スポーツをする子供の挫折|大きく影響する親のあり方とは

ペアレーチング

子どもの試合を応援する親

「スポーツを頑張る子供の挫折」それは選手である子供自身にとっても、それを近くで見ているお父さんやお母さんにとっても辛い時期かと思います。

子供達が生まれてから大人になって行く過程の中で、親は「山もあれば谷もある」ということを頭では理解をしていても、実際に子供が悩んでる姿や苦しんでいる姿はできれば見たくないもので、どうにかしてあげたいと思うのが親心。

しかし、挫折を挫折のままで終わらせるのか、あるいはそこからさらに前へ進んで行くかは本人次第なのです。今回は「スポーツをする子供の挫折|大きく影響する親のあり方とは」について考えていきたいと思います。

挫折の原因

「自分には才能がないのではないか」と絶望感を抱いた時や、「この夢は叶わないのではないか」と希望を失った時、「これ以上頑張ることはもう無理だ」と感じた時などに人は挫折を感じます。

多くの方は「挫折」という言葉に対して、あまり良いイメージをお持ちでないかと思います。しかし、挫折とは「挑戦した者だけが味わう勲章」のようなものなのです。

子供達にとって、挫折を感じている時期というのは、間違いなく辛い時で、「やったぁ!挑戦の勲章だ~!」なんて考えにはならないと思いますし、「そんな話があるか!」という大人もいるでしょう。

しかし、挫折を乗り越えて前へ進んだ経験のある人は知っているはずです。その挫折が勲章に変わるのは、あくまでも乗り越えた者だけが感じれるものだということを。

挫折と勲章

サッカーをする少年たち

挫折は挑戦の勲章だと話しましたが、そのことについてもう少し詳しくお話ししたいと思います。

子供達がスポーツをするうえでも、学校生活を送るうえでも、向上心や自主性は欠かすことのできない基盤で、それらは子供達を動かす原動力にもなっています。

向上心があるから新しことへも挑戦できるし、前へ進むことができます。しかし、そこに何一つ弊害がないとは限りません。中々前へ進むことができない時期もあるだろうし、何をやっても上手くいかない時期もあるでしょう。それが挫折なのです。

そうです、前へ進んでいるから挫折をするし、挑戦することをしなければ、あるいは挑戦する前から諦めるような子は挫折すら味わうことができないのです。それが私の言う「挫折は挑戦の勲章」なのです。



子供の挫折と親のあり方

子供達が挫折を挫折のまま終わらせない強さを身につけるには、親の関りが大きく影響すると考えます。

子供でも大人でも、挫折を感じている時期というのは、自分の能力に対して否定的になったり、「これ以上頑張ってもどうせダメだ!」などと、諦めて自分の能力に限界を決めつけてしまうことがあります。

挫折を乗り越える子供がいる中で、メンタルが挫折に耐え切れず心が折れてしまう子供もいる。その子供達の差は一体何なのでしょうか・・・。

その差は子供達が持つ「自己肯定感」にあります。自己肯定感が高い子は、挫折を感じても、自分なら大丈夫だと自分の可能性を信じる強さがあるのに対し、自己肯定感の低い子は、やっぱり自分には無理なんだと自分の可能性をゼロにしてしまうところです。

自己肯定感は、周りから自分を認めてもらい、肯定的な言葉をかけてもらうことで育まれていくものです。何気ない親子の会話や、子供達が失敗をしてしまった時の言葉かけ、子供達が結果を出した時の言葉かけなどが重要なカギとなるのです。

合わせて読みたい

挫折を挫折で終わらせず「一生の力」とした3人のトップアスリート達

トップアスリートと呼ばれる選手たちは一見華やかに見えますが挫折を味わっていない選手は存在しません。

今回は「マイケルジョーダン」「本田圭佑」「桑田真澄」の3人のトップアスリートの挫折についてお話したいと思います。

マイケルジョーダンの挫折

ジャンプの滞空時間の長さから、「エアー・ジョーダン」という愛称で愛され、バスケットボール界の神様と評されたマイケルジョーダンですが、彼も高校時代に「選抜チームから漏れる」という大きな挫折を味わっています。

マイケルの身長は当時180cm足らずで、ずば抜けて高身長というわけではなく、選抜で選ばれたのは、当時身長が196cmあった「リロイ・スミス」でした。

選抜チームから漏れたマイケルは、家に帰って一日中、泣いていたといいます。

しかし、マイケルはその時、この挫折をばねに「最高のプレイヤーになる」ことを決断しました。その決断がのちに「バスケットボール界の神様・マイケル」を生みだしたのです。

合わせて読みたい

挫折を踏み台にした桑田真澄

ジャイアンツの練習グランドには、2軍選手が敬意を込めて「クワタロード」と称した1本の道がありました。

グランドの芝生の縁に沿って、ひと筋にきれいに芝が抜けているその道は、胸のケガのためにボールを握れなかった2年間、桑田さんが毎日黙々と走り続けたコースでした。

投手でありながらボールを握れない2年間はとても辛かったと思います。多くの人は、「絶望感」「恐怖感」「不安感」に襲われ投げ出したくなるのではないでしょうか。

それでもケガを克服し、再びマウンドに立った桑田さん。「自分の将来」を信じて自分の今やるべき努力を黙々こなしていった結果なのでしょう。



中学時代に味わった本田圭佑の挫折

イタリアの名門ACミランに日本人で初めて所属し、10番を背負うなど日本サッカー界にとって欠かせないプレーヤーとなった本田圭佑選手も中学時代に大きな挫折を味わっています。

当時の本田選手は強豪のガンバ大阪ジュニアユースに所属しており、一つ上のユースチームへのセレクションを受けることになりますが、これが不合格。

しかし、これをきっかけに「絶対にプロにならねばならない」と志をより強固なものにし、高校卒業時に名古屋グランパスエイトと契約します。その後は2008年に海外へ渡り、ついには「セリエAの10番になる」という小学校の卒業文集に書いた夢を叶えました。

合わせて読みたい

まとめ

今回は「スポーツをする子供の挫折|大きく影響する親のあり方とは」についてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

挫折を辞書で調べると「目的を持って続けてきた仕事などが途中でだめになること」とありますが、挫折とはそれほど悪い経験ではありません。むしろ長い人生において、挫折ほど大切なことに気づかせてくれる機会はないのです。

長い人生で一時の挫折とはいえ、挫折を味わっている本人にとってはとても辛い時期であるのは確かでしょう。「もう駄目だと」絶望的になったり、「やってられるか」と投げやりになったり、その辛さは経験した本人にしか分かりません。

しかし、それをかっこ悪いだとか、惨めだとか感じる必要はないのです。周りからの評価に振り回される必要もありません。挫折とは、何かひとつの事に一生懸命に取り組んでいれば、必ず誰もが経験するものなのです。

Posted by kids-athlete