試合で勝てる選手は「実行脳」が人並み以上に優れていた!

2015年12月15日メンタル強化

バスケットボールの試合をする選手たち

私たちの体は、脳から指令を受けることで筋肉を働かすことができ、体を動かすことができます。つまり、スポーツは体だけで動いているよう見えて、実は脳の働きが重要だということです。

バスケットボールのフリースローでは、ボールを構えた手や腕の筋肉はもちろんのこと、全身の筋肉を使います。そして指先から足先までのすべての筋肉をタイミングよく動かすのは脳の指令です。

いくらフリースローの達人でも、脳が不安やプレッシャーを感じれば、無意識のうちに筋肉が強張り余分な力が入って、筋肉のバランスを崩し、シュート率は100%でなくなります。

試合中に「もう無理だ、勝てっこない」と考えてまうのも、スランプ時に「逃げ出したい」と考えてしまうのも、脳の働きであり、逆に「よし!まだやれる!」と意欲を湧かせるのも脳の働きによるものです。

スポーツは体を鍛えることも大切ですが、その体へ指令を出す「脳」によって勝敗が左右されると言っても過言ではありません。

意欲に関わる「感情脳」

感情とは自分でコントロールすることが難しく、スポーツするうえで非常に厄介なものです。

達成感を得て意欲を湧かせるのも、やる気を保つのも感情脳の働きですが、逆に練習を辛いと感じたり、仲間や指導者に感じる不満、強豪チームを目の前に「勝ってこない」と気弱になるなど、マイナスの感情もここで生まれます。

そして生まれた感情は大小に関わらず、すぐさま脳に伝達されます。

その結果、ホルモンが血液中に分泌され、たちまち全身に影響してしまうのです。

学生時代に体育の授業でハードル走をした経験はないですか?ハードルを飛び越えようとする際に「怖い」と一瞬思っただけで、体がすくみ、飛ぶタイミングがずれ、全身のバランスを崩し転んでしまいます。

これは「ストレスホルモン」の仕業です。

逆にワクワク感などのプラスの感情がある時は、悪いストレスがないため思い通りに体を動かせ、頭も冴えています。

つまり、スポーツをするうえで、感情脳のコントロールはとても重要だということです。

参照記事:

「実行脳」で判断し行動をとらせる

バスケットボールの試合でパスを受け取った選手は、受け取ったボールをどのようにさばくかを分析、判断し行動します。

練習で繰り返した自分の役割・配置、他の選手の役割・配置を瞬時に思いだしてプレーをするのが実行脳の働きです。

技術能力が高いという人はこの「実行脳」が人並み以上に優れているということになります。

実行脳は左右の真ん中に1本の溝があり、イメージを処理する右脳と分析や判断をする左脳に分かれています。

実行脳を使った繰り返しの練習で神経伝達スピードは増し、より正確になっていくのが人の脳ですが、実行脳は感情脳の影響を受けやすいともされています。

つまり、実行脳は鍛えることもできる反面、極度のプレッシャーやマイナスの感情が実行脳を弱くさせてしまうということです。

参照記事:

2015年12月15日メンタル強化

Posted by kids-athlete