スポーツをする子供の膝の痛み|オスグッド病の原因と5つの予防法

足を痛がるスポーツ少年

オスグッド病とは、小学校高学年くらいから高校生くらいまでに多く発症する「膝の関節痛」です。

成長期によく発症するため、成長痛と言われることもありますが、現在整形外科的には直接の因果関係はないと考えられています。

オスグッド病の主な症状

・膝のお皿の下の骨が徐々に突出してくる

・膝のお皿の下を押すと痛い

・膝のお皿の下が腫れたり熱をもつ

症状には個人差があって、歩くことが困難なくらいの痛みを訴える子もいれば、激しくジャンプした時や、運動後だけ痛むケースがあります。

オスグッド病では、よく「膝下の出っ張っている骨が痛い」と訴えられることが多く、膝下が大きく腫れていたり、膝の痛みがひどい時は、軟骨が剥離していることがあります。

オスグッド病になる主な原因

・運動による疲労の蓄積

・運動前後のストレッチ不足

・体の柔軟性不足

・筋力の低下

・自分に合っていない靴でのトレーニング

成長期の子供の膝は、まだ軟骨部分が多く、弱いため、運動などで繰り返し膝に負担がかかると、その部分に炎症が起こり、膝の痛みを感じるようになります。

また、同じ動作を繰り返し行って、骨・腱・筋肉などに疲労が蓄積されると、オスグッド病などのスポーツ障害が起こりやすくなります。

オスグッド病の子は、両方の膝が同時に痛くなるのではなく、最初は片方の膝が痛くなって、それをかばっていたら、今度は逆の足が痛くなった、というパターンも多くみられます。



オスグッド病になりやすいスポーツ

・バスケットボール

・サッカー

・バレーボール

・野球

・陸上競技

ジャンプやランニングを繰り返すスポーツ選手がなりやすい膝の痛みです。

オスグッド病の治療法

オスグッド病の治療では、基本的に手術療法を行うケースはほとんどありません。

スポーツをする子供達にとって理想の治療方法とは、練習しながら治していくことだと思います。

しかし、オスグッド病は膝に痛みを抱えています。

その部位をかばいながら練習することで、結局、他の部位にも痛みを発症する恐れがあるという事を忘れてはいけません。

大事な試合が迫っていれば、精神的に焦る気持ちも分かりますが、中途半端な運動制限をするくらいなら、スポーツを完全に休養し、専門の施設でストレッチなどのリハビリに専念することが一番の治療方法だといえます。



オスグッド病の5つの予防法

1.運動前のウォーミングアップと運動後のクールダウンは絶対必須!

オスグッド病を引き起こす原因のひとつに「疲労物質の蓄積」があげられます。

運動後のクールダウンを怠れば、疲労物質がそのまま体の各部に残り、オスグッド病だけでなく、様々なスポーツ障害を引き起こす原因となります。

運動後にはクールダウンを行うことで筋肉疲労を防ぎ、スポーツ障害の防止へとつながりますので習慣づけることが大切です。

合わせて読みたい

2.毎日の入浴で筋肉の疲労を蓄積させない

スポーツをした後の身体ケアは絶対に欠かせません。筋肉や神経の疲労をしっかりと回復することで、離断性骨軟骨炎だけでなく、様々なスポーツ障害の予防となります。

入浴には「温熱作用」「水圧作用」「浮力作用」と3つの作用があり、スポーツ後の疲労回復に大変効果的です。

合わせて読みたい

3.ストレッチで筋肉を柔らかくする

膝のお皿の下の骨が徐々に突出してきたり、痛みを感じるまでの原因は「太ももの筋肉の硬さ」にあります。

つまり、硬くなった筋肉を伸ばすことで、筋肉を柔らかくして回復を早めてくれたり、痛みの再発予防にもつながります。

オスグッド病になると痛くてとても正座なんてできませんが、実は正座も太もものストレッチになります。(ただし、膝に痛みを感じる場合は絶対にしないでください。)

「ストレッチは痛いくらいでちょうどいい」と誤解されがちですが、ストレッチは、我慢して伸ばすものではありません

痛いのを我慢しながら無理に伸ばすと、その部分の筋肉や毛細血管が壊れて、逆に筋肉は硬くなってしまいますので十分に注意しましょう。

4.食事もトレーニングのひとつ

筋肉の質が落ちれば、筋力は低下して、オスグッド病だけでなく、様々なスポーツ障害を起こしやすくなってしまいます。

しっかり3食を摂ることは大前提として、バランスよく栄養素を体へ取り入れることが大切です。

特にミネラルに含まれる「マグネシウム」には、筋肉を柔らかくしてくれる効果が期待できます。

しかし、激しい運動を行えば、汗と一緒に流れるだけでなく、ストレスや疲労をカバーするために、大量にマグネシウムが使われます。

三食の食事からしっかりと摂取するように心がけましょう。

5.バッシュやインソールは選手にとって大事なアイテム!

体を支える土台となる「足」の機能が低下すれば、骨格のバランスが崩れ、全身に過剰な負担が掛かります。

衝撃吸収力に欠ける靴やサイズの合っていない靴での運動は絶対に避けましょう。

自分の足に合った靴を選び、足のアーチをしっかり支えてくれるインソールを使用することで、スポーツ時にかかる膝や腰の負担を軽減してくれ、オスグッド病だけでなく、様々なスポーツ障害を予防してくれます。

合わせて読みたい

シェアする