スポ少のレギュラー争い|指導者の采配に不満を感じた時に考える事

バスケットボールをする子ども達

子供達がスポーツをしていて、ぶつかる壁の一つに「コーチの采配」があります。

応援している親御さんも、実際にプレーをする子供達も、試合に勝ちたいことはもちろんのこと、その第一線で活躍したいと思うのがスポーツの醍醐味でしょう。

しかし、レギュラーになれないのならスポーツを続ける意味がないのかと聞かれればそれは違います。

今回もあるママさんから、お子さんがベスメンに入れず辛いという相談メールをいただきましたので、それをもとに「コーチの采配」について考えていきたいと思います。

子供がコーチの采配に不満を抱いています。たまさんよりご相談

息子は小学4年生から地元のスポ少(バスケットボール)に入団しました。息子は最上級生になりベスメンになれると思いきや10人の中には入るのがやっとです。

試合に行っても息子の出番は1クウォーターのみで3,4に出れることはほぼありません。

そのため試合が終わって帰宅すれば、息子はコーチの不満をもらします。私も息子と同じ意見なので一緒になってコーチに対する不満を言っていると、主人からは「そんなんだから強くなれないんだよ!」と心無い言葉を投げられる始末。

でも私としては、小学生がするスポーツは勝つことよりも大切なものってあると思うんです。もう少し平等に色んな選手を出してほしいし、もっと楽しめる環境を作ってほしいって思います。

コーチに子供のやる気を削がないために、もう少し試合に出してほしいと相談してみようか迷っています。アドバイスよろしくお願いします。



スポーツをする意義とは

たまさん、はじめまして。息子さんが試合にあまり出られないといった辛さはよく分かります。

せっかく頑張っているんだし、応援するお母さんとしてはお子さんの活躍をもっと見たいですよね。

私もスポーツをする目的とは、決して勝つことだけではないと思います。

スポーツを通して、仲間と信頼関係を築き、折れない心を育て、創造力や自主性を身につけることはとても大切です。

しかし、いくら小学生でも最終的なチーム目標はやはり試合に勝つことだし、それはどこのチームでも同じことでしょう。

コーチはそのための采配を考えているわけですし、それは保護者の方が意見を言うところではないというのが私の考えです。

それに、お子さんと一緒にコーチの不満を言うことはあまり望ましいことではありません。

不満を言えばスッキリしたように感じるかもしれませんが、実はそれが大きなストレスにつながる場合があります。

不満からは何一つ解決方法が見えないし、お子さんの成長を妨げることになってしまいます。

そうなれば本末転倒ですよね。では、まずは「コーチが考える采配」について考えていきたいと思います。

コーチが考える采配とは

スポ少に所属する子供達の中には、「最終目標は全国大会!」「ベスメンの座は絶対に譲らない」「自分は将来プロになりたい」「試合には出ても出れなくてもどっちでもいい」「コーチに怒られたくないからできないことは挑戦しない」など思いは様々で、スポーツに対する前向きな姿勢、やる気には温度差があったりします。

それはコーチにも同じことが言え、自分が持つ信念やポリシーは人それぞれで、中には能力に関係なく平等に子供達を試合に出すというコーチもいるのかもしれません。

しかし、試合は相手あってのこと。

どのチームも公式戦で勝つために練習や練習試合をこなしているのです。

練習試合の相手チームが強ければ強いほど、こちらもそれなりに能力のある選手で戦わなければ、相手チームの練習にもならないし、真剣にしているのだからこちらも同じようにするのが筋なのです。

大変厳しいことを言うようですが、だから息子さんがベスメンに入る一番の近道は、たまさんがコーチへ采配の見直しをお願いするよりも、するべき努力をして競技能力を上げることなのです。



不満は努力で発散する

人は物事が上手くいかなかった時、誰かに不満を抱いて責任転嫁し自分を正当化させる人、上手くいかないのは自分の能力がないからと諦めてしまう人、上手くいかない原因はどこにあるかを考え努力を惜しまない人、大きく分けるとこのパターンに分かれると思います。

子供がベスメンに選ばれないことに関して、お子さんの全てが否定された気になったり、他の子と比べて何が劣っているのかと考え込んでしまうこともあるかもしれませんが、ここは思考を変えて、お子さんがするべき努力を本当にしているのか、自分の力で前へ進もうとしているのかをよく考えてみてください。

するべき努力を続け、たとえゆっくりでも、少しずつでも、自分には力がついていると実感することができれば、お子さんは未来に希望を持つことができ、不満を抱くことが少なくなるはずです。

それに今現在ベスメンに入れていないからといって、今の状態のままミニバスが終わるなんて誰にも分りません。

最終的な秋季大会までにベスメンに入ることができるかもしれませんし、活躍する息子さんを見れるかもしれません。

しかしそれを現実にするためには、息子さんとたまさんが息子さん自身の可能性を信じれていることが絶対に必要なのです。

今は辛い時期かもしれませんが、バスケットボールは小学生で終わるわけではありませんし、中学生・高校生の部活動はもっとシビアで厳しくなります。そのため子供達には、自分自身で自分の道を切り開く力を身につける必要があるのです。

合わせて読みたい

コーチへ聞いてみるのもひとつの方法

どうしてもコーチの采配に納得がいかず、子供が前へ進めない状態であれば、子供本人がコーチへ自分が使ってもらえない理由を聞いてみることもひとつの方法です。

親が憶測でコーチの考えを子供に伝えるよりも、実際に采配を決めているコーチへ「これから前向きに取り組めるように教えてください。僕が試合に出れない理由はなんでしょうか?」と素直に聞いた方が、不満を抱きながら練習へ取り組むよりもよっぽどいいです。

その中で自分で納得する理由を見つけることができれば、おのずと自分の弱点や課題を見つけることができるではないでしょうか。

まとめ

今回は「コーチの采配に不満!その時に選手と親が考えるべきこととは」についてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

子供がスタメンやベスメンから外されたり、レギュラーに入れなかったり、自分の思うようなプレーができなかったり、スポーツをしていればたくさんの挫折を味わうことになります。

しかし、その都度不満を抱いて根本的な課題に背を向けていては、この先の成長を摘んでしまうことがあります。

まずは相手の考えを変えようとするのではなく、自分自身が「最大限の努力をしているのか」を改めて考えてみることも成長するうえでは大切なプロセスなのです。

スポンサーリンク

シェアする