子供をスポーツ少年団に入れるメリット|スポ少の理念

楽しそうに応援をするスポーツ少年団の子ども達

スポーツ少年団とは、小学生が所属するスポーツチームのことで、野球やバスケットボール、サッカー、ラグビー、バレーボール、水泳、空手、柔道など多くのスポーツ競技が登録されています。

日本体育協会が掲げるスポーツ少年団の理念とは

「一人でも多くの青少年にスポーツの歓びを提供する」

「スポーツを通して青少年の心と体を育てる」

「スポーツで人々をつなぎ、地域づくりに貢献する」

とされています。

しかし現実は、「親の負担」「指導者の暴言や暴力」「親の派閥」などが懸念され、スポーツ少年団への入部を迷っている保護者の方も少なくないようです。

スポーツ少年団の最大のメリットとしては月謝が安いことがあげられますが、道具代や遠征費などで結局は結構な出費になることも。

そのうえ保護者の当番やお手伝いが欠かせなかったりと、親御さんの負担も大きいとされています。

しかし子供達が成長していくうえで、心と体に良い影響を与える部分もスポーツ少年団にはたくさんあります。

そこで今回は「子供をスポーツ少年団に入れるメリット」についてお伝えしたいと思います。

スポ少は最高の仲間と出会える場所

スポーツ少年団に入部している子供達は、学校が終わってからの平日練習に加え、週末にも練習や試合があり、チームメイト同士は多くの時間を共に過ごすこととなります。

辛い練習を共に頑張り、同じ目標に向って前へ進んで行く。喜びや悔しさを共有するチームメイトとは強い絆で結ばれ、深い信頼関係やお互いを認め合う気持ちなど、クラスメイトとは違った絆を感じることができます。

団体競技は時に「仲間割れ」や「意見の食い違い」などの問題が起こることもあります。

しかし、それを子供同士で話し合い、解決することも成長していく中でとても大切な経験です。

そんな経験ができるのもスポーツ少年団の醍醐味と言っていいでしょう。

スポ少は挨拶が身につく

現在の子供達は昔の子供達と比べて、色々な大人と触れ合える機会が少なくなったため、挨拶ができない子やコミュニケーションを上手くとることができない子が増えています。

しかしスポーツ少年団に入部している子供達は、チームメイトのお父さんやお母さん、チームの指導者や協会の方など、色々な大人と交流する場を与えてもらえます。

その中でごく自然に「挨拶」「人を思いやる心」「感謝する心」を身につけることができますし、相手に自分の意見を主張する術を身につけることもできます。

コミュニケーション能力は社会に出てからも必要とされる場面が当然多くあり、今現在の学校や企業からは、勉強の成績だけではなくリーダーシップがとれる子やコミュニケーション能力が高い子が評価される傾向にあります。

そういった意味でも、スポーツ少年団での経験は「子供達の財産」になると言っても過言ではないでしょう。




スポ少でママ友と情報交換ができる

スポーツ少年団で保護者同士のトラブルも多く耳にしますが、付き合い方さえ間違えなければメリットもたくさんあります。

どんなに賢いママでも、子育ての何もかもを上手くやっていくママさんなんていません。特に1人目の子育ては何もかもが初体験で、分からないことや悩むこともたくさんあるでしょう。

子供の「反抗期」「受験」「食育」などで悩んだ時のお助けマンはやっぱり先輩ママです。先輩ママたちは多くの情報を持っているだけでなく、自らが体験した成功談や失敗談を持っているため、子育てをするうえでとても参考になります。

合わせて読みたい

スポ少で親子の信頼関係が深くなる

スポーツ少年団に入部すると、指導者に対する不満や競技能力の伸び悩みなど、辛い経験をすることも多くあります。

しかし、お父さんやお母さんがお子さんを見守り支えることで、自然に親子の会話が増えて信頼関係はより深いものになります。

なにより、自分の子供の頑張る姿を目の前で見れることは、親にとってとても幸せなこと。週末になれば試合などで一日がつぶれることもありますが、子供達と共に喜びや辛さ、悔しみを感じることで親子の絆も強くなること間違えなしです。




スポーツが体を強く成長させる

全身を使って伸び伸びと体を動かすことは、どんなスポーツであっても、子供が成長していく中で必ずプラスとなります。

もちろん、成長期の子供に過度な練習やトレーニングをさせることは絶対にNGです。オスグッドシュラッター病など成長期の子供達特有のスポーツ障害は、間違った練習やトレーニングが行われてしまっている現われです。

しかし、正しい知識を持っていれば、これらは最低限に防ぐ事が出来ますし、運動することで成長ホルモンの分泌を促し、強くて丈夫な体をつくることができます。

合わせて読みたい

まとめ

今回は「子供をスポーツ少年団に入れるメリット」についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

子供がスポーツ少年団に入部することで親の負担は増えるかもしれませんが、子供達が成長していく中でスポーツはとてもいい影響を与えてくれます。

もちろん、中にはチームの環境に馴染めなかったり、チームのルールに納得いかなかったりして、やめていく子供達や心を傷つけられスポーツ自体を嫌いになってしまう子供達もいます。そのため、「どのチームが子供にとって相応しいのか」という判断は、入部前に親子でしっかり話し合いが必要だと言えるでしょう。

参照記事:スポ少ってめんどくさい!?入部前に確認したいクラブ事情

シェアする