【学校問題】子供同士のトラブルに親はどのように対応すればいいのか

友達 トラブル

子供達が小学校や中学校に進学すれば、誰にでも起こりうるのが「友達同士のトラブル」です。

そのトラブルには、子供同士で解決できるものから、担任の先生に手助け・指導してもらいながら解決できるもの、親同士が面談をして話し合わなければならないものまで、トラブルの大きさは様々です。

トラブルが起きた時、学校の対応がしっかりしていれば、ことは大きくならずに学校と自宅での指導ですむことも多いのですが、中には怒鳴り込んでくる親がいたり、先生自体がトラブルから逃げ腰でスムーズに解決しないことがあります。

親同士で直接話すのはNG!

子供同士のトラブルで加害者・被害者が明らかな場合、被害者の親は加害者の親に謝罪を求めますし、加害者の親は謝罪に行かなければっと考えるかと思いますが、親同士だけで直接話すのは避けた方がいいでしょう。

その理由は、少なからず相手の子供を非難してしまうということ。

それは被害者の親であ加害者の親であろうが同じです。

「うちの息子が悪い部分も多くありますが、あなたの息子さんもですね・・・」と言ってしまえば反感をかってしまい話をこじらせることも。

相手の親が自宅まで怒鳴りこんできてもその場で解決しようとはせず、「事実確認をして学校の先生に立ち会ってもらい話し合いましょう」と伝えることが大切です。



子供が加害者になった場合

子供同士のトラブルで自分の子供が加害者なった場合、多くの親は本当にうちの子が悪いのかと子供へ事実確認を行います。

その際に子供が全て本当のことを話してくれればいいのですが、子供が自分自身を守ろうとして事実とは違うことを言ってしまうことがあります。

そしてわが子の言い訳を鵜呑みにし、「うちの子は悪くない」と思ってしまう親も少なくありません。

そこは子供の話をよく聞いてしっかりとした判断をすることが大切です。

学校の先生が加害者よりに見えるのはなぜ?

自分のお子さんがお友達とのトラブルで怪我をしたときや心に傷を負ったとき、多くのお母さんが感じること、それは先生の対応に対しての不満です。

被害にあったお父さんやお母さんは事実確認はもちろんですが、相手の親御さんに謝罪をしてもらいたいと考えると思います。

そして子供にどのように指導し、これから同じようなことは起きないといった確信や安心がほしいと思います。

ただ、これって学校から強制はできないんですよね・・・。

あくまでも向こうの親御さんが謝罪をしたいと申し出なければ相手側からの連絡はあり得ないのです。

そして先生としても、加害者と話をして解決するよりも被害者側と話をして理解してもらう方が簡単なのです。

結局、ヤンチャでなかなか先生の言うことを聞かない子より、大人しくて真面目な子と話した方が話が早く解決するってことを知っているんですね。

担任の先生に相談する

学校でのトラブル解決は先生がカギとなります。

先生に話を聞いてもらえば、客観的に相手の子と自分の子の両方の話を聞いてもらって、一方的でない解決を探ってもらえますし、親同士が揉めてトラブルを大きくすることを防いでくれます。

その際に学校側の対応に不満を感じても、学校側を非難したり担任の先生を一方的に責めることはお勧めできません。

お母さんやお父さんはそれですっきりしたとしても、お子さんはまた次の日からその先生と教室を共にするのですからそのことも考えてあげましょう。

先生は一人で教室の生徒を見ているため、すべてを把握できないことは当然だし、その点を責めても解決には至りません。

シェアする