2016年2月16日コーチング

お母さんが子供に、コーチが選手に、教師が生徒に、上司が部下に、相手のこと思って言葉を伝えても、自分の思いが相手へ上手く伝わらないってこと、誰にでも経験があると思います。

「あなたの将来のために言っているのよ!志望校に合格したかったら、もっと真面目に取り組みなさい。」

「 ...

2018年1月22日コーチング

スポーツをする子供達が「折れない心」「諦めない心」を持つことは、その選手にとっても、チームにとっても大きな強みとなります。

そのため近年では、プロの世界に限らず、スポーツ少年団や学校の部活動でも「メンタルトレーニング」が活用されるようになりました。

メンタルトレーニング ...

2015年12月11日ペアレーチング

お子さんが緊張している時、お父さんやお母さんはどんな声掛けをしていますか?

「緊張すると動きが固まるからリラックスして」
「緊張しないで頑張って!」
「緊張していない?大丈夫?集中して!」

など、緊張を否定するような言葉かけをしていませんか?子どもの事を ...

2016年2月4日スポーツ少年団

スポーツ少年団に登録されているスポーツには、バスケットボールやサッカー、野球、バレーボールなどいくつもの競技があります。

スポーツ少年団は指導者の方のボランティアで成り立っているため、保護者の手助けなしには運営していくことが困難。

そのため、「チームと保護者」「指導者と ...

2016年2月12日ペアレーチング

スポーツでいう「スランプ」とは記録やパフォーマンスの伸び悩みなど、一時的に調子が落ちて、自分が持つ力を十分に発揮することができない状態を言います。

スランプに陥ってしまうのは、プロのスポーツ選手だけではありません。子供達もスポーツを真剣に取り組んでいる限り、誰でも陥るものなのです。 ...

2016年2月10日ペアレーチング

「子供達が夢に向かって努力を惜しまず前へ進む」親にとってそんな嬉しいことはないでしょう。

親としては全力で応援したいし、支えてあげたい。そのように思うお父さんやお母さんは多くいると思います。

親子で同じ夢に向かって進んで行くことはとても素晴らしいし、何よりも、子供達にと ...

2018年1月16日コーチング

人が平常心を見失った時、「慌てふためき」「判断力を失い」「気が動転し」「心が乱れ」「ジタバタしてしまう」などの状態を招いてしまいます。

試合で戦う子供達にも、このような状態に出くわすことがあると思います。

それもそのはず、子供達が試合の中で平常心を乱すきっかけは、緊張や ...

2015年10月1日スポーツ少年団

先週の土曜日と日曜日は、息子が所属しているチームの試合があったため、私は応援に行ってきました。

1日目は2勝することができたため、1位パートで2日目を迎えることができました。その2日目も1試合目から子ども達は本当に頑張り、夏休みでの練習の成果を思う存分に発揮できたと思います。

2015年12月18日メンタル強化

ひと言で「負けず嫌いの子供は強くなる」と言っても、ただ負けたことを悔しがるだけでは、それが「強さ」「成長」へ変わるほど、スポーツは単純なものではありません。

勝てば嬉しいし、負ければそれなりに悔しいのは誰でも同じなのです。

もっと厳しく言えば、悔し涙を流したけれど、結局 ...

2015年12月19日メンタル強化

スポーツをする子供達が「レギュラーになりたい」「エースになりたい」「チームに必要とされたい」「県大会へ出場したい」「県大会で優勝したい」「全国大会へ出場したい」「プロになりたい」など、夢や希望を抱くことは、スポーツをする醍醐味のひとつだとも言えるでしょう。

しかし、その夢や希望が終 ...

2016年2月8日メンタル強化

下のグラフは、ある地域で行われた「子供の自己肯定度などに関する調査報告」をもとに作成したものです。

「あなたは自分のことが好きですか?」「あなたは人から必要とされていますか?」と609人の子供達に聞いたところ、自分を好きだと答えた子供は、355人で半分以上ですが、残りの254人は自 ...

2015年12月3日メンタル強化

スポーツをする子供達が元気にたくましく成長していくことは、親にとって何よりも嬉しく幸せなことだと思います。子供達はスポーツを通して様々なことを学び、その度に一回りも二回りも強くなっていくわけですが、そこで関わる親の影響はとても大きなものです。

子供達にとって「自己肯定感」や「自主性 ...

2015年12月2日メンタル強化

子供達は達成感を得ることで、部活や今しているスポーツへどんどん熱中していくができます。

ところが逆に、いくら努力しても結果がついてこなかったり、たった1回の失敗や挫折がきっかけとなって、好きでしていたスポーツが苦痛でしかたなくなったり、全くやる気が出なくなってしまったりといったこと ...

2016年2月17日メンタル強化

「目標がある選手」と「目標がない選手」とでは、やる気にも集中力にも大きな差が生まれてしまうため、子供達がスポーツをするうえで「目標を持つ」ということはとても大切なことです。

ただし、大きな夢や目標をやみくもに持てばいいという話でもありません。

間違った目標設定が「プレッ ...

2018年1月18日スポーツ少年団

学校の部活動に比べると、スポーツ少年団では保護者とコーチの連携が多く、関わることも多いため、トラブルも多く聞きます。

保護者の言い分だけを聞いていれば、無能なコーチ、ダメなコーチと判断されるケースもありますが、親には親の言い分があるように、コーチにもコーチの言い分があり、子供達や保 ...

2017年11月16日スポーツ少年団

スポーツ少年団とは、小学生が所属するスポーツチームのことで、野球やバスケットボール、サッカー、ラグビー、バレーボール、水泳、空手、柔道など多くのスポーツ競技が登録されています。

日本体育協会が掲げるスポーツ少年団の理念とは

「一人でも多くの青少年にスポーツの歓びを提供す ...

2018年4月13日メンタル強化

日々の練習で個人能力は上がっているはずなのに、試合に勝てない・・・。このようなことは決して珍しい話ではありません。

逆に個人個人の能力差では負けていても、チームとしての総合力が高く、それぞれの能力を最大限に引き出せるチームは勝負に勝てることができるのです。

それは指導者 ...

2018年3月27日メンタル強化

皆さんはベストセラー「思考は現実化する」の著者、ナポレオン・ヒルをご存知でしょうか。

彼は1930年代にこう言いました。

 

頭のなかで考えたことを、心から信じられるのなら、人はそれがそんなことでも達成できる

当時はこの言葉に対して否定 ...

2018年1月15日コーチング

「毎日の練習で技術は向上し、トレーニングのおかげで体力の問題もない!あとは気合だ!気合で勝つぞ!」というのはひと昔前の考え方です。

今は、毎日の練習・努力で身につけた「技術」と「体力」を試合で発揮するために、「心」を取り入れたメンタルトレーニングを意識するチームが少しずつ増えてきま ...

2015年10月6日コーチング

指導者の方にとっては耳が痛いお話しですが、選手がコーチのことを「指導能力に欠けているコーチ」 「このコーチだから勝てない」など、選手と指導者との間に信頼関係が築けていないケースは少なくないようです。

しかし、選手である子供達よりもチーム全体をバランスよく客観的に観察し、競技に対する ...