スポーツをする子供のメンタル強化と親が守るべき7つのルール

2016年2月15日ペアレーチング

スポーツをする子ども達

こんにちは、メンタルトレーナーの葉月です。

私がメンタルトレーナーとしてスポーツの現場に携るようになって、たくさんの子供達と触れ合ってきましたが、そこで感じたことは、メンタルトレーニングは教科書通りにいかないということです。

特に子供のメンタル強化には、良くも悪くも親の影響はとても大きなもので、親の応援や愛情が子供達のパワーとなる場合もありますし、親の言動が子供達のメンタルを乱してしまうこともあります。

しかも、親がその過ちに気づかされるのは、すでに子供のメンタルがボロボロになった後だというケースも多く、中には「イップス」や「燃え尽き症候群」になってスポーツをやめてしまう子供もいます。

そこで今回は、子供のメンタル強化に対して、親はどのように関わっていくべきなのか、という点について考えていきたいと思います。

子供の挫折と親の関わり方

ソフトボールをする少女

子供達は「失敗と成功」「挫折と奮起」の繰り返しで心(メンタル)を強くして成長していきます。

どんなに素晴らしい選手でも「失敗と挫折」を味わっていない選手はいません。

もちろん親として、子供が失敗をする姿や、挫折を味わって苦しんでいる姿は、できれば見たくないというのが本音だと思います。

しかし、子供がレギュラーになれないからと指導者の悪口を言ったり、お子さんを責めることは絶対にするべきではありませんし、親が先回りしてお子さんの手助けをしてあげることもやめておくべきです。

たとえば、いつまでも運動靴の紐を親が結んであげていたら、子供はずっと結べないまま成長していき、いずれみんなの前で大きな恥をかくことになります。

それと同じで、試練を乗り越える権利を親から奪われて育ってきた子供は、スポーツの世界でも、社会に出てからも「試練」を乗り越えることができない大人になってしまうかもしれません。

子供達が自分自身でメンタルを整えて、前へ進んで行けるように見守ることもペアレーチングのひとつなのです。




不平不満を控える

空手

スポーツの世界は、幼稚園の運動会やお遊戯会のように「みんなが主役」というわけにもいかず、そこではレギュラー争いや競技能力の伸び悩みなど、親の期待通りにはいかないことも多くあります。

そんな時に「あんなコーチじゃ上達する子も上達しないわ!」「どうしてコーチはあの子ばっかりに指導するの!?」「あなたの方が上手なのに、どうして試合に出さないのかしら!」などと指導者への不満を親が言ったり、「今日は○○君のミスがあったら、あなたまで調子が悪くなってしまったわね!」「もっと◯◯君がしっかりしてくれれば」など、子供の失敗を他の子のせいにしたりするお母さんがいらっしゃいます。

そのほうが簡単に子供のプライドを守れるし、自分の失敗を自分の中でなかったことにできるため気持ちが楽になりますが、それではせっかく成長するために与えられた「試練」を親が勝手に排除しているだけです。

そのうえ、親が不平不満ばかりを言うご家庭で育った子供は、必ずと言っていいほど不平不満ばかりを抱いて、競技能力の向上を妨げています。

子供が可愛くて大切なのはどの親も同じです。その中で子供とどのような距離を保って、どのように接していくのかが、子供のメンタル強化に大きな影響を与えるといっていいでしょう。

不満・悩み・辛さを乗り越えた先にあるもの

これは、私が子供達のメンタルケアに携るようになって、1年目に出会った少年のお話です。

その少年が小学生の頃は、指導者からの度重なる威圧的な指導のせいで、自分らしいプレーができず「悩み」「迷い」だらけのミニバスケットボール人生でした。

実力は十分にあるのに失敗を恐れて挑戦ができない、コーチが怖くて自分の意見を言えない。好きでしているはずのバスケが嫌になり、真剣にバスケをやめようと考えたこともあったそうです。

しかし、その指導者のおかげで彼は中学進学前に大切なことに気づいたと言います。

バスケは誰かにやらされて上達するものでもないし、自分が心から楽しんでいなければ意味がないと。

それに気付けたのは彼が真剣に悩み、真剣に取り組んできた結果だと思います。

彼が所属していたミニバスケットボールクラブのほとんどの選手は、チームとも深く関わりのある外部コーチが指導している中学校へ進学しましたが、彼はミニバスの時と同じようなバスケはしたくないと1人地元の学校へ進学しました。

そしてその2年後、彼は県代表として4番を背負って「ジュニアオールスター」に出場することができました。

彼は「ミニバス時代が一番辛かった時期でもあったけど、あの時の自分がいなければここまで頑張れなかったから、結果的に良かった。ミニバスのコーチにはたくさんのことを教えていただいたと思っていますし、そして何より、母が辛抱強く僕を支えてくれたことに感謝です。」と話してくれました。

こうして考えると「何が良くて、何が悪い」というのは、自分の思考や行動次第ということが改めてよく分かります。

もしも彼が、環境や指導者に不満を抱くことでしかバスケと向き合うことができなかったら、このような結果を残すことは難しかったでしょう。

スポーツ指導はコーチに任せる

サッカーをする少年たち

子供達が思いきりスポーツを楽しめるのは、親の理解があってのことだし、子供達はスポーツができる環境を作ってくれている周りの大人たちに「感謝の気持ち」を忘れてはいけません。

ただ、環境を作ってあげているのは周りの大人でも、実際にプレーをしているのは子供達です。

そのことをお父さんやお母さんも忘れてはいけません。

親が指導者の文句を言ったり、応援マナーが悪ければ、お子さんはそのうち、好きでしていたはずのスポーツが嫌いになってしまうかもしれません。

さらに親があれこれプレーに指示を出していたら、子供達はコーチと親のどちらの言うことを聞いたらいいのかが分からなくなってしまいます。

指導技術はコーチがするべきことであって、親がすることではありません。

むしろ、親がコーチの指導方法に批判的なことを言えば、子供達は自分のコーチは大したことないのだと馬鹿にしだしてしまいます。

そうなれば次第に練習に集中できなくなり、真面目に練習を続けている子供達との差が開き、やる気を低下させてしまう原因にもなってしまうでしょう。

子供のメンタル強化には、こうしたお父さんやお母さんの関わり方が大きく影響されると考えられています。

自分が親として何がしたいかよりも、何をすべきなのか、何をしたらいけないのかの再認識が必要だと言えるでしょう。

 

2016年2月15日ペアレーチング

Posted by kids-athlete