負けた時に読む|スポーツをする子供のためのメンタルトレーニング

2015年12月4日メンタル強化

試合をするスポーツ選手

スポーツをしていれば良い時と悪い時があるのは当たり前。それはどんなに優秀な選手でも、優秀な選手が揃っているチームでも経験するものです。

時には、負けばかりが続く嫌な時期が訪れることもあるでしょう。新チームになった当初は、勝てる試合も多かったはずのに、市内大会、県大会レベルのチームと戦うと負け続き。

「当初は強豪校と言われていたのが恥ずかしい」

「県大会どころか、せいぜい市内大会が限界かもしれない」

「こんな実力のはずじゃなかった…」

過去に結果を出した経験がある選手なら尚のこと辛いかもしれません。

しかし、今までよりも1つ上のレベルで戦うようになれば、最初は負けが続いて当然なのです。

その時に重要なことは、スポーツ選手にとって最も大切な「自主性」「自己肯定感」を低下させないという事です。

今回は 「スポーツをする子供には絶対的に味方になってくれるメンタルトレーニング」についてお伝えしたいと思います。




メンタルトレーニングの定義とは

指導者が子供達を指導するうえで重要視されるのが、技術や体力のトレーニングで、限られた時間の中でメンタルトレーニングにまで時間をかけていられないと言う指導者は多いかもしれません。

ベテラン指導者の中にはいまだに「気合いだ!気持ちだ!」と根性論でスポーツ指導をしている方を見かけます。

私はその全てを否定するつもりはありませんが、今の子供達にそのような指導方法は効果が発揮さされにくく、練習を厳しくすれば「そんな辛い思いしてまでは」レギュラーから外せば「自分はチームに必要ないんだろ」と簡単に辞める選択肢を選んでしまうから本当に厄介です。

そして時代と共に、クラブチームや学校の部活動では「メンタルトレーニング」を取り入れた指導が見られるようになりました。

私はメンタルトレーナーとしていくつもの団体を見てきましたが、残念ながら「メンタルトレーニング」という言葉が一人歩きしているように感じてなりません。

1997年、世界的基準での専門家育成のための国際教育システムが作られたというお話はご存知でしょうか?この時に国際メンタルトレーニング学会が以下のような定義を発表しました。

「メンタルトレーニングとは、身体的な部分に関わらないすべてのトレーニングであり、ピークパフォーマンスとウェルネスを導くための準備である。スポーツのパフォーマンスや人生を向上させるための、ポジティブな態度、考え、集中力、メンタル、感情などを育成・教育することが中心である。」

このことからも察することができるかと思いますが、メンタルトレーニングは魔法でもなんでもなく、毎日の積み重ねでやっと効果を発揮することができるのです。




負けが続いている時のメンタルトレーニング

個人でもチームでも調子がいい時はいいのですが、冒頭でもお話ししたように、負けが続いてモチベーションが保てない時期がやってくることは当然あります。

その時に選手がどのような思考で、どのように前へ進んで行くのかで結果に大きな差が生まれてしまいます。

次は「選手がどのような考えを持って取り組むことがいいのか」について考えていきたいと思います。

とにかく前を向いて進む

出口の見えるトンネルチームが1つ上のレベルで戦いだした時から、自分達は中々勝つことができない「長いトンネル」へ突入したのだと考えましょう。

もちろんトンネルの中は、暗くて狭くて息が詰まりそうです。しかし、前に走り続ければ必ず出口があるのがトンネルです。

むしろ、一人でもバックをして引き返そうとしようものなら事故のもと。例え引き返せたとしても元の世界で同じ景色しか見ることができません。

次の景色を見るためには、光が見えるまでひたすら前に進み続けるしかないのです。

そのためには「勝てっこない」「楽しくない」とブレーキを踏んだりせず、前へ向かって練習するしかないのです。

努力が報われないと感じる時の思考

いくら頑張っても結果がついてこない時期は、モチベーションが低下して選手にとっても指導者にとっても辛い時期だと思います。

しかし、どれだけ頑張っても身にならない時は、自分をもう一度見つめ直すいい機会でもあります。

たとえ負けが続く試合の中でも「なんとなく試合をしたら、なんとなく負けた」という試合だけは決してしてはいけません。それは選手だけでなく指導者も同じことが言えます。

大切なことは、自分達よりも格下のチームに勝つことではなく、自分達よりも格上のチームに「最後まで全力で戦うことができるか」ということなのです。

格下のチームと戦って勝った試合よりも、格上として負けてしまった試合。どちらのほうが学べることが多いのかは説明するまでもないと思います。




過去に囚われるな

過去に実績を残している選手ほど、負けが続いている時というのは辛いものかもしれません。

しかし、「あの時はよかったな」「あの時は楽しかったな」「あの時に戻りたいな」と脳が過去に占領されてしまえば、現在に集中できなくなってしまい、さらにモチベーションは低下してしまうでしょう。

これはスポーツだけではありません。

人が何かを成し遂げようとするとき、一番大切なのは、過去に囚われることでもなく、大きな夢を抱くことでもありません。

今現在、自分にできる最高の努力ができているか、明確な課題や目標があるかということなのです。

失敗や挫折をプラスに変える

最終的に勝者となる選手は、決して失敗や挫折がない選手ではなく、失敗しても、スランプに陥っても、決して諦めない選手達なのです。

一度の敗北で諦めるのは、芯が折れてしまったからと、まだ使える鉛筆を捨ててしまう事と同じことなのです。

他責は禁止

自分が上達しないことやチームが勝てないことをコーチのせいにしてはいけません。そのような不平不満を持つ選手は、必ずと言っていいほど成長しません。

一時的に能力の向上が見られたとしても、それはただ一時的なもの。不平不満を抱いている選手は、努力ができない、もしくは努力を惜しんで文句を言っているだけなのです。

己の弱さを知ることは己を知ることから始まります。コーチやチームメイトに不満を抱く前に、自分には最高の努力ができているのか、チームに貢献できているのか、もう一度改めて考えてみルことが大切です。




親や指導者のためのメンタルトレーニング

選手の調子が悪い時に親や指導者が「お前は全然だめだ」「才能やセンスがないじゃない?」などという言葉をつい口走ってしまうことがあります。

このような言葉は「つい」で片付けられるようなものではありません。

なかなか結果を出してくれない苛立ちからつい出てしまった言葉でも、子供達にとっては「選手としての自分を全否定される言葉」です。

このような言葉も含め、指導するものはネガティブな発言には十分に注意する必要があります。

負け試合後のミーティング

負けた後のミーティングで避けたいことは、試合の勝敗結果を知らない人が見ても一目瞭然で「あっ・・・あのチーム負けたんだな」と分かってしまうくらいに空気がどよんでしまうことです。

試合に負けてしまえば、選手だけでなく指導者も落ち込んでしまうものです。そのため、選手のメンタルケアにまで意識が行かなくなり、さらには負けた原因を選手のせいにしたり、怒りをぶつけるといったケースまであります。

しかし、一番にダメージを負っているのは間違いなく選手である子供達なのです。

そんな精神状態で指導者が怒鳴ったり、見放すような発言、選手として否定するような発言をしてしまえば、選手はさらに傷を深くし、その不安が次の試合へ悪い方向へ作用し、また負けてしうという悪循環を起こしてしまいます。

そのため、負け試合の反省会はしばらく時間を置いてからすることが理想的です。そしてその時に気をつけたいのが、反省点ばかりを指摘しないことです。

試合で良かった点を十分に伝えたうえで、改善するべき点を指摘するようにしましょう。

2015年12月4日メンタル強化

Posted by kids-athlete