親子で行うメンタルトレーニング|夢を叶える子供の共通点とは

夢を叶えた小さなバスケットマンのお話し

バスケットをする少年の影

これは、小学生の頃からバスケットボールは大の得意だけど、勉強は大の苦手という男子生徒のお話です。

その男子生徒が中学2年生になる頃、バスケ部顧問の先生に「お前の目指している○○高校は、内申点が36以上なければスポーツ推薦で行くのは難しいぞ。たとえ、○○高校がお前をほしいと言ってきても、内申点が足りなければ、学校はそれをお前に伝える事もできないし、学校から断らなければならない。」と告げられました。

○○高校とは、男子生徒が小学生の頃から通うのが夢だった全国的にも有名なバスケットボールの名門校です。

勉強は苦手だけど、バスケをさせればエース中のエースと地元でも有名な選手。だから自分はバスケさえ真面目に続けていれば、その高校に行ってバスケができるものだと思っていたのが、顧問の一言で覆されたのです。

それから男子生徒は、夢だった高校へ進学するべく、大好きなバスケも、苦手な勉強も人一倍頑張り、見事その高校へ進学することができました。

夢を叶える子と途中で諦めてしまう子の大きな違い

子供達を見ていると、この男子生徒ように「やる気スイッチ」がONになる瞬間がありますが、途中で挫折してしまう子供も少なくありません。

ところがこの男子生徒は、難しいであろうと思われていた目標(夢)を見事に達成することができました。

では、なぜ彼は挫折することなく、苦手だった勉強をここまで頑張ることができたのでしょうか?

それは、彼の持っている 「自己肯定感」にありました。

自己肯定感がない子は少し辛くなってきたら「やってみたけど、やっぱり自分には無理なのかもしれない。」とすぐに諦めモードに入ってしまいます。

しかし、自分に自信がある子供は、意欲的に道を切り開く力があるのです。

やってみて全てがとんとん拍子に上手くいったから成功したのではなく、少し辛くなっても、壁にぶつかっても「大丈夫!俺ならできる!」と前向きに考えることができ進み続けることができるのです。

合わせて読みたい

夢を叶えた子の親が持つ共通点

夢を叶えた子供のお母さんに「なぜ息子さんはここまで頑張ることができたと思いますか?何か特別な言葉かけをしたんですか?」と尋ねたところ「特に私は何にもしてないのよ。ただ応援していただけ」との答えでした。

でも意外と何もしないのって難しいんですよね。

親は先回りして考えてしまうため、子供が野望を抱けば「現実を見なさい」と言うし、子供が怠けているなと感じれば「もっと頑張りない!」「することをしなさい!」と叱るものです。

それが親というものです。

しかし、親であれば同時に子供達が今向かい合っていることや、努力していることを見逃してはいけません。

大人はつい結果ばかりを評価しがちですが、子供のプロセスに注意を向けて、努力や取り組みを認めて伸ばしてあげることが最も大切なことなのです。

合わせて読みたい

まとめ

今回は「親子で行うメンタルトレーニング|夢を叶える子供の共通点」についてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

自己肯定感は、運動能力や学力と違って、 子供だけの力で高められるのもではありません。

自己肯定感を育てるのに大きく影響するのが、親と周りにいる大人たちの言動です。

これを読んだあなたが、もしも「あら、私ったら・・・」と思い当たる点があれば、今日からお子さんにかける言葉に少し注意してみてください。

自己肯定感は子供の時期だけでなく、社会に出てからも必要とするものです。

自己肯定感さえ育てることができれば、これから立ちはだかる壁や挫折も、自分自身で乗り越えられることができるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする