【スポ少】親と親・親と子とコーチが上手に付き合う10の心得

スポーツ少年団

スポーツ少年団の子どもと親

社会に出ると、後輩や先輩、上司や取引先など様々な人との付き合いがあります。

個人対個人の付き合いでも大変な思いをするのに、学校のママ友やスポーツ少年団のママ友のように、お子さんがあっての付き合いになると、更に頭を悩ませているお母さんやお父さんが多くいらっしゃるようです。

子どもを愛しすぎるがゆえに、歪んだ感情を出してくる保護者の方も少なくありません。

自分の子どもをレギュラーに入れたくて、現レギュラー選手の悪口をコーチへ言う保護者の方もいましたし、中にはレギュラー選手の怪我を喜ぶ、あるいは「願う」という、とんでもない方もいました。一見仲良くしている親と親の間にも「嫉妬・妬み」があったりと、本当に怖いものです。

しかし、揉め事を起こすお母さんがいる中で、上手に付き合っていっているお母さんもいらっしゃいました。他の保護者の方とも指導者の方とも、上手に付き合っているお母さんに共通していることは、「距離感」の保ち方が上手なことです。

距離感を上手に保つことで、トラブルに巻き込まれることなく、純粋に子どもの応援だけを楽しむことができるのです。

今回はチーム内での付き合いを上手くするために「親と親・親と子とコーチが上手に付き合う10の心得」についてをお伝えしたいと思います。

親同士で他の親の悪口を言わない

スポ少で親と親・親と子とコーチが上手に付き合う心得の1つ目は「親同士で他の親を悪口を言わない」ということです。

AさんとBさんでいる時はCさんの悪口を、BさんとCさんでいる時はAさんの悪口を言う。

これは、学校や職場でもよくあることですが、お母さん同士がコソコソを話している姿は、周りから見たら結構目立つし、「品の良い姿ではない」ということをしっかりと頭に入れておきましょう。

コーチだけでなく、意外と子ども達も親のそんな姿を見ているのです。というよりは…見たくなくても視界に入ってしまうのです。

もちろん、愚痴を言いたくなったり、理不尽に感じる出来事もあるでしょう。そんな時は、誰かに吐き出したくなる気持ちもよく分かります。

しかし、親同士で悪口の言い合いになると、それは悪循環となり、最終的には「あの人は、誰の悪口も言っているから、きっと私のことも言っているのだろう」と誰からも信用されなくなってしまいます。

スポーツ少年団は、親同士の付き合う密度が高すぎることがトラブルを起こす原因のひとつです。腹が立っても、「受け流す」。それも長く付き合う上では大切なことなのです。どうしても吐き出したいときは、自分の親やご主人、スポーツ少年団と関わりのないお友達などに聞いてもらうようにしましょう。

合わせて読みたい

親同士でコーチの批判をしない

スポ少で親と親・親と子とコーチが上手に付き合う心得の2つ目は「親同士でコーチの悪口を言わない」ということ。普段は仲の悪いお母さん達でも、妙な一致団結をしてしまうのが、コーチの悪口を言うときです。

「あの采配はないよね」
「あの子ばっかりヒイキしているよね」
「コーチはあの子がお気に入りだから」
「あんな指導じゃね」

など、お互いに意見が一致した時だけ、仲良くなることがあるのです。多少のやり取りは仕方のないことでも、度が過ぎれば、いくら子ども達が頑張っていても、チームの雰囲気が悪くなってしまいます。

特に、試合会場でのそんなやり取りは、誰が聞いているか分かりません。最終的に自分の首を絞めてしまった…という事にならないよう、十分に気を付けるようにしましょう。



親同士で他の選手の批判をしない

スポ少で親と親・親と子とコーチが上手に付き合う心得の3つ目は「親同士で選手の批判をしない」ということです。

色々な試合会場を回っていると、お母さん同士の聞き逃せない会話が私の耳へよく入ってきます。

「あの子全然走れないわね」
「あれでよく試合に出せてもらえるわ」
「あの子は気持ちが弱いからダメよね」
「あの子全く上達しないわね」

頑張っている子どもが聞いたらどう感じるでしょうか。

こんなひどいことを言う親なんているの!?と思った方もいるかもしれませんが、いるんです。お子さんにとっても自分自身にとっても何ひとつ良い影響になりませんので、親は純粋に応援を楽しむだけにしましょう。

子どもの前で選手を悪く言わない

スポ少で親と親・親と子とコーチが上手に付き合う心得の4つ目は「子どもの前で他の選手の悪口を言わない」ということです。

お子さんの練習中や試合中、お母さん達は自分のお子さんを一番目で追っていると思います。だからこそ、お子さんの努力や成長を一番評価してあげられる存在でもあると思います。

だからと言って、お子さんがコーチより「いい評価」をもらえないことがあっても、「あなたのほうが上手なのに!」「なんであの子を使うのかしら。下手くそなのに」などと、お子さんに他の選手の批判を言うのは絶対にやめてください。

子ども自身が「自分がベスメン・スタメンに選ばれない理由」を考えて、自分の課題を見つけようとする中、お母さんにそんなことを言われてしまえば、お子さんは考えることをやめて、コーチや仲間に不満を持つことで自分を正当化しようとしてしまい、それが成長の妨げとなってしまいます。

子ども達は、挫折と奮起の繰り返しで強くなります。お子さんのそんな姿を静かに見守ってあげることも、親としての大切な役割ではないでしょうか。

合わせて読みたい

子どもにコーチの批判をしない

スポ少で親と親・親と子とコーチが上手に付き合う心得の5つ目は「子どもにコーチの批判をしない」ということです。

これは心得4でお話ししたことと同じような理由です。お母さんやお父さんがコーチのことを悪く言えば、お子さんはコーチに対する信頼感をなくしてしまい、最悪なケースだと「コーチを馬鹿にする」という状態を招いてしまいます。

その結果、練習にも集中できなくなり、他の子とも大きな差が生まれてしまいますので十分に注意しましょう。

「自分の子だけ」をしない

スポ少で親と親・親と子とコーチが上手に付き合う心得の6つ目は「自分の子だけのお世話をしない」ということです。「自分の子どもだけにドリンクの補充をしない」「自分の子どもだけに差し入れをしない」基本中の基本です。

試合に行ったときは、自分の子どもだけではなく、子ども達全体を気配るようにしましょう。



コーチに采配のクレームを出さない

スポ少で親と親・親と子とコーチが上手に付き合う心得の7つ目は「采配のクレームをコーチに言わない」ということです。

多くのコーチはチーム全体のことを考えて采配を考えています。その采配に不服・不満を感じることもあるでしょうが、親がコーチにクレームを出しても、その後お子さんに良い影響があるとは思えません。

スポーツをしているのは子ども自身で親ではないのです。もし、その子ども自身がその采配に納得いかないと悩んでいるのであれば、子ども自身が「自分の何がいけないのか、自分には今何が足りないのか」をコーチへ相談、聞くべきであって、親が口を出すべきところではありません。

合わせて読みたい

コーチと必要以上に仲良くならない

親と親・親と子とコーチが上手に付き合う心得の8つ目は「コーチと必要以上に仲良くならない」ということです。

コーチと仲良くなることはとても良いことのように思えますが、仲良くなりすぎて、他の選手のこと、保護者のこと、指導のことに口を出してしまえば、関係を悪くさせる場合があります。

それが異性の場合、中には「あの二人怪しい」などど、他の保護者の方から言われる危険もあり、チームにいづらくなるケースもありますので十分に注意しましょう。

クラブチームには協力的でいること

親と親・親と子とコーチが上手に付き合う心得の9つ目は「クラブチームには協力的でいること」ということです。

お子さんが好きでしているスポーツです。無理をする必要はありませんが、ご自分ができる範囲でチームの決まりごとに沿って、なるべく協力するよう心がけましょう。

合わせて読みたい

「ありがとう」を忘れない

親と親・親と子とコーチが上手に付き合う心得の10個目は「ありがとうを忘れない」ということです。

「免許を持っていない」「仕事が忙しい」などの理由から、練習や試合の送迎が困難なお父さんやお母さんがいらっしゃいます。その場合、他の保護者の方にお願いするといった手段がありますが、この時に肝心なのが「感謝の気持ち」です。

はじめの頃は「本当に助かるわ、ありがとう。」と感謝の気持ちを伝えていたけれど、送ってもらうことに慣れ、当たり前になってしまえば、連絡もしなくなる。これが送る側の不満を大きくしてトラブルへというケースがあります。

小学生のクラブチームでは、大人達の協力なしでは、子どもがクラブ活動を続けていくことは難しいものがあります。送迎などを他の保護者の方にお願いしている場合は、お子さん自身にも感謝の気持ちを忘れないように伝えてあげましょう。

Posted by kids-athlete