息子の家庭内暴力の原因は?攻撃的になる子供の心理と親ができること

2018年9月16日教育・子育て

暴力STOP

家庭内暴力をを起こすケースで多いのが、経済的に余裕があり、母親はとても教育熱心で、先回りして子供の行動を誘導(コントロール)、支配する傾向にある場合です。

親はすべて子供のためだと色々してあげるているつもりでも、子供が思春期を迎え、自我が芽生えてくれば違和感を感じることはおかしいことでも、珍しいことでもありません。

今まで親に押さえつけられていた自分の感情が一気にあふれて家庭内暴力を引き起こしてしまうのです。

家庭内暴力が起きる親の特徴

・子供の話を最後まで聞かない

・虐待をしていた

・子供の未熟さ、失敗に厳しい

・子供に対する期待が大きい

・子供の話を聞くよりも自分が話している時間の方が長い

・周りからの評価を気にする

子供達は親が想像している以上に親の行動を見ています。自分はどれほど親に愛されているのか、自分にはどれほどの価値があるのか、感受性の強い子ほど無意識のうちに考えているものです。

先日、原因不明の視力低下を訴える中学1年生の男子生徒のカウンセリングを担当したのですが、その時に一緒に来たお母さんがとても印象的でした。

私が男子生徒の目を見て質問をしても、隣に座っているお母さんが全て答えるのです。

「目が見にくくなったのはいつから?」と聞けば、お母さんが「2週間前からと問診表に書きましたが!」と言い、「習い事は何かしているの?」と聞けば、「この子は水泳とお習字と塾へ行っております。学校での成績は優秀な方で・・・」と隣にいるお母さんが話しだず。

私がいくら待合室で待っているように促しても、「この子のことは私が一番分かっていますし、同席できないのであればお話はもう結構です」と言う始末。

私は、「そっか・・・原因はこのお母さんか・・・」とその場で確信することができました。

男子生徒はきちんと私の目を見て話を聞けるし、私へ何かを伝えようとしても親がそれを遮る。こんな状態が家庭内で続けば、息が詰まってストレスが蓄積されるのは間違えありません。

子供が家庭内暴力を振るった時の対応

子供が家庭内暴力を振るった時、親は絶望的になり、「暴力を振るうなんてこれからの未来は真っ暗よ」「暴力を振るうなんて最低な人間のすることだわ」なんて考えが頭をよぎるかもしれませんが、お子さんに言葉に出して伝えることは絶対にNGです。

お子さんが家庭内暴力に至るまでには様々な葛藤があったはずです。

誰よりも苦しんで、自分の居場所を失い、自分で自分の感情のコントロールが効かなくなってしまった。

人は誰でも、環境を変えようとしたり、普通じゃないことをすることに消極的です。みんなと同じ自分、普通の自分でいることの方が安心だからです。

それでも家庭内暴力を振るってしまう子には何らかの原因があるのです。

まずは一番近くにいるお母さんやお父さんがその事実を受け止め、お子さんを受け止めてあげることが最優先です。

そのためには、お子さん自身をどうにかしようとするよりも、親であるご自身の考えを改めるほうが解決の近道かもしれません。

子供の自立を受け止めよう

子供が家庭内暴力を振るった時、さらなる威圧感で子供を抑えこもうとするのは逆効果で、さらに子供の自尊心を傷つけて状態を悪化させてしまうことになります。

子供のためだと親がコントロールしようとすれば、子供は自分自身の価値に疑問を抱いて辛い思いをせざるを得ないのです。

自我を抑制されれば、親へ対する拒否感から家庭内暴力を引き起こしてしまうことがあります。

子供の話には根気よく耳を傾け、親は「決めつけない」「否定しない」「支配しない」を心がけ、子供の自立を見守ってあげることも大切です。

2018年9月16日教育・子育て

Posted by kids-athlete