スポーツ障害

バスケットボール、サッカー、バレーボール、マラソンのように、ジャンプなどで足底に衝撃が加わるスポーツをしている場合、「スポーツ貧血」になりやすいと言われています。

スポーツ選手が、貧血になるということは、体調を悪くするだけでなく、集中力・判断力の低下にもつながり、パフォーマンスにも ...

スポーツ障害

有痛性分裂膝蓋骨とは、成長期の男子に多くみられ、何らかの原因により分裂した膝蓋骨に痛みを引き起こし、歩行やスポーツ活動に障害をきたす疾患です。

膝蓋骨は通常ひとつの状態ですが、生まれつき2つ以上に分裂しているケースもあり、それを「分裂膝蓋骨」と呼びます。そして痛みを伴わないものを「 ...

スポーツ障害

腰椎分離症とは、脊椎が切れることによって発生する腰の疾患です。

まだ骨が比較的弱い成長過程時期の小学校高学年から高校生にかけて、激しいスポーツをしている子どもにみられる一種の疲労骨折とも言われています。

腰椎の骨の一部に損傷が生じ、上下の連絡が断たれた状態で、特に負担の ...

スポーツ障害

「怪我のためにしばらくスポーツを休まなければいけない・・・」それは、スポーツをしていれば、誰に起きてもおかしくないことです。

もちろん、体のケアをしっかり行い、怪我の予防を心がけることはとても大切なことだし、絶対にいい加減にしてはいけません。しかし、食事やクールダウンなどでいくら体 ...

スポーツ障害

ふくらはぎを痛がるサッカー選手

子ども達がスポーツで体を動かす時、まずは脳で指令を出して、意図的に筋肉を収縮させてから体を動かしています。

これに対し、足がつるというのは、意図しない突発的な筋肉の収縮です。バスケットボールなどのように、ひっきりなしに方向転換を行うスポーツは、筋肉を休ませることなく収縮を繰り返すた ...

スポーツ障害

サッカーをするスポーツ少年の姿

「タナ障害」とは、膝蓋骨の内側に痛みを引き起こす疾患で、膝の屈伸やジャンプ動作の多い競技に多く見られます。

タナという部位は、正確には滑膜ヒダという組織で、お母さんのお腹の中にいる胎児の時期に一時的に作られるものです。そのため、タナが無い人も半数近くいて、タナ自体は特に何の役割も持 ...

スポーツ障害

ラグビーをする少年たち

離断性骨軟骨炎とは、関節の中に軟骨が剥がれ落ちてしまうスポーツ障害です。

成長期のスポーツ選手にまれに起こることがあり、繰り返されるストレスや外傷により、軟骨下の骨に負荷がかかることで発症すると考えられています。

離断性骨軟骨炎の原因

成長期に起こりやすい原因として、その ...

スポーツ障害

オスグッド病とは、小学校高学年くらいから高校生くらいまでに多く発症する「膝の関節痛」です。

成長期によく発症するため、成長痛と言われることもありますが、現在整形外科的には直接の因果関係はないと考えられています。

オスグッド病の主な症状

・膝のお皿の下の骨が徐々に突出してく ...

スポーツ障害

ソフトボールをする少女たち

疲労骨折とは、一度の大きな負荷によって起こる骨折とは違い、骨の同じ箇所に何度も加わる小さな力によって、骨にひびが入ったり、ひびが進んで完全な骨折に至った状態のことを言います。

膝から足首までにある脛(すね)の内側の細長い骨や腓骨、足の甲の骨や舟状骨に起きるケースが多いと言われていま ...

スポーツ障害

ウォーミングアップは「練習や試合でよいパフォーマンスを発揮する」「怪我を予防する」といった目的で行われ、クールダウンは「運動後に適した状態にする」「筋肉の疲労を回復する」といった目的で行われます。

子供達がスポーツをするうえで、怪我を100%防ぐことはできませんが、怪我の原因を最大 ...

スポーツ障害

スポーツをする子ども達は、日々の練習や試合などで体内に疲労が残りやすい状態です。

そのまま疲労が蓄積されてしまえば、筋肉が上手に働かなくなるため、スポーツ障害(怪我)のリスクを高めるだけでなく、パフォーマンスも低下させてしまいます。

お風呂に入る目的は、1日の汚れを落と ...

スポーツ障害

スポーツにおけるケガには、「骨折」「捻挫」「靱帯損傷」などが多く見られますが、バスケットボールで起こるケガには「着地したとき」の発生率が一番高いと言われています。

もちろんスポーツをする子ども達にとってケガは大敵。誰もが避けたいものでしょう。

ケガを100%予防すること ...