スポ少で子供がレギュラーになれない|親のあり方とは

ペアレーチング

スポーツをする子ども

スポーツをしている子供達が掲げる目標には、「チーム目標」と「個人目標」の二つがあります。

チーム目標には、県大会優勝、全国大会出場などがあげられ、個人目標には、新しいことに挑戦するための課題や、自分のポジション、レギュラーになることなどがあげられます。

個人競技にはなく集団競技にあるもの、それは「レギュラー争い」です。レギュラーになって喜ぶ子供達がいる裏で、レギュラーを外されて落ち込む子供達もいます。

先日、子供がレギュラーから外されて辛いというママさんからご相談のメールをいただきましたので、今回は「スポ少で子供がレギュラーになれない|親のあり方とは」についてお伝えしていきたいと思います。

子どもがレギュラーから外されて悩んでいます(かなさんからのご相談)

うちの子は小学3年生から野球を始め、現在5年生になりますが、数か月前からレギュラーを外されるようになりました。

決して下手ではないと思うし、他の子と比べて劣っていると思えるところもなく、本人も理由が分からずモチベーションも低下しています。

ちなみにチームメンバーは6年生が7人5年生が13人と下級生数名です。来年になったとき、息子が9人の中に入れなかったらと考えると胃が痛くなります。

だから息子には心を鬼にして、「自主練をしなさい」「レギュラーになれないのなら野球なんてやめなさい」など声をかけていますが、息子は反抗的な態度をとるだけで私の言葉が響いている気配は全くありません。

親のほうがモヤモヤしている状態です。私はこれからも息子には頑張ってもらいたいと思っています。でもどうやってやる気を出させ頑張らせたらいいのかが分かりません。

私はどのように声を掛けたらいいのでしょうか。アドバイスお願いします。



子供がスポーツをする本当の目的とは

はじめまして。かなさんの辛いお気持ちはよく分かります。

子供を応援している親としては、お子さんの活躍を願うのは当然だし、せっかく応援に来ているのだから、お子さんがプレーするところを多く見たいですよね。

それだけかなさんが熱心にお子さんを応援している証拠だとも思います。

しかし、私からかなさんにひとつお願いがあります。

お子さんを「レギュラーになれるかなれないか」「試合で結果を出せるか出せないか」などの評価で、お子さんを責めたり、野球を取り上げるよな発言をしないでもらいたいということです。

少年野球は人数が少なくても戦力に欠けますが、多すぎてもレギュラー争いで大変な思いをすることがあるでしょう。野球は9人で戦いますが、代打や代走などを考えると不要な選手なんて1人もいないのです。

ベンチにいる以上は自分の出番を期待して待つ、練習では自分の課題を一歩ずつクリアする力を培う、お母さんやお父さんにはお子さんのそんな支えとなってほしい思います。

子供の自己肯定感を大切に

お母さんが「レギュラーの座」ばかりを気にしてしまうと、お子さんは「レギュラーになれない自分はダメな選手」「レギュラーになれないのならチームにいても意味がない」と考え、スポーツをする本来の目的を失い、好きでしていた野球が嫌いになってしまう恐れがあります。

子供達が自分の存在価値を自分自身で認めてあげれないということは、本人にとってはとても辛いことなのです。

お子さんが反抗的な態度をするとのことですが、それはお子さん自身が考えだしている証拠で、葛藤している最中なのかもしれません。

子供に頑張ってもらう一番の方法、それは「ガミガミ言わないこと」です。辛いかもしれませんが我慢です。

お子さんが自分自身で考え行動に移すことを待ちましょう。

もちろん「ただ何もしないで見ていてください」と言っているわけではありません。全力でお子さんをサポートしてあげてください。

それは、強く頑丈な体をつくるための栄養管理や体のケア、継続する力・自己肯定感を育てる心のケアだったりということです。

子供には「子供自身が頑張るべきこと」「子供自身が努力するべきこと」があるように、カナさんにも「お母さんでしかしてあげられないこと」「お母さんがするべきこと」があると思うのです。

子供達は下を向いて歩こうとすると障害物にぶつかって前へ進むことができなくなってしまいます。お子さんと上を向いて前へ進めるようサポートしてあげてください。



現状だけでネガティブにならない

かなさんが今の状態にモヤモヤしているのは十分に分かります。しかし、これは野球だけに限らずスポーツ全般、小学生時代の経験はごく一部分でしかありません。

つまり、少年野球でレギュラーになれないからといって、中学・高校でも花を咲かせることができないのかと言えば、決してそうではないということです。

学生時代に挫折を味わっている時やスランプに陥っている時にお子さんが辛い思いをしていることに間違いはありませんが、今現在の状況だけでネガティブ思考になってしまえば、これから先の未来の可能性も摘んでしまう恐れがあります。

お母さんが今の状態に絶望的だったり、ネガティブになってしまえば、子供達はそんなお母さんの思いを察知して辛い思いをしなければなりません。

お母さんが前向きな考え方をすることでお子さんに良い影響を与えることができるのです。

合わせて読みたい

子どものやる気を引き出すには

お子さんに「どうやってやる気を出させたらいいのか」ということですが、子供達は小さな達成感を得たり、確実に自分が成長していると感じることで、さらなるやる気を出すことができます。

つまり、残念ながらいくら親が口うるさく言っても、そう簡単に子供達がやる気を起こすほど、子供達の脳は単純ではないということです。

確かにレギュラーから外されたり、コーチからいい評価をもらうことができなければ、子供達のモチベーションは低下し、今しているスポーツ事態が嫌になってしまうこともあるでしょう。

そこで有効なのは、個人目標を立てる事です。ノートに書くもよし、紙に書いて部屋に貼っておくのもいいでしょう。

合わせて読みたい

まとめ

今回は「子供がレギュラーになれない時、親はどうすればいいのか」についてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

自分が得ていたものを失う時の辛さは本人にしか分からないし、それを見ている親御さんも本当に辛いと思います。

しかし、そこから子供達がどのように考えてどのように動いていくのかは、選手である子供次第です。

コーチや監督が「あの子は将来有望だ!」と期待されていた選手が、思った以上に能力を伸ばすことができず平凡な選手で終わったり、「あいつは本番で使えない」と言われてた選手がぐんぐんと成長して大きな結果を残したりと、そんなことが実際に起きるのがスポーツの世界なのです。

子供がメンタルを整え、競技能力を最大限に発揮するには、「自分自身を否定的に考えないこと」「自分の可能性を最大限に大きくする思考」この2つがカギとなるでしょう。

トーマス・エジソンの言葉
もちろん、生まれつきの能力の問題もまったく無視はできない。
それでもやはり、これはおまけみたいなものだ。
絶え間なく、粘り強く努力する。
これこそ何よりも重要な資質であり、成功の要といえる。

Posted by kids-athlete