子供のしつけで叩く親は要注意!暴力が暴力を生んでしまう理由

2018年9月16日教育・子育て

シャボン玉をする小さな女の子

子供というものは何度言っても同じことを繰り返してしまうものです。

そのため「何度言ったら分かるの?」「もういい加減にしなさい!」このようなセリフ、お母さんがお子さんへよく使うセリフのひとつではないでしょうか?

宿題をしないまま遊びに行ってしまう、授業に集中していない、家ではゲームばかりしている、忘れ物がなくならない、歯磨きをしない、お菓子ばかり食べてご飯を残してしまう、危険なことをしてしまうなど言い出すとキリがない程あると思います。

そんな時に親としてしつけの一環で「叩く」ことを選択してしまうお父さんやお母さんがいます。しかし、それは本当に育児や教育と言えるのでしょうか?

今回は「しつけで子供を叩く親は要注意!暴力が暴力を生んでしまう理由」について考えていきたいと思います。

叩くことはしつけと言えるのか?

お子さんが間違った行動をした場合、親は「お子さんのため」「しつけのため」だと考え、お子さんと話し合うことをするかと思いますが、中には「口で言っても分からない時は、叩いて教える」というお父さんやお母さんがいます。

このように「叩くことはしつけの一環」だとするお父さんやお母さんが共通して言うことは「叩くことはしつけの最終手段」だというセリフです。

しかし叩くことがしつけの最終手段だとは言えません。

叩いて威圧して、子供の気持ちをや思考を操作・支配しようとしているだけなのです。

それよりも言葉で何がいけないのか、そして何をしなければならないのかをきちんと教えてあげることが大切です。

言葉で伝えることが必要な理由

「言葉」とは、親が子供達へ、規律や考えを伝える唯一の術だと思います。

そのことをやめ、叩くことで強引に分からせようとする行為は、親が言葉で伝えることに疲れたり、一時的な感情の変化であったりと、身勝手なものでしかないように思えます。

もちろん、私たち親も人間です。

そのことを分かっていても、子育てというのもは理想通りにはいかないもので、何度言っても分かってもらえなければ、ついカッとなってしまい、叩いてしまうこともあるかもしれません。

しかし、考えてみてください。私たち親が、子供を注意したり、叱ったりするのは誰のためでしょうか?

ほとんどの親は、自分のためでなく、お子さんのためだと思います。

ダメなことをダメだと叱ることは、お子さんに真っ当な大人になってほしいと願うから叱るのではないでしょうか。

そのためには、叩くことよりも、お子さんの気持ちなってどのように伝えることがいいのか」ということを考えることが何よりも大切ではないでしょうか。

叩かれることで子供が負う傷

以前あるお母さんから「主人が3歳になる息子に対して、行き過ぎたしつけをしている。」という相談を受けたことがあります。

ある日、お父さんがテーブルに置いていたライターをお子さんが触っていたそうです。

それを見たお父さんは、「これはとても危険なものだから、触ってはいけないものなんだ!」とライターの火をつけ、子どもの腕に当てて火傷を負わせたそうです。

そのお父さんは、言葉で言っても分からないから体で教えた。つまり、「しつけの一環」だと言ったそうです。

私は親に、ライターの火で火傷を負わされた経験はありませんが、火を体に当てれば火傷することは知っているし、危険だということも知っています。

それは私だけでなく、多くの方がそうだと思います。

その後、この子がライターを触ることはなくなったらしいですが、この子がライターに対する認識は、「触ると危険」ではなく「触るとお父さんに痛い思いをさせられる」となっただけで、本来お父さんが伝えたかった意図は全く伝わっていないということになります。

それだけでなく、この子が負ってしまった心の傷は計り知れません。

そもそも、このお父さんがした行為はしつけではなく、紛れもなく「虐待」ですが、叩くことも同じです。

親が「叩くことで全てが解決したつもりになる」そのようなことは、お子さんに大切なことが伝わっていないだけでなく、お子さんの心に傷を負ってしまうため、親は言葉できちんと伝える義務があるのではないでしょうか。

暴力が次の暴力を生んでしまう

言葉の行き違いなどが原因で子供同士が揉め事を起こすということはどの学級にもあるものです。

その都度「自分の何がいけなかったのか」「どうして相手を傷つけてしまったのか」など、親や先生達が「考える手助け」をしてあげて子供達は日々成長していきます。

ただし、相手の子に暴力などで怪我を負わせたり、傷つけてしまうことはよくありません。

もしも自分のお子さんが、「口で言っても分かってもらえなかったから、叩いただけ。自分も親にそうされている。」と叩くことで解決しようとしたらどうでしょうか?

自分が叩くことでしつけをしている場合、それがダメなことだと叱ることができるでしょうか?

言葉で自分の気持ちを伝える大切さをお子さんに教えてあげることができるでしょうか?

叩くことでしつけをされているお子さんは、自分も叩くことで友だちに気持ちや感情を伝えようとしてしまう危険があるということを親は十分に理解しなければなりません。

2018年9月16日教育・子育て

Posted by kids-athlete