試合中の言葉かけ|指導者の意識次第でチームは必ず強くなる!

2018年11月5日コーチング

バスケットボールをする子供達

こんにちは、メンタルトレーナーの葉月です。

皆さんは「指導者の力量」を試される場面ってどんな時だと思いますか?

もちろん選手達へ競技知識や競技技術を身につけさせることは大切です。それは指導者であるコーチや監督の大切な役割に間違えありません。

ただもっと奥深い話をすれば、選手の潜在能力をいかに引き出し、本番でいかに実力を発揮させられるかということは、それ以上に大切なことではないでしょうか。

しかしそれを、選手自身の問題なんだと諦めてしまっている指導者の方も少なくありません。

選手は、 指導者がかける言葉ひとつで、強くすることも、弱くすることも可能なのです。

結果が残せないチームの原因とは?

人の脳は「快」か「不快」か、大きく分けるとこの2パターンになります。

快は、楽しい・嬉しい・ワクワク・ウキウキなどの感情を持ち、逆に不快は、辛い・悲しい・落ち込み・イライラなどの感情を持ちます。

人の脳はとても働きもので、さっきまで「快」だったのに、ちょっとしたことがきっかけで「不快」になったりと、とても乱れやすい性質を持っています。

たとえば、コーチが選手へ過度なプレッシャーをかけてしまったり、試合中に罵声を浴びさせたり、指導者が不機嫌になって試合放棄をしたり・・・。

このような指導者の言動が選手のメンタルを乱してしいまっているケースも珍しくありません。

その挙句、負けた原因を選手のせいにする指導者の方もおられ、そのような指導では、ある程度の結果は出せても、最大限に成長を成し遂げることはできないでしょう。

素質の良い選手をたくさん揃えているのに、大きな結果が残せないチームは、このようなことが原因かもしれません。

子供のメンタルを弱くする指導者の特徴

私は去年、あるミニバスケットボールチームのコーチから、メンタルトレーニングの依頼を受けました。

私はそのコーチの指導方針をよく存じていたので、思わずため息がもれそうになったことを覚えています。

「葉月さん、うちの子供達は向上心やチャレンジ精神がなくて・・・。一度メンタルをビシッと鍛えにきてくれませんか?心臓に毛を生やしてあげてください。」

私は、その原因が分かっていたので本当に憂鬱でした。

その原因とは・・・

  • 子供に威圧的な態度で指導をする
  • 試合の結果が悪ければ不機嫌になる
  • 特定の選手を決めて暴言などで攻撃する
  • 選手のメンタルを鍛えるためなら手をあげることも仕方ないと思っている
  • 審判のジャッチに文句を言う
  • 選手の体に対する管理能力不足

子供のメンタルトレーニングを行ううえで、指導者や保護者の方がメンタルトレーニングの基本をきちんと理解してくれている場合は、短期間でも少なからず結果として現れる場合がほとんどです。

でも、その原因が指導者にある場合は、結構厄介で、指導者がベテランであればあるほど難航します。

指導者の威圧的な言動は、子供の向上心やチャレンジ精神を低下させるのには十分な材料となりますし、選手をまとめる指導者が審判に文句を言うのはあまり褒められた行動ではありません。

選手までも、結果に対して他人のせいにする癖がついてしまえば、選手の成長もそれまでです。

今回のコーチにも、メンタルトレーニングを行ううえで大切な基本をお伝えすると、「いや、だってですね・・・」「いや、自分だって分かってはいるんですけどね・・・」「そうはおっしゃいますが私だって・・・」とそのようなフレーズばかりでした。

それは、選手の精神的なダメージだけに限りません。痛みを我慢させてまでプレイをさせたりすることも同じことが言えます。

その理由は、健全な精神は健全な体でなければ身につかないからです。目先の結果ばかりに目を向けてしまえば、子供達は将来得ていたはずのものを失いかねないのです。

最終的にはしっかり理解していただき、子供達のメンタルトレーニングを行うことができましたが、スポーツ少年団の現場では決して珍しいケースではなく、まだまだ考えるべき点は多くありそうです。

