試合中に集中力を高めて「勝てる心」をつくる5つの方法

2015年12月13日メンタル強化

サッカーの練習をするスポーツ少年団の子ども

試合中によく見る光景の一つに、指導者が子供達へ「おい!集中しろ!」、親が子供達へ「集中!集中して!」と叫んでいる姿を見ますが、集中しろと言われてすぐに集中できるのなら子供達だって最初からしています。

では何故集中できないのか・・・。

それは子供達にとって「集中しろ!」と言われる事は「目の前にあるリンゴの皮を念力でむけ!」と言われる事と同じくらい、実際の行動に移しにくいものなのです。

ではどうすればいいのか・・・。

子供達が集中できていないのには理由があり、まずはその原因となるものを取り除く必要があります。

しかし、その原因というのは、本人も理解していないことが多いため、苦戦してしまうというわけです。

今回は、「子供の集中力を高めて勝てる心をつくる5つの方法」についてお伝えしたと思います。

目標や課題をたてる

野球をする少年達

子供が集中力を高めて「勝てる心」をつくる1つ目の方法は「目標や課題をたてる」ということです。

勉強にしてもスポーツにしても、漠然と何かに取り組んでいる場合と、「今日はこれを達成する」と目標や課題を意識して行動する場合とでは、集中力に大きな差が生まれてしまいます。

たとえば「英単語を10回ずつ書く」という宿題を出されたとしましょう。

A君は、ただ単に宿題を終わらせるだけでなく、「単語を覚える」という目標を持って宿題に取り組みました。B君は、とりあえず書けば宿題が終わるんだと、何も意識せず単語をひたすら書きました。A君とB君、どっちの子がより集中していたかは、言うまでもないでしょう。

練習中や試合中でも同じです。

試合中にコーチから「集中しろ!」と言われている子供達は、好きで集中していないわけではないのです。

ただ、課題や目標を設定して試合に取り組む子と漠然と試合に取り組む子とでは、集中力に大きな差が生まれて当然だということです。

合わせて読みたい

今を大切にできること

子供が集中力を高めて「勝てる心」をつくる2つ目の方法は「今を大切にする」ということです。

スポーツ少年団でも、中学や高校の部活動でも、必ず「最後の大会」がいずれ訪れます。

それまでの過程の中で、子供達がどれだけ「今」を大切にすることができるかは、結果にも大きな影響を与えるでしょう。

最終目標まで「後1年もある」と「後1年しかない」と考えるのとでは、同じ1年でも子供達のやる気や集中力には大きな差が生まれます。

つまり、「後1年しかないんだ」と考え、日々の練習や、1つ1つの試合を真剣に取り組む子と、「まだ1年もあるから僕だってそのうち上達するだろう」と今を大切にできていない子とでは、本人たちの意識に大きく影響するのです。

そして、その意識の低さが集中力の低下につながるというわけです。お父さんやお母さんは、子供が「今」を大切にできる家庭環境づくりや言葉かけをしてあげるようにしましょう。



子供の自尊心を育てる

子供が集中力を高めて「勝てる心」をつくる3つ目の方法は「子供の自尊心を育てる」ということです。

子供達の集中力を妨げるものにはいくつかの原因があります。

その中でも最も厄介なのが、他人の目を気にすることによて妨げられる集中力です。

「失敗したらみっともないから無難なことしかできない、その結果、チームに何の貢献もできなかった。」そんな気持ちで試合に挑むくらいなら、いっそ試合は出ないほうがいいでしょう。

自分にとって何の意味もない試合となりますし、何よりチームに迷惑です。

試合とは普段の練習の成果を発揮する場所でもあり、挑戦する場所でもあります。それが試合に出る選手の責任なのです。

とはいえ、子供達がそうなってしまうのには、大人達が普段かける言葉が大きく影響していることがあります。

子供達が普段している努力を認めず、結果ばかりを評価する大人達、子供の自尊心を削るような言葉かけをしている大人達が、そのような状態をつくってしまっているのです。

合わせて読みたい

ハーフタイムの過ごし方

スポーツをする子ども達

子供が集中力を高めて「勝てる心」をつくる4つ目の方法は「ハーフタイムの過ごし方」です。

バスケットボールは4Qで成り立ち、2Q目が終了して3Q目が始まるまでにハーフタイムが与えられます。そのハーフタイム中で、子供達に意識してもらいたい点が2つあります。

ハーフタイムの過ごし方が「吉」と出るか「凶」と出るかは子ども次第です。

いい流れの時はそのままの状態をキープする必要があるし、悪い流れやミスなどは引きずらずにリセットする必要があります。

前半の流れがよかったケースでは、座って休憩したり、寝転んだりしないことをお勧めします。

ハーフタイム中は、水分補給をしたり、ストレッチをしたりして軽く体を動かしているくらいが丁度いいでしょう。

全ての動きを止めてしまえば、次の立ち上がりまでに時間を要し、流れが変わってしまう恐れがあります。

逆に前半の流れが悪かったケースでは、初めからを意識できる「ルーティン」を取り入れるて気持ちをリセットしたり、肩を回してストレッチしたり、深呼吸をして心と体を整えましょう。



十分な睡眠をとる

子供が集中力を高めて「勝てる心」をつくる5つ目の方法は「十分な睡眠をとる」ということです。

普段からしっかり睡眠がとれていれば、たとえ集中力が低下してきても、脳がそれを補おうとして集中力を復活させてくれます。

ところが、睡眠が不足している状態だと、集中力を回復することが難しくなるのです。

また、睡眠が十分に足りていなければ、セロトニンと呼ばれるホルモンの分泌量が減少してしまいます。

このセロトニンが不足してしまうと、イライラしやすかったり、集中力が低下すると考えられています。

合わせて読みたい

最後に

今回は「子供が集中力を高めて「勝てる心」をつくる5つの方法」についてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

人は目に見えるもの、確信できるものばかりに意識がいってしまいますが、なにか問題が起こる時には、その「原因」とその原因をつくってしまった「きっかけ」があるものです。

子供達がスポーツをするうえで「集中力」は大きな強みとなって、さらに「自尊心」や「自己肯定感」を育むことができるでしょうし、逆に自尊心や自己肯定感が低ければ集中力の妨げになるだけでなく、様々な場面で挑戦する強さを持てなくなってしまうでしょう。

参照記事:自己肯定感を上げて自主性のある選手に育てる4つの法則

2015年12月13日メンタル強化

Posted by kids-athlete