ペアレーチング

スポーツをしている子供達が掲げる目標には、「チーム目標」と「個人目標」の二つがあります。

チーム目標には、県大会優勝、全国大会出場などがあげられ、個人目標には、新しいことに挑戦するための課題や、自分のポジション、レギュラーになることなどがあげられます。

個人競技にはなく ...

スポーツ少年団

バスケットボールをするスポーツ少年団の子ども達

スポーツ少年団に入部することで、丈夫な体や仲間との絆など得ることも多い反面、役員決めや毎月のお当番や車出しなど親の負担も多くあります。

今回はあるママさんからご相談いただきました「スポ少と親の負担|配車やお当番はしなきゃいけないの?」について考えていきたいと思います。

スポ少 ...

スポーツ少年団

スポーツ少年団では、サッカーや野球、バスケットボール、バレーボールなどたくさんの競技が登録されており、今や子供達にとってスポーツは身近なものとなりました。

子供達が団体競技を続けていく中で、レギュラー争いや子供同士の揉め事などはよくある話だし、それも成長のひとつかなとも思います。

スポーツ少年団

スポーツ少年団の子ども達

子どもの「心」と「身体」の成長のためにと、サッカーや野球、バスケットボールなどのスポーツを始める子が年々増加していますが、それを上回って問題となっているのが、「ママ友同士のトラブル」です。

子ども達は問題なくスポーツを楽しめているけれど「もう疲れてしまった・・・」と言うお母さんや、 ...

メンタル強化

1つの事に対して真剣に取り組んでいれば、「努力しても結果が出せない」「今までできたことができなくなった」など、一時的なスランプは誰にでも訪れてくるものです。

夢に向かって1つ1つ目標をクリアして、自分の成長を感じられている時期は、何をしても上手くいくし、試合がしたくてウズウズするこ ...

スポーツ能力UP

今朝コンビニへ寄った際、ランドセルを背負った小学3年生くらいの男の子とお母さんらしき女性がコンビニから出てきました。

感じからして親子だと思うのですが、子供の手にはあんぱん、そしてお母さんの手にはエナジードリンクの「レッドブル」が・・・。

私はまさか・・・と思いながらそ ...

スポーツ少年団

スポーツをする子供達が成長していく中で「何が大切か」「何を大切にしないといけないか」というのは、人それぞれに様々な考えがあると思います。

「勝つことの喜び」「諦めない強さを得る」「仲間との信頼関係」などスポーツをする中で子供の成長にプラスになることはたくさんあります。

...

スポーツ障害

バスケットボール、サッカー、バレーボール、マラソンのように、ジャンプなどで足底に衝撃が加わるスポーツをしている場合、「スポーツ貧血」になりやすいと言われています。

スポーツ選手が、貧血になるということは、体調を悪くするだけでなく、集中力・判断力の低下にもつながり、パフォーマンスにも ...

コーチング

指導者の方にとっては耳が痛いお話しですが、選手がコーチのことを「指導能力に欠けているコーチ」 「このコーチだから勝てない」など、選手とコーチとの信頼関係が築けていないケースは少なくないようです。

しかし、選手である子ども達よりもチーム全体をバランスよく客観的に観察し、競技に対する知 ...

スポーツ障害

有痛性分裂膝蓋骨とは、成長期の男子に多くみられ、何らかの原因により分裂した膝蓋骨に痛みを引き起こし、歩行やスポーツ活動に障害をきたす疾患です。

膝蓋骨は通常ひとつの状態ですが、生まれつき2つ以上に分裂しているケースもあり、それを「分裂膝蓋骨」と呼びます。そして痛みを伴わないものを「 ...

スポーツ能力UP

自分の身の回りに存在する物の「距離感」「大きさ」「スピード」についてすばやく正確に把握し、認識する能力のことを「空間認識能力」と言い、スポーツ選手には欠かせない能力のひとつです。

バスケットボールで例えると、シュートを入れることや、パスをキャッチする、相手のスピードや距離感に合わせ ...

スポーツ能力UP

スポーツをするうえで、身長が高いということは、それだけで有利になる場面が多くあります。体を大きくすることでパワーもつきますし、特にバスケットボールやバレーボールなど身長を要する競技だと、それだけで指導者から戦力として扱われる対象になります。

そのため、スポーツをしている子ども達が「 ...

スポーツ障害

腰椎分離症とは、脊椎が切れることによって発生する腰の疾患です。

まだ骨が比較的弱い成長過程時期の小学校高学年から高校生にかけて、激しいスポーツをしている子どもにみられる一種の疲労骨折とも言われています。

腰椎の骨の一部に損傷が生じ、上下の連絡が断たれた状態で、特に負担の ...

スポーツ障害

「怪我のためにしばらくスポーツを休まなければいけない・・・」それは、スポーツをしていれば、誰に起きてもおかしくないことです。

もちろん、体のケアをしっかり行い、怪我の予防を心がけることはとても大切なことだし、絶対にいい加減にしてはいけません。しかし、食事やクールダウンなどでいくら体 ...