スポ少で子供がレギュラーになれない時の考え方|スポーツの目的とは

スポーツをする子ども

スポーツをしている子供達が掲げる目標には、「チーム目標」と「個人目標」の二つがあります。

チーム目標には、県大会優勝、全国大会出場などがあげられ、個人目標には、新しいことに挑戦するための課題や、自分のポジション、レギュラーになることなどがあげられます。

個人競技にはなく集団競技にあるもの、それは「レギュラー争い」です。

レギュラーになって喜ぶ子供達がいる裏で、レギュラーを外されて落ち込む子供達もいます。

先日、子供がレギュラーから外されて辛いというママさんからご相談のメールをいただきましたので、今回は「スポ少で子供がレギュラーになれない|親のあり方とは」についてお伝えしていきたいと思います。

子どもがレギュラーから外されて悩んでいます(かなさんからのご相談)

うちの子は小学3年生から野球を始め、現在5年生になりますが、数か月前からレギュラーを外されるようになりました。

決して下手ではないと思うし、他の子と比べて劣っていると思えるところもなく、本人も理由が分からずモチベーションも低下しています。

ちなみにチームメンバーは6年生が7人5年生が13人と下級生数名です。来年になったとき、息子が9人の中に入れなかったらと考えると胃が痛くなります。

だから息子には心を鬼にして、「自主練をしなさい」「レギュラーになれないのなら野球なんてやめなさい」など声をかけていますが、息子は反抗的な態度をとるだけで私の言葉が響いている気配は全くありません。

親のほうがモヤモヤしている状態です。私はこれからも息子には頑張ってもらいたいと思っています。でもどうやってやる気を出させ頑張らせたらいいのかが分かりません。

私はどのように声を掛けたらいいのでしょうか。アドバイスお願いします。

子供がスポーツをする本当の目的とは

はじめまして。かなさんの辛いお気持ちはよく分かります。

子供を応援している親としては、お子さんの活躍を願うのは当然だし、せっかく応援に来ているのだから、お子さんがプレーするところを多く見たいですよね。

それだけかなさんが熱心にお子さんを応援している証拠だとも思います。

しかし、私からかなさんにひとつお願いがあります。

お子さんを「レギュラーになれるかなれないか」「試合で結果を出せるか出せないか」などの評価で、お子さんを責めたり、野球を取り上げるよな発言をしないでもらいたいということです。

少年野球は人数が少なくても戦力に欠けますが、多すぎてもレギュラー争いで大変な思いをすることがあるでしょう。野球は9人で戦いますが、代打や代走などを考えると不要な選手なんて1人もいないのです。

ベンチにいる以上は自分の出番を期待して待つ、練習では自分の課題を一歩ずつクリアする力を培う、お母さんやお父さんにはお子さんのそんな支えとなってほしい思います。

子供の自己肯定感を大切に

お母さんが「レギュラーの座」ばかりを気にしてしまうと、お子さんは「レギュラーになれない自分はダメな選手」「レギュラーになれないのならチームにいても意味がない」と考え、スポーツをする本来の目的を失い、好きでしていた野球が嫌いになってしまう恐れがあります。

子供達が自分の存在価値を自分自身で認めてあげれないということは、本人にとってはとても辛いことなのです。

お子さんが反抗的な態度をするとのことですが、それはお子さん自身が考えだしている証拠で、葛藤している最中なのかもしれません。

子供に頑張ってもらう一番の方法、それは「ガミガミ言わないこと」です。辛いかもしれませんが我慢です。

お子さんが自分自身で考え行動に移すことを待ちましょう。

もちろん「ただ何もしないで見ていてください」と言っているわけではありません。全力でお子さんをサポートしてあげてください。

それは、強く頑丈な体をつくるための栄養管理や体のケア、継続する力・自己肯定感を育てる心のケアだったりということです。

子供には「子供自身が頑張るべきこと」「子供自身が努力するべきこと」があるように、カナさんにも「お母さんでしかしてあげられないこと」「お母さんがするべきこと」があると思うのです。

子供達は下を向いて歩こうとすると障害物にぶつかって前へ進むことができなくなってしまいます。お子さんと上を向いて前へ進めるようサポートしてあげてください。

>>現状だけでネガティブになるのはNG

スポンサーリンク

シェアする