コーチング

選手に声をかけるコーチ

クラブチームや学校の部活動など、子ども達がスポーツに取り組む環境は昔よりも増え、嬉しいことに、世界で活躍しているアスリート選手も多くみられるようになりました。

子ども達が現在しているスポーツと将来的にはどうのように関わっていくのか、いつまで今のスポーツを続けるのか、それは選手である ...

コーチング

お母さんが子どもに、コーチが選手に、教師が生徒に、上司が部下に、相手のこと思って言葉を伝えても、自分の思いが相手へ上手く伝わらないってこと、誰にでも経験があると思います。

「あなたの将来のために言っているのよ!志望校に合格したかったら、もっと真面目に取り組みなさい。」

...

コーチング

スポーツをする子供達が「折れない心」「諦めない心」を持つことは、その選手にとっても、チームにとっても大きな強みとなります。

そのため近年では、プロの世界に限らず、スポーツ少年団や学校の部活動でも「メンタルトレーニング」が活用されるようになりました。

メンタルトレーニング ...

コーチング

エンジンを組むバスケットボール選手たち

人が平常心を見失った時、「慌てふためき」「判断力を失い」「気が動転し」「心が乱れ」「ジタバタしてしまう」などの状態を招いてしまいます。

試合で戦う子供達にも、このような状態に出くわすことがあると思います。

それもそのはず、子供達が平常心を乱すきっかけは、緊張やプレッシャ ...

コーチング

指導をうけるソフトボールをする少女たち

「毎日の練習で技術は向上し、トレーニングのおかげで体力の問題もない!あとは気合だ!気合で勝つぞ!」というのはひと昔前の考え方です。

今は、毎日の練習・努力で身につけた「技術」と「体力」を試合で発揮するために、「心」を取り入れたメンタルトレーニングを意識するチームが少しずつ増えてきま ...

コーチング

指導者の方にとっては耳が痛いお話しですが、選手がコーチのことを「指導能力に欠けているコーチ」 「このコーチだから勝てない」など、選手とコーチとの信頼関係が築けていないケースは少なくないようです。

しかし、選手である子ども達よりもチーム全体をバランスよく客観的に観察し、競技に対する知 ...

コーチング

バスケットボールをする少年

バスケットボールの大会となれば、選手である子ども達は「オフィシャル」「ウォーミングアップ」「試合」などで時間に追われます。

その中で試合が3試合も続けば、疲労が蓄積されて、スタミナや判断力は低下し、動きが悪くなってしまうことは当然のこと。

しかし、それは相手チームも同じ ...

コーチング

選手へ指導するコーチ

子供達がスポーツ指導を受けるうえで「水を飲んではならない」「ミスをすれば殴られる」そんな状態をよしとする時代はもう終わりました。

今では、心と体を鍛える事に対する認識の変化から、子供達のメンタルを重要視したトレーニングがスポーツ少年団でも学校の部活動でも活用されるようになっています ...

コーチング

平成26年10月1日から1カ月の間に全国のミニバス指導者へ意識調査が行われ、4217名分の回答が集まり集計されました。

その調査内容とは…
・回答者のプロフィール
・JBAライセンスに関して
・指導観に関して
・倫理規定・研修会等に関して ...