レッドブルは子供のスポーツパフォーマンスに影響するのか?

2018年3月13日スポーツ能力UP

ラグビーをする少年たち

今朝コンビニへ寄った際、ランドセルを背負った小学3年生くらいの男の子とお母さんらしき女性がコンビニから出てきました。

感じからして親子だと思うのですが、子供の手にはあんぱん、そしてお母さんの手にはエナジードリンクの「レッドブル」が・・・。

私はまさか・・・と思いながらその親子を目で追っていると、まさかのまさか、レッドブルを男の子へ渡して男の子は一気にレッドブルを飲み干していました。

男の子はランドセル以外にも大きなエナメルバックを肩から掛けていたので、スポーツをしているのでしょうが、皆さんは小学生のお子さんにエナジードリンクを与えたりしていないですよね?

いくらお子さんが飲んでみたいと言ってきても、安易に与えてしまうと、健康や発育に悪影響を及ぼすケースが国外でも国内でも報告されています。

そこで今回は「レッドブルは子供のスポーツパフォーマンスに影響するのか?」についてをお伝えしたいと思います。

エナジードリンクとスポーツパフォーマンス

子供達がエナジードリンクに手を出すきっけとなる原因には、勉強やスポーツで結果を出したいというようなことがあげられます。

ある夏の日、バスケットボール部の試合会場で、中学3年生の男子生徒が「吐き気がする、胸が痛い」と顧問へ訴えました。

男子生徒は以前から練習中にも体の異変を訴えることが増えていたため、顧問は男子生徒へ聞き取りを行いました。

そこで判明したのが、「吐き気がする、胸が痛い」と訴える数分前に、エナジードリンクを飲んでいたこということ、そして最近では飲んだ数分後に体調の変化を感じるようになったという事でした。

その男子生徒はエナジードリンクを飲めば、試合でのスポーツパフォーマンスが向上すると考え、練習前や試合前に飲むことが当たり前になっていたようです。

全国の養護教諭からは、エナジードリンクによるカフェイン中毒の恐ろしさ、安易に常飲する子供達の健康面・発育面に対する不安や心配の声が多く聞かれます。



エナジードリンクの落とし穴

2011年にメリーランド州の14歳の少女が、24時間でモンスターエナジー2本を飲んで死亡したという事例が報告されています。検死によって明らかとされた死因は「カフェインの毒性による不整脈」でした。

お酒を帯びるように飲めばアルコール中毒になるし、違法薬物を乱用すれば薬物中毒になる。

エナジードリンクに含まれている高濃度カフェインも同じなのです。

その証拠に、様々な国でカフェイン中毒による死亡例が報告されています。

エナジードリンクの販売禁止

エナジードリンクに含まれる高濃度カフェインが子供達の健康状態を害するリスクがあることから、リトアニアでは18歳未満にはエナジードリンクの販売を禁止する法律が施行されました。

しかし、日本国内ではコンビニやスーパー、ドラックストアへ行けば、子供でも簡単に手に入るため、大人達もエナジードリンクのカフェイン中毒にはまだ関心が少ない方も多くいらっしゃいます。

そこで大切なことは、大人達がエナジードリンクの危険性をしっかり理解して子供達へ教えてあげなければいけないという事です。

エナジードリンクの危険性

エナジードリンクを飲むと一時的に脳が覚醒状態になります。そのため、勉強やスポーツに効果を発揮して、さらにその効果を持続したいと考え、それが依存と繋がるケースが見られます。

エナジードリンク摂取すると、頭がすっきりして、眠気がなくなったり、疲れが取れたような気になりますが、摂取を続ければ、体は常に興奮状態となり、自律神経は乱れ、睡眠不足、集中力の低下、発育阻害、いらつき、頭痛、吐き気、胸痛などを引き起こしてしまうことになります。

また、もともと心臓の病気を持つ子供がカフェインを摂取しすぎると不整脈を起こして心臓を止めてしまうこともあるようです。

エナジードリンクに含まれるカフェイン量

一般的な成人のカフェインの上限摂取量は1日180㎎までと言われています。

「レッドブル

」に含まれるカフェインは80㎎で、「モンスターエナジー」では142㎎のカフェインが1本に含まれています。

カフェインの血中濃度が最大になるのが、摂取から1時間以内で、その濃度が半減するのが、約2~7時間だと考えられています。

しかし、子供では濃度が半減するまでの時間が大人に比べて長いため、大人と同じ考えで摂取することはとても危険です。

子供の健康状態に、タバコやアルコールが悪い影響を及ぼすことは皆さんよくご存じだと思いますし、子供達がタバコを吸っていたら全力で止めるでしょう。

エナジードリンクの依存性の恐ろしさ、副作用からも、それは同じものだと考えていいのではないでしょうか。

2018年3月13日スポーツ能力UP

Posted by kids-athlete