試合前のメンタルケア

バスケットボールの試合会場

試合前に選手へかける言葉はとても大切ですし、試合前から選手の脳を不快な状態にするのは避けたいところです。

では、どのような言葉が選手の脳を不快にするか考えていきたいと思います。

まず、試合結果に直結するような言葉かけはふさわしくありません。

例えば「今回こそ負けられないぞ!今まで頑張ってきた意味がない。とにかく全力を尽くせ!」これは本当に最悪な言葉かけです。

指導者が過去の負けや失敗を引きずって、「負けてはならない」と否定の言葉を使うことで、選手の脳には負けている自分たちを無意識にイメージさせてしまっています。

また、試合結果に影響するものはたくさんありますし、自分の力だけでコントロールできるものではありません。

今日の試合で勝つかどうかは「今日の試合で勝つに相応しいプレイをしたチームが勝つ」ただそれだけなのです。

ただし、「全力を尽くせ」のフレーズは前に向いている言葉なので「それぞれがするべきことをして全力を尽くそう」などと声をかけてあげると、選手の脳を「快」にして前へ進ませてあげることができるでしょう。

それに、指導者が試合にワクワクしている場合、それは選手へ連鎖し、本番でプラスに作用します。

「とにかく今日は試合を楽しもう!」「自分たちの力を思う存分に発揮しよう!」と試合前のミーティングで指導者が笑顔を見せれば、極度に緊張している選手にとっては緊張を和らげてくれる材料にもなります。

選手がミスをした時のメンタルケア

バスケットボールの試合

選手のメンタルが最も乱れる時は、「ミスをしてしまった時」「指導者に怒られた時」「ピンチになった時」だと思います。

そして選手がミスをした時に見かける光景が、指導者が怒鳴ったり、浮かない顔をする光景です。

先日の試合会場では、相手チームの指導者がパスミスをした選手に対して「何やってんだよ〜!?」「おい!無視か!?何をやっているのか聞いてんだよ!お前は言葉も話せないのか!?」と怒鳴っていました。

それは実に残念な光景でした。

私は選手と指導者にはそれぞれの役割があると思っています。

選手はコートやグランドで誠心誠意試合へ挑むことが大切な役割ですし、指導者はその選手への技術指導が大切な役割です。

しかしこちらの指導者の方は、自分の怒りや感情を無意味な言葉で吐き出してるに過ぎません。

それに対して、パスミスをした選手は、再びコートで自分の役割を果たそうと体を動かしていたのですから、そちらの方が真っ当です。

何より、試合中のミスに対して1番落ち込んでいるのは選手本人ですし、選手のミスを責めたところで、ミスがなかったことになるわけでもありません。

むしろ選手のメンタルを乱し、試合はさらに悪い状態となってしまいます。

もしも選手が間違った動きをしてしまっているのなら、そこは冷静に指導をするべきだし、ミスをした場合は、「今から何をするべきなのか」をシンプルに伝えてあげることではないでしょうか。

アンフェアだと感じた時の対処法

判定に文句を言うコーチ

試合は一人でするものではありません。戦う相手チームがいて、試合をジャッチする審判がいます。

相手チームの中にはフェアプレーをしない選手がいたり、公正なジャッチをしてくれない審判に当たることもあるでしょう。

しかしその環境を変えることは難しいのが現実です。

審判のジャッチに不満を持った選手が不機嫌にプレイをしている光景を見たことがありますが、実にもったいない話です。

この時、選手の脳は間違いなく「不快」になっているわけで、そのきっかは審判のジャッチでも、不快スイッチが入ってしまった原因は「誰も分かってくれない」と自分を受け止めてくれないことに対するものだと考えられます。

例えばこの時に指導者が「今日の審判は確かに納得いかない部分があるよな。俺だってお前と同じ気持ちだ。でもどうやっても審判は変えられないよな?だからやっぱり自分達にできることを頑張るしかないんだ。」と選手の気持ちを受け止めてあげることで、選手は落ち着くことができるでしょう。

このように選手は、今の環境に「分かってくれる人がいる」と思えば安心してプレイができ、メンタルを乱すことなく試合へ集中することができるでしょう。

最後に

今回は指導者の言葉かけについてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

子供達のメンタルを強くするために、根性論で鍛えたおすという時代はもう終わりました。

そのような方法で一時的に結果を残すことができても、選手である子供達が失うものはたくさんあるのです。

子供やチームを強くしてあげたい思いは、どの指導者の方も同じなはずです。

スポーツ少年団やクラブチーム、学校の部活動でも、大人達が意識を変えることで子供達の可能性はもっと大きなものになるのではないでしょうか。

2018年11月5日コーチング

Posted by kids-athlete