スポーツの意義|子供達が勝てない試合をする意味はあるのか

2018年2月25日スポ少・部活

ソフトボールをする少女の姿

スポーツをする子供達が成長していく中で「何が大切か」あるいは「何を大切にしないといけないか」というのは、人それぞれに様々な考えがあると思います。

「勝つことの喜び」「諦めない強さを得る」「仲間との信頼関係」などスポーツをする中で子供の成長にプラスになることはたくさんあります。

しかし、時には「失敗」「敗北」「挫折」などマイナスなこともあります。

今回はあるお母さんから相談を受けました 「子供達が勝てない試合をする意味はあるのか」について考えていきたいと思います。

実力差が大きなチームとして得るものって? (和美さんよりご相談)

私の娘はスポーツ少年団でバスケットボールをしています。うちのチームの女子は市内でもドベ争いをするほどの弱小チームです。逆に男子は市内1位をキープしている強豪チーム。

女子と男子の指導者が同じコーチなので、行動はいつも同じです。もちろん試合もです。

男子は強いため、練習試合やカップ戦によく呼ばれ、女子はそのおまけで試合を組んでもらうのですが、なんせ相手はいつも強いチームばかりなため、100点ゲームだって珍しくありません。

私は疑問でならないんです。負けると分かっていて試合をする子供達は楽しいのかと。男子のおまけでついて行って、ボロボロにやられて帰ってきてモチベーションは低下しないのかと。

娘に「悔しくないの?どうしてもっと頑張らないの?」と聞いても「頑張ってるし」と言うだけで、何を考えているのか分かりません。

コーチは勝てない試合こそ意味があるというのですが、それって何だと思いますか?




負けた試合から学べること

和美さん、初めまして。結論からお伝えすると、コーチがおっしゃるように、勝てない試合こそ意味があるし、学べることはたくさんあります。

ただし、それは子供の考え方や取り組み方次第です。負けることが当然になってしまうことは決して良くありませんし、最初から勝てるわけがないと諦めの姿勢で挑むことも良くありません。

大切なことは自分達よりも弱いチームに勝つことではなく、自分達よりも強いチームにどこまで挑戦できて、どこまで結果を出せたか、そして自分達に足りないものが何か見つけることです。

きっと和美さんのお子さんを指導しているコーチはそのようなことを言いたいのではないかと思います。

行動しないと何も得られない

もちろん負けが続けば、子供のモチベーションは低下し、自信を失うこともあると思います。でも、和美さんのお子さんはまだ小学生ですよね。スポーツ少年団で得られるものって、勝つ喜びだけじゃありません。

たとえ負けた試合でも、自分達よりも格上のチームにみんなで力を合わせて取った2点が、子供達の心を強くし、通常の学校生活では感じることのできない感覚を体験することができます。

そんな喜びを少しでも子供達が感じれてるのであれば、それが子供達が勝てない試合でもする意味なのではないでしょうか。




女子選手のやる気を低下させる言葉

負け続きの試合からでも達成感を得ることは可能です。

もしも娘さんたちが負けの続く試合でも自分たちの目標に向かって頑張っているのであれば、指導者の方が素晴らしいのではないでしょうか。

女子選手は男子選手と比べて心理状態が少し複雑です。

男子は技術面で認められたいと思っていますが、女子選手は人間性について認めてもらいたいと思っています。

つまり女子選手はコーチや親に対して 「一人の人間として評価してほしい」と願っているのです。

そのため結果が出せないことに対して「どうしてもっと頑張らないの?」などのように言われると、「こんなに頑張っているのに、何にも分かってくれない!」と自分自身を否定されている気分になり女子選手のモチベーションは低下してしまいます。

そのため、負けが続く試合でも結果ばかりを気にしてはいけません。周りのそのようなプレッシャーや期待や願いは選手にとってあまりいい影響を与えません。

2018年2月25日スポ少・部活

Posted by kids-athlete