親の声かけひとつで変われる!子供のやる気スイッチを引き出す方法

2018年10月15日教育・子育て

女子中学生

子供に目標ができても行動が伴わないことってよくあります。

「次の定期テストでは90点台をとるぞ!」と言っていたけれど、全然勉強する気配がない。「俺も次の試合ではレギュラーになるぞ!」と言っていたけれど、自主練を始めるわけでもなく何が変わったのか分からない・・・

そのような行動ってどんなお子さんにもあるし、決して珍しいことでも、ダメダメな学生ってわけでもありません。

その先で行動できるかどうかは、親の声かけも大きく影響しているのです。

そこで今回は「親の声かけひとつで変われる!子供のやる気スイッチを引き出す方法」についてお伝えしたいと思います。




やる気スイッチのオンとオフ

お母さんやお父さんの声かけで子供のやる気を削る言葉があります。それは「否定の言葉」です。

「また口先だけじゃないよね?」

「それ、前にも聞いたし」

「いつになったら本気出すの?」

「できなかった原因は何か分かってる?」

「どうしてやろうとしないの?」

と過去に対しての否定の言葉はやる気スイッチを探すどころか、やる気スイッチに蓋をしてしまうようなものです。

ではどのような言葉が子供のやる気スイッチを押してくれるのかってことですが、それはとても簡単です。

過去に対する否定の言葉の逆の言葉をかけてあげればいいのです。

「そのためにお母さんが手助けできることってある?」

「それを手助けしてくれる人はいる?」

「実現するためには何からしたらいいのかな?」

そうです、未来の肯定的な言葉が必要なのです。

もちろん、失敗から学ぶこともあるし、ダメだった場合はその原因を知ることも改善の方法ではありますが、この場合に子供の口から出る言葉には「先生の授業が分かりにくいから」「部活がハードで勉強する時間がなかった」などの言い訳が多くみられます。

残念ながらそのような言い訳から子供が得られるものは何もありません。

それよりも大切なことは「本当はどうなりたいの?」と未来に向けて進める質問をしてあげることです。

過去のダメ出しは気分を暗いものにさせますが、未来が見える質問は子供をワクワクさせてやる気をスイッチをオンにしてくれるでしょう。




後ろ向きな声かけは子供を追い詰める

親は子供の将来を心配して色々な声かけをしていると思います。

勉強が嫌いな子にいくら「勉強しなさい」と言っても仕方ない。でも言わずにはいられないし、言ったことで親としての役割を果たした気になるのでとりあえず声をかける。そんな感じで声をかけているお母さんは多くいるのではないでしょうか?

「どうしてできないの!?」「今まで何をしてきたの!?」このような声かけはやる気がスイッチが入るどころか、むしろ責められている気分になって子供は耳を防ぎたくなるだけでしょう。

親がどうにかしたいと考えれば考えるほど話は長くなり、子供はどんどん追い詰められてやる気が低下したうえに親子の間に溝ができてしまうというケースが多くあります。

お母さんは子供が前へ進めるために、将来のために言っているつもりでも、後ろ向きな言葉かけは逆効果となってしまいますので、今一度ご自分の発言を振り返って、修正できる部分は修正していくようにしましょう。

相手を変えたいと思う時ほど、自分自身を変えることでスムーズにことが運ぶことは意外と多くあります。




親が変われば子も変わる!

お子さんが勉強をしてくれない、成績がどんどん下がっている、何に対してもやる気を感じないなど、そのような姿を見ると親としては「このままではダメな大人になってしまう」

「今のうちになんとかしなければ」と考え、「やるべきことをしなさい」「いつになったら始めるの!?」「このままでは行きたい高校へ行けないわよ!」などと口うるさくなってしまうことがあると思います。

この言葉に共通するのは全て否定の言葉で、なんとか子供をコントロールしようと攻撃的になっているようにも思える言葉でもあります。

まず親は、子供が親の言葉に従って当然だという考えを捨てましょう。

「私はそんな考えなんて持っていない!」というお母さんもいるかと思いますが、心の奥底にあるその思いがどこかで邪魔しているはずなので、子供を一人の人としてきちんと接してあげるよう心がけてみてください。

思春期の時期だと特にしなさいと言ったことはしないけれど、してはいけないと制限をしたことに限って隠れてやろうとする「あまのじゃく」な一面があります。

親にあれこれうるさく言われるとやる気を低下させてしまい、反抗心を煽ってしまいますので、子供の自主性を高めさせる言葉かけをすることが大切です。

2018年10月15日教育・子育て

Posted by kids-athlete