スポーツをする子供のメンタル強化|親が守るべき5つのルール

スポーツをする子ども達

皆さんはスポーツをする子供達にとって大切なこととは何だと思いますか?

「負けたくないという気持ち」

「試練を乗り越える強いメンタル」

「夢を諦めない心」

など、どれをとっても、なくてはならないものだと思います。

スポーツで結果を残すために、もっともっとメンタルを強化してほしい・・・。

そんな思いはどの親御さんにもあると思いますが、子供達がスポーツをするうえでルールがあるように、お父さんやお母さんにもお子さんのスポーツを応援するうえでのルールがあります。

今回は、「スポーツをする子供のメンタル強化|親が守るべき5つのルール」についてお伝えていきたいと思います。

ルール1.試合中に親が守るマナーとは

スポーツをする子供のメンタル強化で親が守るべき1つ目のルールは「試合会場でのマナー」です。

試合会場でお母さんやお父さんがチームTシャツを着て、子供達を応援する姿が今では多く見られるようになりました。それぞれのチームにカラーがあるように、応援する保護者の方にもカラーがあるように感じます。

どんな点数差で負けていても、選手がファインプレーをすれば大歓声で応援するチームは見ていて実に気持ちが良いものです。

逆に、自チームに対して「馬鹿!下手くそ」「あ~!もぅ!何をしてんだよ!」などと、野次を飛ばす保護者の方がいますが、見ていて気持ちの良いものではありません。

お子さんを応援する気持ちは、どの親も同じはずなのに、親が積極的に関わるようになってから、このような問題が大きくなってきているようです。

大人がスポーツをする意義を見失ってしまえば、子供達に過度なプレッシャーをかけてしまったり、本来の楽しみを奪ってしまうこともあります。熱が入るお気持ちも分かりますが、試合中の声かけには注意が必要です。

ルール2.子どものメンタル強化=親の忍耐

そしてスポーツをする子どものメンタル強化で親が守るべき2つ目のルールは「親の忍耐」です。

子供達が思いきりスポーツを楽しめるのは、親の理解があってのことだし、子供達はスポーツができる環境を作ってくれている周りの大人たちに「感謝の気持ち」を忘れてはいけません。

ただ、環境を作ってあげているのは周りの大人でも、実際にプレーをしているのは子供達です。そのことをお父さんやお母さんも忘れてはいけません。

親が指導者の文句を言ったり、応援マナーが悪ければ、お子さんはそのうち、好きでしていたはずのスポーツが嫌いになってしまうかもしれません。

親があれこれプレーに指示を出していたら、子供達はコーチと親のどちらの言うことを聞いたらいいのかが分からなくなってしまいます。

指導技術はコーチがするべきことであって、親がすることではありません。

むしろ、親がコーチの指導方法に批判的なことを言えば、子供達は自分のコーチは大したことないのだと馬鹿にしだしてしまいます。

そうなれば次第に練習に集中できなくなり、真面目に練習を続けている子供達との差が開き、やる気を低下させてしまう原因にもなってしまうでしょう。

子供のメンタル強化には、こうしたお父さんやお母さんの関わり方が大きく影響されると考えられています。

自分が親として何がしたいかよりも、何をすべきなのか、何をしたらいけないのかの再認識が必要だと言えるでしょう。

ルール3.子どものメンタルを強くする思考とは

空手

次にスポーツをする子供のメンタル強化で親が守るべき3つ目のルールは「客観的判断」です。

練習の様子や試合の様子を見いると、コーチが無能に見えることがあるかもしれません。いえ、もしかしたら本当に無能なのかもしれません。

しかし保護者の方は、そのことに不満を抱く前に「子供達がするべき努力をしっかりとしているのか」と言うことをもう一度考えてみましょう。

この先も子供達は長い人生において、様々な場面で不平不満を感じる場面があるでしょう。

その都度相手に不満を抱くことは簡単ですが、その前に「今の自分に足りないものは何なのか」「今の自分がするべきことは何なのか」と言うことを考えることでメンタルは強化され強くなっていくのです。



不満・悩み・辛さを乗り越えた先にあるも

これはある選手のお話です。

彼のミニバスケットボール時代は、指導者からの度重なる威圧的な指導のせいで、自分らしいプレーができず「悩み」「迷い」だらけのミニバスケットボール人生でした。

実力は十分にあるのに失敗を恐れて挑戦ができない、コーチが怖くて自分の意見を言えない。好きでしているはずのバスケが嫌になり、真剣にバスケをやめようと考えたこともあったそうです。

しかし、その指導者のおかげで彼は中学進学前に大切なことに気づいたと言います。

バスケは誰かにやらされて上達するものでもないし、自分が心から楽しんでいなければ意味がないと。それに気付けたのは彼が真剣に悩み、真剣に取り組んできた結果だと思います。

彼が所属していたミニバスケットボールクラブのほとんどの選手は、チームとも深く関わりのある外部コーチが指導している中学校へ進学しましたが、彼はミニバスの時と同じようなバスケはしたくないと1人地元の学校へ進学しました。そしてその2年後、彼は県代表として4番を背負って「ジュニアオールスター」に出場することができました。

彼は「ミニバス時代が一番辛かった時期でもあったけど、あの時の自分がいなければここまで頑張れなかったから、結果的に良かった。ミニバスのコーチにはたくさんのことを教えていただいたし、今となってはとても感謝しています。」と話してくれました。

こうして考えると「何が良くて、何が悪い」というのは、自分次第の思考や行動なのだということが改めてよく分かります。もしも彼が、環境や指導者に不満を抱くことでしかバスケと向き合うことができなかったら、このような結果を残すことは難しかったのかもしれません。

>>ルール4.挫折をしっかり経験させてあげる

スポンサーリンク

シェアする