるということが、個性を伸ばすということではありません。 「学校の宿題など、やるべきことはきちんとする」「先生の話はきちんと聞く」など、きちんと約束を交わすことが大切です。

 

2017年1月13日ペアレーチング

Posted by kids-athlete