スポ少で子供がレギュラーになれない時の考え方|スポーツの目的とは

2017年10月30日ペアレーチング

現状だけでネガティブになるのはNG

かなさんが今の状態にモヤモヤしているのは十分に分かります。

しかし、これは野球だけに限らずスポーツ全般、小学生時代の経験はごく一部分でしかありません。

つまり、少年野球でレギュラーになれないからといって、中学・高校でも花を咲かせることができないのかと言えば、決してそうではないということです。

学生時代に挫折を味わっている時やスランプに陥っている時にお子さんが辛い思いをしていることに間違いはありませんが、今現在の状況だけでネガティブ思考になってしまえば、これから先の未来の可能性も摘んでしまう恐れがあります。

お母さんが今の状態に絶望的だったり、ネガティブになってしまえば、子供達はそんなお母さんの思いを察知して辛い思いをしなければなりません。

お母さんが前向きな考え方をすることでお子さんに良い影響を与えることができるのです。

合わせて読みたい

子供のやる気を引き出すには

お子さんに「どうやってやる気を出させたらいいのか」ということですが、子供達は小さな達成感を得たり、確実に自分が成長していると感じることで、さらなるやる気を出すことができます。

つまり、残念ながらいくら親が口うるさく言っても、そう簡単に子供達がやる気を起こすほど、子供達の脳は単純ではないということです。

確かにレギュラーから外されたり、コーチからいい評価をもらうことができなければ、子供達のモチベーションは低下し、今しているスポーツ事態が嫌になってしまうこともあるでしょう。

そこで有効なのは、個人目標を立てる事です。ノートに書くもよし、紙に書いて部屋に貼っておくのもいいでしょう。

合わせて読みたい

まとめ

今回は「子供がレギュラーになれない時、親はどうすればいいのか」についてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

自分が得ていたものを失う時の辛さは本人にしか分からないし、それを見ている親御さんも本当に辛いと思います。

しかし、そこから子供達がどのように考えてどのように動いていくのかは、選手である子供次第です。

コーチや監督が「あの子は将来有望だ!」と期待されていた選手が、思った以上に能力を伸ばすことができず平凡な選手で終わったり、「あいつは本番で使えない」と言われてた選手がぐんぐんと成長して大きな結果を残したりと、そんなことが実際に起きるのがスポーツの世界なのです。

子供がメンタルを整え、競技能力を最大限に発揮するには、「自分自身を否定的に考えないこと」「自分の可能性を最大限に大きくする思考」この2つがカギとなるでしょう。

トーマス・エジソンの言葉
もちろん、生まれつきの能力の問題もまったく無視はできない。
それでもやはり、これはおまけみたいなものだ。
絶え間なく、粘り強く努力する。
これこそ何よりも重要な資質であり、成功の要といえる。

2017年10月30日ペアレーチング

Posted by kids-athlete