スポーツをする子供のメンタル強化|親が守るべき7つのルール

2016年2月15日ペアレーチング

スポーツをする子ども達

皆さんはスポーツをする子供達がメンタル面を強化したり、競技能力を上達させるのに大切な事は何だと思いますか?

「負けたくないという気持ち」

「試練を乗り越える強いメンタル」

「夢を諦めない心」

など、どれをとっても、なくてはならないものだと思います。

 

私は中学の部活動やスポーツ少年団などの現場で様々な子供達へメンタル指導を行っていますが、子供のメンタル強化には、良くも悪くもお父さんやお母さんの影響はとても大きなものなのです。

親の応援が子供を強くさせることもあれば、親が正しいと思ってした行動が子供達にとっては負担となり、メンタルを乱してしまうこともあります。

今回は、 「スポーツをする子供のメンタル強化|親が守るべき7つのルール」についてを考えていきたいと思います。

ルール1.試合中はマナーを守ってメンタル強化

応援席

まず最初に考えていただきたいのが「試合会場での応援」についてです。

試合会場でお母さんやお父さんがチームTシャツを着て、子供達を応援する姿が今では多く見られるようになりました。

それぞれのチームにカラーがあるように、応援する保護者の方にもカラーがあるように感じます。

どんな点数差で負けていても、選手がファインプレーをすれば大歓声で応援するチームは見ていて実に気持ちが良いものです。

逆に、自チームに対して「馬鹿!下手くそ」「あ~!もぅ!何をしてんだよ!」などと、野次を飛ばす保護者の方がいますが、見ていて気持ちの良いものではありません。

お子さんを応援する気持ちは、どの親も同じはずなのに、親が積極的に関わるようになってから、このような問題が大きくなってきているようです。

大人がスポーツをする意義を見失ってしまえば、子供達に過度なプレッシャーをかけてしまったり、本来の楽しみを奪ってしまうこともあります

熱が入り過ぎるお気持ちも分かりますが、試合中の声かけ・マナーには十分に注意が必要です。

 

POINT 試合会場で守りたいルール

・野次を飛ばさない

・試合中に応援席から子供に指示を出さない

・勝敗だけでなく子供のプレーを褒めてあげる

・座る場所など会場のルールに従う

ルール2.スポーツ指導はコーチに任せる

サッカーをする少年たち

子供達が思いきりスポーツを楽しめるのは、親の理解があってのことだし、子供達はスポーツができる環境を作ってくれている周りの大人たちに「感謝の気持ち」を忘れてはいけません。

ただ、環境を作ってあげているのは周りの大人でも、実際にプレーをしているのは子供達です。

そのことをお父さんやお母さんも忘れてはいけません。

親が指導者の文句を言ったり、応援マナーが悪ければ、お子さんはそのうち、好きでしていたはずのスポーツが嫌いになってしまうかもしれません。

さらに親があれこれプレーに指示を出していたら、子供達はコーチと親のどちらの言うことを聞いたらいいのかが分からなくなってしまいます。

指導技術はコーチがするべきことであって、親がすることではありません。

むしろ、親がコーチの指導方法に批判的なことを言えば、子供達は自分のコーチは大したことないのだと馬鹿にしだしてしまいます。

そうなれば次第に練習に集中できなくなり、真面目に練習を続けている子供達との差が開き、やる気を低下させてしまう原因にもなってしまうでしょう。

子供のメンタル強化には、こうしたお父さんやお母さんの関わり方が大きく影響されると考えられています。

自分が親として何がしたいかよりも、何をすべきなのか、何をしたらいけないのかの再認識が必要だと言えるでしょう。

ルール3.自分と向き合う強さを教える

空手

所属するクラブチームや部活動によっては、子供達へ厳しく指導されるチームも少なくありません。

スポーツの世界は、幼稚園の運動会やお遊戯会のように「みんなが主役」と言うわけにもいかず、そこではレギュラー争いや競技能力の伸び悩みなど、親の期待通りにはいかないこともあるでしょう。

そんな時に、「試合に出られないのはあなたのせいじゃないわよ。コーチが無能なのよ」などと指導者への不満を子供へ言ったり、「今日は○○君のミスがあったら、あなたまで調子が悪くなってしまったわね!」など失敗を他の子のせいにしたりする過保護なお母さんがいます。

しかしせっかくスポーツを習っているのですから、しっかりと自分を向き合う強さを身につけ、自分がするべき努力はなんなのか、今の自分に足りないものは何なのかを考えさせる経験をさせてあげましょう。

親が過保護にして子供が傷つかないようにとすることは簡単ですが、それではせっかく成長するために与えられた「試練」を親が勝手に排除しているだけなのです。

例えば、いつまでも運動靴の紐を親が結んであげていたら、子供はずっと結べないまま成長していき、いずれみんなの前で大きな恥をかくことになります。

それと同じで、試練を乗り越える権利を親から奪われて育ってきた子供は、スポーツの世界でも、社会に出てからも「試練」を乗り越えることができない大人になってしまうかもしれません。

子供が可愛くて大切なのはどの親も同じです。その中で子供とどのような距離を保って、どのように接していくのかが、子供のメンタル強化に大きな影響を与えるといっていいでしょう。

合わせて読みたい




不満・悩み・辛さを乗り越えた先にあるも

これはある子供のお話です。

その子のミニバスケットボール時代は、指導者からの度重なる威圧的な指導のせいで、自分らしいプレーができず「悩み」「迷い」だらけのミニバスケットボール人生でした。

実力は十分にあるのに失敗を恐れて挑戦ができない、コーチが怖くて自分の意見を言えない。好きでしているはずのバスケが嫌になり、真剣にバスケをやめようと考えたこともあったそうです。

しかし、その指導者のおかげで彼は中学進学前に大切なことに気づいたと言います。

バスケは誰かにやらされて上達するものでもないし、自分が心から楽しんでいなければ意味がないと。

それに気付けたのは彼が真剣に悩み、真剣に取り組んできた結果だと思います。

彼が所属していたミニバスケットボールクラブのほとんどの選手は、チームとも深く関わりのある外部コーチが指導している中学校へ進学しましたが、彼はミニバスの時と同じようなバスケはしたくないと1人地元の学校へ進学しました。

そしてその2年後、彼は県代表として4番を背負って「ジュニアオールスター」に出場することができました。

彼は「ミニバス時代が一番辛かった時期でもあったけど、あの時の自分がいなければここまで頑張れなかったから、結果的に良かった。ミニバスのコーチにはたくさんのことを教えていただいたし、今となってはとても感謝しています。」と話してくれました。

こうして考えると「何が良くて、何が悪い」というのは、自分の思考や行動次第ということが改めてよく分かります。

もしも彼が、環境や指導者に不満を抱くことでしかバスケと向き合うことができなかったら、このような結果を残すことは難しかったのかもしれません。

 

2016年2月15日ペアレーチング

Posted by kids-athlete