子供がスポーツ時に膝が痛くなる原因は?有痛性分裂膝蓋骨について

膝を痛がる子ども

有痛性分裂膝蓋骨とは、成長期の男子に多くみられ、何らかの原因により分裂した膝蓋骨のせいで膝の痛みを引き起こし、歩行やスポーツ活動に障害をきたす疾患です。

膝蓋骨は通常ひとつの状態ですが、生まれつき2つ以上に分裂しているケースもあり、それを「分裂膝蓋骨」と呼びます。

そして膝の痛みを伴わないものを「無痛性分裂膝蓋骨」と呼び、膝の痛みが伴うものを「有痛性分裂膝蓋骨」と呼びます。

その多くは、膝の痛みを伴わない「無痛性」であることがほとんどですが、スポーツなどで過度に負担をかけ、オーバーユース状態になった時に、分裂部分に牽引力がかかって膝の痛みを引き起こすことがあります。

この場合、一般的には膝の痛みを抑えるために安静にすることと、整形外科などの施設でリハビリが必要となります。

有痛性分裂膝蓋骨の主な症状

・屈伸時に起こる膝の痛み
・ジャンプをした時に起こる膝の痛み
・膝へ圧力を加えた時の痛み

割れた部分に発症した炎症が、膝の痛みの原因となります。

痛みは膝の曲げ伸ばしをしたり、膝蓋骨に圧力がかかった時に発生し、安静にしていると治まってきます。

膝の痛みの原因

膝蓋骨が分裂していること自体が痛みの原因ではないため、痛みの症状を伴わないケースのほうが通常は多いです。

しかし、激しいスポーツやトレーニングを行った際に、膝蓋骨の分裂した部分に大きな負担がかかることで炎症が発生すると痛みを感じるようになります。

膝関節の役割人の体にある関節にはそれぞれに大切な役割があります。

その中でも膝関節の持つ働きにはスポーツをする上でとても重要な働きがあります。

それは支持性可動性です。

人は左右の脚で全体重を支えるため、膝関節にはその重さを安定して支持する役割が求められますし、歩行や日常生活、スポーツを行うために可動性が求められるのです。




有痛性分裂膝蓋骨の原因

生まれつきの膝の形状に加え、膝蓋骨に大きな衝撃が加わり、この皿の部分が割れてしまうというケースがあります。

このような場合は、激しい運動で膝蓋骨についている大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)に強い力がかかる事が主な要因となります。

また、転倒などの怪我が引き金となり、有痛性分裂膝蓋骨の症状を発症するケースもあります。

有痛性分裂膝蓋骨の治療

膝の炎症

整形外科などの施設で大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)の硬さをとるためのストレッチや、膝周囲の筋力トレーニングを行うと同時に、分裂部に負担をかけない膝の使い方を習得します。

冷湿布剤の使用や運動後のアイシング、お風呂で患部をよく温めることも効果的です。

スポーツをしている時などに、急に痛みが発生した場合は、患部を氷のうなどで冷やすのがよく、痛みが長引いて慢性化している時は逆に入浴やカイロで温めるようにしましょう。

より積極的な治療では、炎症を抑え、膝への負担を軽減するための保存的療法が主となります。

しかし保存治療で良い結果が得られないような場合には、分裂骨片の摘出や分裂部を縫合する手術を行うこともあります。

有痛性分裂膝蓋骨を発症しやすいスポーツ

・野球
・バスケットボール
・サッカー
・バレーボール
・陸上競技

急激なダッシュや急停止など、特に太ももの筋肉(大腿四頭筋)に負担をかけるスポーツで発症するケースが多いと言われています。

>>有痛性分裂膝蓋骨の有効的な予防法

シェアする