スポーツ能力UP

スポーツをしていると怪我はつきものですが、競技能力や選手生命にも大きく影響することがあるため、できれば怪我は避けたいところだと思います。とくに成長期の子供が怪我をすれば、体を大きくする妨げになることもあるため、十分に注意が必要です。

もちろんスポーツをしている限り、100%の怪我を ...

スポーツ障害

スポーツをする子ども達は、日々の練習や試合などで体内に疲労が残りやすい状態です。

そのまま疲労が蓄積されてしまえば、筋肉が上手に働かなくなるため、スポーツ障害(怪我)のリスクを高めるだけでなく、パフォーマンスも低下させてしまいます。

お風呂に入る目的は、1日の汚れを落と ...

スポーツ障害

スポーツにおけるケガには、「骨折」「捻挫」「靱帯損傷」などが多く見られますが、バスケットボールで起こるケガには「着地したとき」の発生率が一番高いと言われています。

もちろんスポーツをする子ども達にとってケガは大敵。誰もが避けたいものでしょう。

ケガを100%予防すること ...

スポーツ能力UP

動体視力とは「動くものを的確に視認するための力」であり、小学校検診などで測る静止視力とは別の能力になります。たとえ静止視力が良くても、動体視力は悪いことがありますし、静止視力が悪くても、動体視力が良いケースもよくあります。

例えば、イチロー選手は静止視力が0.4しかありませんが、飛 ...

スポーツ能力UP

野球をする少年達

コーチや監督が技術面での指導をすることはとても大切だし、コーチや監督でないとできないことだとも思います。

しかし、それがジュニア世代の選手となれば尚のこと、技術面の指導だけでなく「体のケア」と「心のケア」に対する知識も必要となります。

選手のオーバーユースによるパフォー ...

スポーツ能力UP

不規則な生活習慣、プレッシャーや不安による精神的ストレス、過労、ケガなどが原因で、自律神経のバランスを崩し、体調不良を引き起こしてしまうことがあります。

子ども達がスポーツをするうえで、自律神経の安定は本人たちにとって大きな強みとなり、逆に乱れは集中力・パフォーマンスの低下へとつな ...

スポーツ能力UP

最近では朝食を食べないまま学校へ登校する子ども達が増えていると言われています。

プロのスポーツ選手の中には「朝は排泄の時間」であるとの考えから、朝食は「ヨーグルトのみ」「フルーツのみ」としている選手もいますが、成長期の子ども達もそれと同じ考えでいいのでしょうか。

今回は ...

スポーツ能力UP

野球をする少年達

子ども達は成長と共に骨の量も増加していき、骨密度は10代後半から20代前半にピークを迎え、その後は少しずつ減少していくと言われています。そのため、プロのアスリートを目指すのであれば、成長期にしっかりとカルシウムを摂取することが大切です。

ところが、厚生労働省が毎年行っている「国民健 ...

スポーツ能力UP

スポーツをする醍醐味って皆さんは何だと思いますか?「信頼できる仲間」「挑戦する心」「勝利に対する喜び」「負けない体をつくる」など、スポーツをする子ども達は勝つために様々な努力をしています。

では、勝つために必要なものは何か・・・。「技術の向上」「強いメンタル」「強い体」大きく分けて ...

スポーツ能力UP

「成長期に筋トレを行うと背が伸びなくなってしまう」という説を耳にしたことありませんか?この説は昔から言われていますが、本当に正しいのでしょうか?

答えは「半分本当、半分ウソ」です。

それぞれの世代にあった正しい筋トレを行えば、骨に刺激を与え、身長の伸びを刺激する効果が期 ...

スポーツ能力UP

試合の前半は勢いがあっても、後半になれば、スピ―ドが落ち、判断力は低下し、気が付けば思うようにプレーができなくなっている・・・。スポーツをする子ども達にはよく見られる光景です。

サッカー、バスケットボール、野球、テニス、長距離ランナーなど、持久力を必要とされるスポーツであれば、この ...

スポーツ能力UP

スポーツをする子ども達にとって背が高いということは、それだけで有利になるスポーツが多いため、身長を少しでも伸ばしてあげたいと願う親御さんが多くいるようです。

子どもがどこまで背を伸ばすことができるかは、遺伝が大きく影響していると思われがちですが、効率よく背を伸ばすためには、遺伝以外 ...

スポーツ能力UP

中学生や高校生になれば、勉強や部活などで子ども達は忙しい日々を送ります。特に試験前になれば遅くまで勉強することもあるでしょう。

遅くまで起きていれば当然小腹が空きます。

そんな時は、インスタント食品や冷凍食品、スナック菓子などが手っ取り早く空腹を満たしてくれますが、夜食 ...

スポーツ能力UP

親の身長が低ければ子どもの背は伸びず、親の身長が高ければ子どもの背は伸びる、つまり体格は遺伝要素が大きいと思われがちですが、実は後天的要素によっても体格が左右されるということをご存知でしょうか。

成長における遺伝の影響は、一般的に25%程度と考えられていて、子ども達の成長や発育には ...