スポーツをする子供のメンタル強化|親が守るべき7つのルール

2016年2月15日ペアレーチング

ルール4.スポーツでの挫折を経験させてあげる

ソフトボールをする少女

子供達は「失敗と成功」「挫折と奮起」の繰り返しで心(メンタル)を強くして成長していきます。

どんなに素晴らしい選手でも「失敗と挫折」を味わっていない選手はいないのです。

もちろん子供が失敗をする姿や、挫折を味わって苦しんでいる姿はできれば見たくないというのが親心というものです。

しかし、試合に出られないからと指導者の悪口を言ったり、お子さんを責めることは絶対にするべきではありませんし、親が先回りしてお子さんの手助けをしてあげることもやめておくべきです。

子供達が自分自身でメンタルを整えて、前へ進んで行けるように見守ることもペアレーチングのひとつなのです。




ルール5.子供に「~べき」を押し付けない

子供達がスポーツをする上で「目標」を持つことは素晴らしいことだし、やる気を高めたり、頑張るためには大切なことです。

しかし、現実は目標が定まっていなかったり、自分が本当に望んでいることは何なのか…と迷っている子供も少なくありません。

そんな時にお父さんやお母さんが「こうするべきじゃない?」「こうなるべきじゃない?」と言ってしまえば、単なる理想の押し付けにしかなりません。

むしろ、「~べき」「今のあなたではダメよ」と言われているのと同じこと。

親の前くらい、子供達は未熟でいいのです。

お父さんやお母さんが「自分の未熟な部分」も受け入れて見守ってくれれば、 子供達は安心して前へ進むことができるし、素直に学ぶことができ、メンタルを整えて強化することができるのです。

合わせて読みたい

ルール6.プレッシャーをかけすぎない

子供がスポーツを頑張れば頑張るほど、親の応援にも熱が入るのは当然だと思います。

親から応援してもらえれば子供達も嬉しいし、もっと頑張ろう!と意欲を沸かせるでしょう。

ただ、親というものは時に厄介で、子供に対してどんどん欲が出てきてしまうものです。

レギュラーになれたばかりの時は試合に出るだけで喜んでくれたのに、今では点を取らなければ「もっと頑張れ!」「しっかりしろ!」「次はもっと良いところ見せてよね!」「そんなんじゃレギュラーから外されるわよ!」と言われる・・・。

このように子供たちは次から次に親の期待に応えようと頑張るわけですが、それがプレッシャーとなり、子供の負担になってしまえば本末転倒です。

ルール7.結果よりも過程を褒めてメンタル強化

野球をする少年

多くの子供達は、試合に勝てば嬉しいし、試合に負ければ悔しいと感じるでしょう。

お子さんがスポーツをしていれば、親子で一喜一憂することもあるかと思います。

その時にお父さんやお母さんに気をつけていただきたのは、大人が勝敗ばかりをこだわって一喜一憂しないということです。

私は、自分たちよりも格下のチームから100点取ることよりも、自分たちよりも格上のチームから1点でも2点でも取った点数の方が価値があると思っています。

「勝敗」よりも、途中で諦めることなく、屈することなく立ち向かった「過程」の方が遥かに大切だからです。

そのような経験は子供達にとってかけがえのない力となりますし、自信へとつながります。その努力や過程を褒めて子供の自己肯定感を育てメンタルを整えてあげましょう。

まとめ

今回は「スポーツをする子供のメンタル強化|親が守るべき7つのルール」についてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

子供達がメンタルを整えるには、こういった親の関わり方がとても重要だということがご理解いただけたかと思います。

親が過度な期待をせず、子供に自分の価値観や欲を押し付けなければ、子供だけでなく、これを読んでくれているあなた自身も楽になれるはずです。

親が子供を愛することは当然のことですが、子供を思えば思うほど、親は時に歩行性を間違えてしまうことがあります。

しかし、それは誰にでも起こりうることだし、ただ頑張りすぎているだけなので、肩の力を抜いて子供の笑顔を一番大切にしてあげればいいのです。

2016年2月15日ペアレーチング

Posted by kids-athlete