スポーツをする子供のスタミナを高める体づくり|アミノ酸のちから

アメリカンフットボールをする少年

試合の前半は勢いがあっても、後半になれば、スピ―ドが落ち、判断力は低下し、気が付けば思うようにプレーができなくなっている・・・。

スポーツをする子供達にはよく見られる光景です。

サッカー、バスケットボール、野球、テニス、長距離ランナーなど、持久力を必要とされるスポーツであれば、この「スタミナ」こそ、勝敗の分かれ道だと言っても過言ではないでしょう。

そこで今回は「スポーツをする子供のスタミナを高める体づくり|アミノ酸のちから」についてお伝えしたいと思います。

スタミナの敵は疲労物質

同じ年齢、同じ体格の持ち主でも、試合中のスタミナの持続力は選手それぞれ違います。

スタミナがない選手もいれば、最後まで最大限の実力を発揮する選手もいます。

では、その違いとは何でしょうか。

もちろん、その日のコンディションも試合には大きく影響しますが、スタミナの維持には 「疲労物質の蓄積」が影響しています。

疲労物質が、筋肉の収縮性を低下させ、瞬時の判断力を鈍らせてしまうのです。

アミノ酸とスタミナ

試合中の筋肉疲労を防ぎ、スタミナを高めるのに活躍してくれるのが、たんぱく質のもと「アミノ酸」です。

アミノ酸(BCAA)は、運動中に酸素と結びついて、筋肉のエネルギーを作り出すことができます。

つまり、運動前にアミノ酸をとることで、 運動中のエネルギー供給が高まり、スタミナの維持に効果を発揮してくれるのです。

アミノ酸が発揮するおもな効果

・成長ホルモンの分泌を促して、筋細胞の働きを活発にする

・脳の命令がスムーズに筋肉へと伝わり、瞬発力が上がる

・持続的にエネルギーを供給することができる

・筋肉疲労を予防し、より早く回復する

・免疫力を向上させ、病気になりにくい身体をつくる



試合前に効率よく摂れるアミノ酸

アミノ酸とはざっくり言ってしまえば「たんぱく質」。

たんぱく質と言えば、肉や魚、乳製品などがあげられますが、練習前や試合前に摂取することは現実的に難しいものがあります。

そこで活躍してくれるのが、スポーツ飲料やサプリメントです。

子供達が練習や試合中の水分補給として使われる、アクエリアスやポカリスエットなどにも微量ではありますが含まれていますし、アミノバイタルゼリーやウィダーインゼリーの中にも多く含まれています。

アミノ酸の種類と効能

アミノ酸が「スポーツをする子供達へ欠かせない効果」を発揮してくれるのは試合中だけではありません。

運動後には「筋肉の合成と分解」が行われます。

その際に必要な栄養素が足りていなければ、分解の増加が合成を上回り、運動をしたのに、筋肉が減ってしまうという事態を引き起こします。

試合後に素早くアミノ酸を摂取することで、激しい運動で傷ついた筋肉を修復し、次の試合、明日からの練習へ備えた身体をつくってくれます。

そのため、運動後にもしっかりとアミノ酸を摂取することが大切です。



疲労の発生を抑制する「BCAA」

BCAAとは分枝鎖アミノ酸の略で、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」のことを言います。

BCAAは筋肉に代わり、エネルギー源となることで「筋肉の破壊を防ぎ疲労物質の発生を抑える」効果があり、BCAAを運動前や運動中に補給すれば運動中のエネルギー源であるグリコーゲンを温存することができます。

また、BCAAは「やる気」や「集中力」の向上にも効果を発揮してくれますので、怪我の予防やパフォーマンスの向上も期待することができます。

BCAAを多く含む食品
牛肉、レバー、鶏肉、鮭、あじ、牛乳、プロセスチーズ、トウモロコシ、納豆

疲労回復を早める「アルギニン」

血流を促進して老廃物の排出を促してくれるのが「アルギニン」です。このアルギニンが持つ「血行促進効果」によって、体力の向上が期待できます。

また、アルギニンには「成長ホルモンの分泌」「たんぱく質合成を促す効果」があるため、成長期には欠かすことのできない成分と言われています。

アルギニンを多く含む食品
鶏肉・牛乳・エビ・大豆・ナッツ

疲労感や筋力低下を軽減する「グルタミン」

体内アミノ酸の60%以上を占め、運動でもっとも消費され枯渇しやすいのが「グルタミン」です。
不足すれば「疲労感や筋力低下」につながります。

グルタミンを供給することで、疲労回復をサポートし、筋力の回復や成長を促してくれ、筋肉の質を向上させる働きをすることから、アスリートの筋肉痛にも効果的です。

さらに、グルタミンは別名「脳のエネルギー」とも言われ、バスケットボール、サッカー、テニス、バレーボール、野球のように集中力の維持が必要な競技には必要不可欠だと言えるでしょう。

ところがグルタミンは、熱に非常に弱く、お酢などの強い酸性食品と共に食べると変成してしまいます。食品からグルタミンを摂取する場合は、生卵やお刺身などが効率的です。

グルタミンを多く含む商品
卵、魚、肉、アーモンド、落花生、チーズ
スポンサーリンク

シェアする