子供が集中力を高めて「勝てる心」をつくる5つの方法

2015年12月13日メンタル強化

サッカーの練習をするスポーツ少年団の子ども

試合中によく見かける場面の一つに、指導者が子供達へ「おい!集中しろ!」、親が子供達へ「集中!集中して!」と叫んでいる姿があります。

この光景を見るといつも思うのですが、「集中しろ」と言われてすぐに集中できるのなら子供達だって最初からしていますよね。

ただ、子供達にとって「集中しろ!」と言われる事は「目の前にあるリンゴの皮を念力でむけ!」と言われる事と同じくらい、実際の行動に移しにくいものなのです。

子供達が集中できていないのには理由があり、まずはその根本的な原因となるものを取り除く必要があります。

しかし、その原因を本人も理解していないことが多いため、苦戦してしまうというわけです。

今回はメンタルトレーニングを活用した 子供が集中力を高めて勝てる心をつくる5つの方法」についてお伝えしたと思います。




目標や課題をたてる

野球をする少年達

子供が集中力を高めて「勝てる心」をつくる1つ目の方法は「目標や課題をたてる」ということです。

勉強にしてもスポーツにしても、漠然と何かに取り組んでいる場合と、「今日はこれを達成する」と目標や課題を意識して行動する場合とでは、集中力に大きな差が生まれてしまいます。

たとえば「英単語を10回ずつ書く」という宿題を出されたとしましょう。

A君は、ただ単に宿題を終わらせるだけでなく、「単語を覚える」という目標を持って宿題に取り組みました。B君は、とりあえず書けば宿題が終わるんだと、何も意識せず単語をひたすら書きました。A君とB君、どっちの子がより集中していたかは、言うまでもないでしょう。

練習中や試合中でも同じです。

試合中にコーチから「集中しろ!」と言われている子供達は、好きで集中していないわけではないのです。

ただ、課題や目標を設定して試合に取り組む子と漠然と試合に取り組む子とでは、集中力に大きな差が生まれて当然だということです。




目標や課題は今日から取り組むこと

何か目標を立てたら「明日から始める」や「次の試合から始める」ではなく、「今日から始める」ということが大切です。

もちろん内容にもよりますが、今から始められることを「明日から始める」ということは、その目標や課題に少なからずハードルの高さを感じている証拠です。

人が何か新しいことをしようとするときに、この第一歩を今からするのか、明日からするのか、次の試合からするのかはとても重要なことです。

目標や課題を決めるだけで何かやり遂げた気になっても、良い結果はついてきません。

とにかく最初に一歩を踏み出すことが大切なのです。

今を大切にできること

子供が集中力を高めて「勝てる心」をつくる2つ目の方法は「今を大切にする」ということです。

スポーツ少年団でも、中学や高校の部活動でも、必ず「最後の大会」がいずれ訪れます。

それまでの過程の中で、子供達がどれだけ「今」を大切にすることができるかは、結果にも大きな影響を与えるでしょう。

最終目標まで「後1年もある」と「後1年しかない」と考えるのとでは、同じ1年でも子供達のやる気や集中力には大きな差が生まれます。

つまり、「後1年しかないんだ」と考え、日々の練習や、1つ1つの試合を真剣に取り組む子と、「まだ1年もあるから僕だってそのうち上達するだろう」と今を大切にできていない子とでは、本人たちの意識に大きく影響するのです。

そして、その意識の低さが集中力の低下につながるというわけです。お父さんやお母さんは、子供が「今」を大切にできる家庭環境づくりや言葉かけをしてあげるようにしましょう。

子供の自尊心を育てる

子供が集中力を高めて「勝てる心」をつくる3つ目の方法は「子供の自尊心を育てる」ということです。

子供達の集中力を妨げるものにはいくつかの原因があります。

その中でも最も厄介なのが、他人の目を気にすることによって妨げられる集中力です。

「失敗したらみっともないから無難なことしかできない、その結果、チームに何の貢献もできなかった。」そんな気持ちで試合に挑むくらいなら、いっそ試合は出ないほうがいいでしょう。

自分にとって何の意味もない試合となりますし、何よりチームに迷惑です。

試合とは普段の練習の成果を発揮する場所でもあり、挑戦する場所でもあります。それが試合に出る選手の責任なのです。

とはいえ、子供達がそうなってしまうのには、大人達が普段かける言葉が大きく影響していることがあります。

子供達が普段している努力を認めず、結果ばかりを評価する大人達、子供の自尊心を削るような言葉かけをしている大人達が、そのような状態をつくってしまっているのです。

改善点ばかりを指摘しない

スポーツ指導をしてると、どうしても選手の改善点ばかりが目について「なんだそのフォームは」「誰がそんなことをしろと言ったか」「そんな体力じゃ話にならん」など、その選手の悪いところばかりを指摘しまうことがあると思います。

挙句の果てには「何度言ったら分かるのか?お前はバカなのか?小学校からやり直せ!!」とその選手の人格まで否定する指導者もいます。

もちろん悪い部分を改善していくことも、チームを強くするためには必要なことですが、欠点の指摘ばかりが続けば、選手は成長していくどころか、自己肯定感はどんどん削られて確実にプレーが消極的になっていきます。

だからと言って、無理やり褒める必要もないし、無理やり褒めたところで子供達も自分の状態をよく把握しているので逆効果になってしまいます。

ここで大切なのは、選手が分からないことを分からないと素直に言えて、選手自らが指導者から学ぼうとする姿勢や環境を作りあげてあげることです。

指導者や親が「分からない=無能」という声かけや態度をしてしまえば、選手は「分かりません」を言えないまま分かったフリをしてその場をやり過ごす、その結果「何度言えば分かるんだ!」と指導者をイライラさせてしまい、選手はさらに萎縮して自信を失くす・・・と言った悪循環を引き起こしてしまいます。

指導者や親は、まずは選手である子供の現状をしっかり受け止めてあげることが大切です。

2015年12月13日メンタル強化

Posted by kids-athlete