空間認識能力を鍛える6つの方法【必見】子供のスポーツ必勝法

空間認識能力を鍛える6つの方法

子供の頃なら、野山や野原で遊ぶことで空間認識能力は自然に身に付くものですが、今の子供達は、野山や野原で遊ぶことが少なくなっています。

そのため、空間認識能力を高めるには、屋内で可能なトレーニングを行う必要があります。

では、その空間認識能力を鍛えるための方法をいくつかご紹介したいと思います。

目を閉じて空間認識能力を鍛える

目を閉じてる女の子

空間認識能力を鍛える1つ目の方法は「目を閉じで直観力を働かせる」ということです。

空間認識能力は目を開けている状態よりも閉じている状態の方が活発に働くと考えられています。

例えば、目の前に置いてある物を取るなど、日常の中で何気なく行っている作業を、両目を閉じて直感力を働かせ行動するだけで、空間認識能力は鍛えられます。

まず5~7m先に目印を見つけ、目印までの空間を視覚で確認してから目を閉じます。

そして、目印までの空間認識を頼りに目を閉じたまま歩き出し、目印の位置まで移動します。

最初は難しいと思いますが、繰り返すうちに確実に空間認識能力が磨かれていきます。

合わせて読みたい

スポーツ観戦をして空間認識能力を鍛える

家族でスポーツ観戦

空間認識能力を鍛える2つ目の方法実は「スポーツ観戦」です。

バスケットボールであれば、味方がどこにいて、どのようにパスを出せば最も相手に邪魔されずに得点のチャンスへとつなげられるかを判断しなければなりません。このように、自分と空間の関係、周囲にいる人の位置や動きなどを的確に判断できる能力こそが空間認識能力です。

テレビなどのスポーツ観戦でも、自分がコートに立って相手の位置や動きを観察しているかのように見ていれば、空間認識能力を十分に刺激することが可能なのです。

合わせて読みたい

部屋の片づけで空間認識能力を鍛える

子供部屋

空間認識能力を鍛える3つの方目の方法は「部屋の模様替え」です。

部屋の片付けや模様替えは、決められたスペースを効率良く使わないと、上手く部屋が片付きません。そのため、上手く片付ける工夫は空間認知能力を働かせてくれます。つまり、部屋の模様替えは空間認識能力を鍛えるのには最適だと言うことです。

正しい姿勢で空間認識能力を働かせる

空間認識能力を鍛える4つ目の方法は「正しい姿勢でいること」です。

ソファに寝そべって頭が斜めになった状態でテレビを見ていると、映像の中での位置や形などが理解しづらくなる。こんな経験はありませんか?

姿勢が正しく保たれないと身体のバランスが崩れ、空間認識能力が働きにくくなると言われています。

逆に正しい姿勢、水平な目線を維持すると、物事を正確に理解したり、身体をコントロールしたりすることがしやすくなります。

絵を描くと空間認識能力が鍛えられる

絵を描く子供

空間認識能力を鍛える5つ目の方法は「絵を描く」ということです。

絵を描くということは、スポーツと全く関係にないように思われますが、実は絵を描くことで空間認識能力を鍛えることができます。

ただし「絵を描く」といっても、キャラクターの絵を書き写すのでは意味がありません。

つまり平面の物を描くのではなく、景色など立体的な物、つまり建物と建物の距離感や大きさ、色や影、角度等を感じれる絵を描くことが重要なのです。

ジグソーパズルで直観力を養う

ジグソーパズル

空間認識能力を鍛える6つの方法は「ジグソーパズルをする」です。

ジグソーパズルは、バラバラになった絵や写真のピースをはめ込んで1枚の絵にするものです。

見本となる写真の全体を見て、自分が持っているピースはこのあたりだろう考えながらパズルをはめ込んでいきます。その動きや働きが右脳を鍛えてくれ、イメージ力や直観力を養うと考えられています。

また、見本を見ずに、ピースから元の絵がどのような絵なのかを想像して、その想像を元にパズルをはめ込めば、難易度はかなり上がりますが、さらに想像力を鍛えることができます。

まとめ

今回は「空間認識能力を鍛える6つの方法【必見】子供のためのスポーツ必勝法」についておつたえしましたがいかがでしたでしょうか。

空間認識能力を鍛えるということは、スポーツをするうえで競技能力を鍛えることに等しいのです。しかも、このように日常生活の中で鍛えることができるので、どんどん鍛えて勝てる体をつくりましょう。

スポンサーリンク

シェアする