【必見】子供を叱る時に親が気をつけたい3つのポイント

教育・子育て

子供の叱り方

子供を育てていく中で「叱る」「褒める」はよくする行動だと思います。

子供は褒めて伸ばせと言いますし、私もそれには大賛成です。

ただし、どうしても叱らなければならない時ってあると思います。

特に子供が誰かを傷つけたり、自分自身を大切にできていなかったりすれば、きちんと叱ってあげるのも親の役目です。

ただし、威圧的な態度でケンカ腰に話しかけても子供には何にも伝わらないどころか、親子関係を悪くしてしまうだけ。

子供が長いお説教にウンザリしているのに、親の伝えたいという思いが強ければ強いほど話が長くなってしまうものですが、残念ながら子供がウンザリしている時点でいくら一生懸命話しても、右から左に話は抜けいます。

お母さんも疲れ、子供もウンザリして・・・お互いに全然いい方向に向かってないということです。

そこで今回はお互いがもっとストレスなく会話ができるように「子供を叱る時に親が気をつけたい3つのポイント」についてお伝えしたいと思います。




叱るときは短めに、褒めるときは長めに

子供だけでなく大人も含め、失敗を誰かに責められたり叱られたりするときは、短めの話で終わってほしいと思うし、できれば聞かずにすみたいと思うものです。

逆になんらかの成果を出したときや、努力をしたときはどれだけ褒められても嫌な思いはしないものです。

しかし、実際の親が子供へこれらの行動をするときは真逆のことが多いものです。

子供が間違った行動をした場合、親は「きちんと伝えなければ」との思いからどうしても話が長くなってしまいます。

「そろそろ私の話にウンザリきているな・・・聞いてないな・・・」と察した時点で話を辞めてしまえばいいのですが、親はあれもこれもと長々と話してしまうますが、はっきり言って「無駄」です。

子供の頭の中は「マジでうざいな・・・」「いつまで続くんだろう・・・」「また同じこと言ってるよ」とこんな感じでしょう。

なので叱るときのポイントはいかに短く大切なことを伝えられるかということになります。



叱るときは目を見ずに、褒めるときは目を見て話す

お母さんが子供を叱る時って片手間で話すことってあまりないと思います。

お子さんを静かな場所へ呼んで「ここへ座りなさい」と座らせる。これはドラマの中でも漫画の中でもよくあるシーンです。

ここまではこれで問題ないのですが、この時に注意したいのが、子供の目を見過ぎないとことです。

お母さんの怒りや伝いたいという思いが強ければ強いほど、お母さんの目力は強くなり、子供は余計に「責められている」「怒られている」と感じとり、お母さんの言葉に対して拒否反応を起こしてしまいます。

そして自己防衛から本能的に嘘をついてしまったり、分かってないのに分かったふりをしたり、結局お母さんの意図が上手く伝わっていないという状態をつくりかねません。

叱るときは目線を少し下げ気味にし、子供にも「こっちを見なさい!」と無理やり目を合わすことをさせないようにしましょう。

そして、子供に「あなたはどう思う?」「これからどうしたいと考えてるの?」と質問を投げかける時にだけ目を見て話すようすると、子供を余計に緊張させずスムーズに話すことができます。

逆に褒めるときは、しっかり目を見て今までの努力や頑張りをしっかり褒めてあげるようにしましょう。

褒める時って「しっかり伝えないと」という親の思いがあまりないため、どうしても片手間で簡単に終わらせてしまいがですが、子供の自己肯定感を育てるためにもしっかり褒めてあげるようにしましょう。



叱った後のフォローも忘れずに

親が子供を叱る時って少なからず「怒り」の感情も混じっていると思います。

「こんなにしてあげているのに、どうして親の期待に応えられないのかしら」「どうしてするべきことができないのかしら」「これからどうしたいと思っているのかしら」などお母さんの心配や不安が怒りに変わることは誰にでもあることです。

その流れで子供を叱ってしまうと多少なりとも感情的になってしまうかもしれませんが、叱り終わった後でもズルズルとそんな感情を引きずっていれば、家庭の中に不穏な空気が漂って決していい影響は与えません。

伝えるべきことを伝えた後は、子供が興味を持っているもので全く関係ない話をしてお互いの気持ちを切り替えるようにしましょう。

子供は叱られたことで自分自身を否定されたと認識していますので、子供が好きなスポーツの話でもいいし、ゲームの話でも構いません。最後は子供の好きなものを肯定し、笑って終われる話をするようにしましょう。

まとめ

今回は「子供を叱る時に親が気をつけたい3つのポイント」についてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

この3つのポイントを頭に入れておけば、今までよりも子供とのコミュニケーションはスムーズにいくはずです。

人は誰でも自分自身を否定されることを嫌だと思っているし、何よりも恐れています。

そして親が考えているよりも子供は親からの「支配」や「感情コントロール」に敏感で、それは思春期に大きな問題へ繋がるケースもあります。

子供へ親の思いを伝えるためにも「叱るときは短く、目線はやや下向きで」「褒めるときはしっかり、目を見て話す」を忘れないようにしましょう。

教育・子育て

Posted by kids-athlete