ママ友トラブルはスポ少でもあった!要注意ママの特徴と対処法

2017年11月9日スポ少・部活

派閥をつくりたがるママ友グループ

ママ友

スポ少の中に何人かで結束し、派閥をつくりたがるママ友グループがあります。

そのママ友グループは人の悪口を言い合うことで、自分たちは仲間だと勘違いしているグループ集団です。

1人で堂々としていて、群れに入ることをしない親は、多少の陰口を言われることはあってもトラブルに巻き込まれるリスクは低いと言えます。

一番恐ろしいのは、その集団にいて突然いじめの対象にされること。

ボスママの気分でそうなるケースもあるため、された本人は何が原因か分からないことも多々あります。

そんなトラブルに巻き込まれないためには、派閥をつくりたがったり、人の悪口で結束を固めるようなママ友とは適度な距離を置くのが一番です。




勧誘ママ友とのトラブル

ママ友

今は共働きが増え、スポ少のママ達も働くお母さんがたくさんいます。

その中で面倒なのが保険の勧誘やエステの勧誘などスポ少のママたちに営業をかけるママ友です。

私のお友達もスポ少のママ友から「離婚したって聞いたけど大丈夫?これからはママ一人だから保険とかしっかりしてるの入った方がいいと思うよ。よかったら一度紹介させて」と言われたらしいです。

なんかぞっとしますね。心配したふりしてしっかり営業してるんですから。

私のお友達は「余計なお世話です」と言いたいのを抑え、「保険のことはお友達にお願いしているから大丈夫よ。もしもお願いしたい時はこちらから連絡するね。」と伝え、それから個人的に勧誘されることは一切なくなったようです。

しかしそれから別のママが勧誘のターゲットにされ、しつこく勧誘された結果、お付き合いで契約を結んだそうですが、聞いていた契約内容と実際に結んだ契約内容が違っていたようでトラブルとなり揉めてしまったそうです。

ママ友との付き合いは浅く広く

ママ友との付き合い方

今まで色々なママ友同士のトラブルを見たり、ここで相談を受けてきましたが、そのうえで私が出した結論は、ママ友を信用しすぎてはいけないと言うことです。

特にスポ少のママ友に子供の事を相談することは、やめたほうがいいかもしれません。

子供の将来にも大きく影響しそうな大事なことは特にです!

冷たい言い方かもしれませんが、本当に心から心配してくれて、 心から最善のアドバイスをしてくれるのはママ友ではありません。

特にレギュラー争いが激しいチームだと、自分が気が付いていないだけで、嫉妬や妬みを抱かれていることもありますので、同じチーム内のママ友と距離を縮めすぎるのは危険です。

意外と他チームのママ友のほうが、そんなしがらみもなく仲良くなれたりするケースもあるようです。

まとめ

今回は 「ママ友トラブルはスポ少でもあった!要注意ママの特徴と対処法」ついてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

結局は「深入りしない」「距離を縮め過ぎない」など上手に付き合っていくことが大切なのです。

ママ友は学生時代の友達と違って、子供を交えての付き合いになるため、その分トラブルになりやすいし、相手にとって不愉快な発言をしてしまったりということが少なくありません。

あなたはアドバイスをしたつもりでも、相手からは「私のことバカにしてるの?」「何で上から目線で言われなきゃいけないの!?」と認識されることもあるのです。

ママ友同士のトラブルは、何気ない一言がきっかけだったということも少なくありません。

ママ友同士の付き合いは学生時代の友達とは違うということをしっかり認識しましょう。

2017年11月9日スポ少・部活

Posted by kids-athlete